ここから本文です
JOFI愛知釣れづれ記
皆さんの釣行記お待ちしています。

書庫さざなみ句会

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

釣り人の句会「さざなみ句会」平成三十年七月 報告
                    森 麻里子

金森直治先生選

一  たて歩きする蟹みつけ夏帽子     上野隆二


次に、JOFI愛知会員の上位作品を紹介します。

一  あぢさゐや見上ぐ霊峰色ふかし    大田豊明
二  大王崎沖の遠吠え土用波       大田豊明
三  野分たつざわめく稲の若き色     森麻里子
四  梅雨明けて田んぼは月を映しをり   森麻里子
五  切れ味を見せ活き烏賊の握らるる   金森直治
六  半夏生あつたの杜の風の色      上野隆二
七  猛暑の日ネクタイ並びまた謝罪    金森直治



平成三十年八月 報告
                  
金森直治先生選

天  川七ついのちの流れ原爆忌      大田豊明
一  今朝の秋ひときは碧く波立ちぬ    大田豊明
二  列島をUターンする大野分      上野隆二
三  寝返りて時計見つむる熱帯夜     大田豊明


次に、JOFI愛知会員の上位作品を紹介します。

一  天竜の炎暑天狗も竿おさめ      上野隆二
二  船酔ひに耐えて少年キスを釣る    森麻里子
三  やぶ蚊さへ逃げ出す尾張四十度    大田豊明
四  釣り舟の三日つながれ盆の島     金森直治
五  異国語の飛びかふ夏の深夜バス   上野隆二
六  はぜ大会なんと一位は異邦人    金森直治
七  香煎や母うっすらと紅をひき    大田豊明
八  かぶと虫探す男の幼き眼      上野隆二
九  熱帯夜知らぬ奥飛騨二十二度    森麻里子
十  台風のルートぴたりの世となりて  金森直治

この記事に

開くトラックバック(0)

※釣り人の句会「さざなみ句会」平成三十年四月 報告
                    森 麻里子

金森直治先生選

天  きびなごの刺身もよろし枕崎    上野隆二
一  スカートの丈の知らせる春祭り   森麻里子

次に、JOFI愛知会員の上位作品を紹介します。

一  春潮や三代つづく島の宿      金森直治  
二  夢をくふ獣の眠り遅日かな     上野隆二
三  酒酌めば渡月の山の花明り     大田豊明
四  春を待つ雨つぶ光るつぼみかな   安達洋三
五  黄砂まうとなりの国のおくりもの  安達洋三
六  墨俣の夜桜あわき月あかり     森麻里子


※釣り人の句会「さざなみ句会」平成三十年五月 報告

金森直治先生お休みのため、選はありません。

JOFI愛知会員の上位作品を紹介します。

一  自転車の僧の見てゐる鮎の川    金森直治
二  ミシシッピ釣り竿濡らす露の玉   上野隆二
三  看護師の色のそのまま衣替へ    上野隆二
四  魚信なくガイドまぶしき立夏かな  大田豊明
五  富士を背に糸をおろすや桜鯛    安達洋三
六  朝風や彦根城下の小鮎釣り     森麻里子
七  炭にわらのせていよいよ初がつお  森麻里子





※釣り人の句会「さざなみ句会」平成三十年六月 報告
                    森 麻里子

金森直治先生選

天  腕まくり金魚を掬ふ若き僧     上野隆二
一  友来たり知覧の新茶訛りそへ    大田豊明
二  北の果ふたたび愛でる桜かな    安達洋三
三  花火師の祈りのひらく古都の空   安達洋三
四  喰い渋るいさき釣りたし雨の中   森麻里子

次に、JOFI愛知会員の上位作品を紹介します。

一  オペは明日ポタージュ少し汗ぬぐふ 金森直治
二  釣りの子に狐の嫁入り伊勢は夏   大田豊明
三  目にのこるつかみ損ねし尺いわな  森麻里子


この記事に

開くトラックバック(0)

内水面役員レジェンドさんのブログとリンクしました。
先日開催されました「渓に発つ」の釣行記です。
「レジェンドのブログ」⇦クリックしてください。
みなさん遊びに行ってくださいね。

この記事に

開くトラックバック(0)

今回はPDFファイルでお送りいただいたので
こちらをクリックしてください。 



句会参加にご興味のある方はご連絡してください。

講師金森直治JOFI愛知名誉会長プロフィール

愛知県名古屋市在住
半世紀以上に及ぶ釣り歴のかたわら、「釣りに関する浮世絵」を蒐集。
国内随一の質・量を誇る「金森コレクション」として多くの人に知られる。
並行して蒐集してきた戦前の「釣り」のある風景絵はがきも
相当なボリュームとなった。
俳句は名門“白露”創刊同人
(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 
絵はがきを旅する つり人水辺のアーカイブス』より

この記事に

開くトラックバック(0)



釣り人の句会「さざなみ句会」平成三十年一月 報告
                    森 麻里子

金森直治先生選

一  寒凪やすべなきままに釣り納め   森麻里子
二  初日の出駆出す若きアスリート   上野隆二

次に、JOFI愛知会員の上位作品を紹介します。

一  初魚拓小ぶりなれども伊勢の鯛   金森直治
二  手にゆるき手巻きのオメガ年うつる 金森直治
三  大海鼠ぬめり取られてすくみおり  上野隆二
四  ふるさとの岬の味を松の内     安達洋三
五  二日はやかくしやくの人へらの池  金森直治




この記事に

開くトラックバック(0)

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事