無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全119ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

歯科治療のリスク

福岡で昨年の夏、歯科治療後にお亡くなりになった

2歳の女の子の死亡原因が麻酔薬中毒によるものだと言うニュースが

でていましたね


何らかの原因で粘膜下注射で効くと言われる麻酔薬リドカインが

血管の中に入った模様と司法解剖の結果解ったそうです



…本当にお気の毒ですね



そして、故意とも過失とも言えない事故だろうと想像はできるのですが

事実として子供の命が失われた事に変わりはないのです

ご両親の心の傷は絶対に消えないし

若い勤務医の先生にも一生背負わないといけない記憶が残ると思います



重たい十字架を背負いながら歯科医を続けるだろう女医さんをおいらは

いたたまれない気持ちで思いやります



医療はリスクを伴います

2歳の子供が麻酔しないと治療できないようなムシ歯になる様な事を避けるために

我々は活動していくべきです…と思います







欧米と比べて余りに評価の低い歯科治療費のために稼ぐためには「たこ焼き」を

ひっくり返す様な治療をするしかない保険診療が当たり前になっています

おいらは幸いにしてもう歯科医師として稼がなきゃっていう年頃を過ぎて

普通に生活出来ればいいと考えているのですが、実際にはスタッフのみんなは

子育て真っ盛りです

彼女たちは少しずつでも昇給しないと不満が溜まることでしょう

1人当たり月に5000円昇給したらボーナスを含めて年間75000円給与が増えます

6人いれば年間450000円…それに伴う厚生年金等の負担増を考えると…



まあ体力が続かなくなったらやめるしか無いですね

…でも、一番お金が要る頃においらがやめたら

スタッフに恨まれるのは目に見えていますよね



だからおいらは怖い院長をやってます

居心地が良いだけでは、何の努力もしないでも昇給が当たり前だと

なってしまうから…



借金も無いし、たこ焼き診療しなくてもすむところまではきましたが

スタッフは何も言わなければ、緩んでしまいがちです



あったかい雰囲気づくりのために、患者さんのために…と言う

モチベーションの維持のためにおいらの仕事は医療人として

歯科衛生士のみんなに認めてもらえる様な治療レベルを高い次元でキープしていくこと



患者さんに何ができるか、今は何をすることがベストかと常々教える様に

彼女たちにも自覚を持たせ続けること…



しかしその見返りが余りに安い給与では気持ちが続きませんよね

介護職や保育士さんの離職率の高さに歯科衛生士の離職率も匹敵します



個人的には歯科治療に昔の様に一部、差額治療の様なものを復活して貰えれば

「世界一安い歯科治療である保険治療」と「世界一高い自由診療」を併せ持つ

いびつな日本の歯科治療が良くなると思うのですが…

この記事に

開く コメント(0)

ニュースに疎いけど…

確定申告が始まりましたね 毎年2月16日からですよね



そう言えば最近 現国税庁長官の以前の国会答弁が怪しい?

とかニュースで聞きました

任命されてから一度も公の席に立ったことがないとか…

まったく 国税局はドンドン経費の解釈を変えてきて

我々の仕事では、基本的に接待ゴルフは認められなくなったそうです

お付き合いじゃなかったらそんなにゴルフをしますかねえ

税金を少しでも多くしようとしていて本当に世知辛い世の中ですね

この記事に

開く コメント(0)

おめでとう

小平奈緒さん

おめでとう!

平地での世界新!

おめでとう!

おめでとう!

やった〜〜!

この記事に

開く コメント(0)

今日は、今年になって初めて妻と四万十市(…おいらは中村と今でも呼んでます…)へ

母の顔を見に帰ってきました

ついでに 途中の四万十町のハマヤ というスーパーへ寄ってきました

縁あって社長がうちに通ってくれているからです

イメージ 2



イメージ 1行ってみると想像していたより

ずっと大きなお店でよビックリ!

感謝祭セールでオススメの

布団マットを買っちゃいました




イメージ 4

その後、店内をウロウロ…

すると高知の食材で作った

お土産コーナーを見つけました
イメージ 3

土佐ジローも美味しいし



この土佐の赤かつおは

ご飯のお供として有名です





ところで皆さん高知県の食材で今

「土佐あかうし」 というお肉を

ご存知ですか?




流通量が少ないので食べた人は

本当に少ないと思いますが

黒毛和種のサシの入った

口に入れると溶けるようなお肉と

対極にある「口に肉の味の濃い」

にくにくしい(肉肉しい)

美味しいお肉です

今はいい赤牛肉は

ほとんど都会の有名店で

消費されてしまい









その A5ランクものは、「しまんとハマヤ」さんでも手に入らないと

社長が言っていました



この赤牛を食材として中央へ紹介したのは

山本謙治さんです




そして彼にその食材を教えた人が「ブラタモリ」で高知のお城下を案内した

ひまわり太郎こと

吉澤文治郎さんなのです



まあ年はおいらと同じなのですが文治郎くんもますます活躍して貰いたい

高知の宝のような人物です

彼のブログは毎日2500~3000人のアクセスがあり

ブログと言う言葉がない頃から1日も欠かさず続けているそう…




世の中にはすんごい人がいるもんですねぇ〜!



土佐あかうしを食べる機会があったら是非よく噛んで味わってみて下さい!

そしてかつおを食べるなら是非 高知へ遊びにきて下さいね



さて、小平選手を応援しないと…

この記事に

開く コメント(0)

詳しい知識はないので、いい加減な情報であると思って下さい

ご存知の通りアメリカには国民皆保険と言う制度がありません

自分の病気は自分の入っている民間保険で賄います


イメージ 1

注) 左写真は 

ある女性が

今まで作ってきた

総義歯をおいらに

処分してくれと

持ってきたもの

今までで一番



これがいいから昔の入れ歯を処分してくれと言われた」ものです

イメージ 2中々の数です

一人でよくこれだけ

作りましたね

頑張り屋さんです(笑)

でもこれはすべて

健康保険で作られた

義歯なのです

だから超お金持ちでなくても

作れます


アメリカだって裕福な人ばかりじゃないから、そういう

貧乏な人が入れる保険と言うのはランクが低いものがメインとなるでしょう



そういう保険では、歯科治療として痛む歯に対して抜歯することは保険適応のようです

だから歯が痛くなると抜けばよいと言う患者さんは多いと聞きます

https://blogs.yahoo.co.jp/jnznjdc/19586679.html

先日の女の子の下顎の6番が左右とも抜かれていたのは同様の理由によるものです

アメリカの娘じゃないけれど…

それに引き換え日本では、現代医学では残せる歯を抜くことは

傷害事件になります…世界の歯科治療レベルは標準的にまだまだその程度に

毛の生えたようなものです…否 !韓国は違うと思いたい!

あの国は、一番成績が良い人間が ソウル大の歯学部に行くそうですから…

(今でもそうかなあ…?)




人口3億人のアメリカに2000万人以上の総義歯の患者さんがいるそうです

テレビや映画などのメディアで見る限り丈夫そうな歯の人が多いのに不思議ですね

日本人の総義歯患者は 確か500〜600万人だったと記憶しています

さすが 歯医者が頑張って 8020運動をしている国 日本 です



…そして

実は総義歯が多い国 簡単に抜歯する国 …それがアメリカの実情でした

この記事に

開く コメント(0)

全119ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事