全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

Vol.29 ゴミ処理場見学報告 (2009.8.13 update)

みなさん,こんにちは。ゴスペラーズの北山陽一です。
先月は,3回にわたってみなさんから寄せられた質問にお答えしてきまし
たが,そのなかでひとつ回答を保留していた部分があります。「北山はどう
してペットボトルを燃やすゴミとして捨てることにしたのか?」という疑
問についです。今回はその質問に対する答えの前段として,Vol.24でお伝え
したゴミ処理場見学について報告したいと思います。

今回見学したのは,港資源化センター,東京ペットボトルリサイクル株式会
社(TPC),品川清掃工場の3カ所。港資源化センターは,港区内で回収され
た資源ゴミ(古紙,ビン,缶,ペットボトル)を分別し,一定の大きさ/一定の
重さにまとめる作業を行う施設で,ここで処理されたペットボトルが次に運
ばれるのがTPCです。TPCでは,使用済みペットボトルを粉砕し,「再生PET
フレーク」にするまでの作業が行われています。品川清掃工場は,可燃ゴミ
の焼却処理施設です。焼却の際に発生する熱を発電や熱供給に利用したり,
焼却後の灰をスラグ(人口砂)化して再利用する取り組みも行っています。
それぞれの見学先で対応してくださったみなさんはとてもていねいに対応
してくださり,またこちらの質問に対してとても正直に答えてくださいました。
改めてお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

さて,ここからの話は,リサイクルの全体の流れを把握しておかないとわか
りにくい部分もあるかもしれません。でも,その全体をここで説明している
となかなか大変なので,ペットボトルについての基礎的な知識やリサイクル
の流れに関しては,PETボトルリサイクル推進協議会のホームページを参照
してください。それぞれの施設のホームページもチェックしておいてもらえ
ると,さらにわかりやすいかもしれませんね。

今回のゴミ処理場見学は,「生活から切り離されてしまった“捨てた後のゴ
ミの世界”を取り戻すために体感しに行こう」という企画でした。体感する
ことで,切り離されていた部分が生活の中に実感として入ってくるんじゃな
いか,というわけです。実際,いろいろと印象的な経験をしました。例えば資
源化センターでは,回収してきたペットボトルを1カ所に集めているフォーク
リフトの足元からものすごい破裂音がしたんです。フタが閉まった状態で捨
てられたペットボトルが轢かれて破裂したんですね。そういう体験をすると,
日々の生活のなかでもとりあえずキャップははずして捨てようと思いました。

僕自身は,こうした社会的な分業の仕組みに任せきりにしていたことに対し
て改めて具体的な実感を持ったときに,自分の生活の基本的な考え方を変えな
いといけないのかなという感覚になりました。つまり,自分を取り巻く生活環
境をどこまで受け入れるか? あるいは,何について“これは変えるべき!”と思
うか?ということを改めて考えてみたということです。
例えば,コンビニに行くと飲み物の半分以上がペットボトルで売られていると
いう環境を受け入れて,そのなかから選ぶということなら何も変わりません。
そこで,“自分は缶を選びます!効率的にリサイクルしたいから!”と,コンビニ
という環境との関わり方を変えてみるのもアリなわけです。あるいは,シャン
プーとか洗剤は詰め替えパックを買って使うということをやっているわけだか
ら,それと同じような発想で,飲み物も紙パックや2lペットボトルで買って自分
の水筒などに入れて飲むというようなスタイルは現状でも十分選択肢として
成立するはずですよね。そうやって生活のなかの変えていく対象を考えてい
かないといけないかなと思ったんです。しかも,もっと本気でね。

確か資源化センターの人だったと思いますが,「家庭に500mlのペットボト
ルが必要なのか?」と言われてハッとしました。確かに,家庭ユースなら2l
ボトルでいいはずなんです。持って歩くわけじゃないんだから。で,持って
歩く場合は,2lボトルから携帯用のものに移して持って歩くことにすればい
いわけで。これまでも,“水筒を持って歩こう”という気分はあったし,紙パッ
クのほうがましということも知っていたけれど,その2つのことを組み合わ
せるということに思い至らなかった自分が悔しいって感じでしょうか。
 これはほんの一例ですが,今回の見学では“やっぱり,現場に行かないと駄
目だなあ”ということを本当に強く思いました。自分の目,自分の足で現場を
確認しないとわからないことが沢山ある。そう言う意味で,今回の見学は思っ
ていた以上に収穫が多くて,非常に満足しています。そして,ペットボトルを
燃やすゴミに出すことについても,今回の見学で改めて僕はその意を強くしま
した。次回は,そのことについて詳しくお話します。お楽しみに。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事