青年海外協力隊愛知県OB会のブログ

会の活動などを複数の担当者が投稿するブログ2代目です。会の公式HPは http://jocv.main.jp/aichi です。

国際理解教育AIUEO

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

【あいち国際理解教育勉強会AIUEO〜AIUEOから始めよう!〜】第10回報告

日時:  10月16日(日)14:00〜17:00
場所: JICA中部セミナールームD12
内容: ❶近況報告
            ❷自主講座「共生社会を目指して〜聴覚障害児のことを知ろう〜」タイOB加藤先生
            ❸11月 「千年ワークショップ」の企画
            ❹12月の「世界の調理実習」の企画

  「共生社会」の視点から聴覚障害の子ども達に目を向け、授業・生活・学習面でどのような支援ができるかアイデアを出し合いました。体験学習ではイヤホンで騒音を聞きながらグループで秋の遠足を計画しました。騒音が余りに大きいため、周りの声が聞き取れず、何について相談しているか分からず疎外感を感じたり、つい大きな声で話しかけてしまい、隣の人を驚かしてしまったりしました。サイレンの音が聞こえず、火事から逃げ遅れてしまいました。私はただ数分の体験であるけれど、聴覚障害の方は、これが日常であって社会から疎外されたり、辛い思いをしていることが分かりました。
  今回セミナーを担当して下さった加藤先生は聾学校に勤めており、このような体験的に学べるセミナーを小中学校で行ってみえます。障害があるからといって、何から何まで身の周りのお世話をして欲しいのではなく、対等の立場で関わり・存在を認め・必要な部分だけの手助けが一番嬉しいのだと自分なら思います。
 社会が生み出した障害の壁を一緒に乗り越えるヒントが沢山詰まった貴重な経験でした。
イメージ 1

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

当会所属「国際理解教育AIUEO」委員会のホシノさんがJICA中部のHPに取り上げられています。
↓こちらです

・・・・・以下、本文より一部抜粋・・・・
この経験を教育現場で有効に活用するためにも、同じ経験をしたJICAボランティア経験者が集まり、海外の教育現場での経験を語り合うことや、日本の教育現場でどのように国際理解教育を推進していくかを話し合う機会が求められています。そこで、そのような学校現場での教師の戸惑いと、JICAボランティア活動の帰国後の社会貢献の在り方を共に考える仲間を集めたいという思いで、「あいち国際理解教育勉強会AIUEO」という教員が中心となったコミュニティーを設立しました。
・・・・・・引用、以上・・・・・・・


(役員)

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事