あづまもぐらのブログ

短文故にリコメでの展開もありますので、そちらもお目通し下さい。

イカンかと思ったら

ICANはアイキャンと読むとの事。
米国前大統領のキャッチフレーズはWE CANであった。
理想はしばしば現実との狭間にあって実現しないが、場合によっては理想に拘るあまりに現実を悪化させる。
CANしたのはWEではなく、中共の海洋進出であった。

個人的生活にあっても環境によって防犯対策は異なり、鍵も掛けないから二重三重に鍵を掛け、防衛用に棍棒更には銃まで備える地域すらある。

ICANのメンバーが日本に来て、何故核兵器禁止条約に加わらぬかと問うている。
国の地理的条件も個々に異なり、我が国はロシアと中共と云う核兵器保有国と接し、さらには北鮮もそれに加わらんとしている。不幸にして個人とは異なり国は転居出来ない。斯様な中で考える国防は、地球の裏側に位置する国々とは異ならざるを得ない。

北鮮が核兵器保有に血道を上げるのも一面では理解出来なくはない。北鮮支配層にとっては、多少被害妄想的ながら日本よりも危機感は強いであろう。例え、それが己の国家運営に起因するにせよ。
それ以上に北鮮のまずい点は、むやみに吠えまくって喧嘩を売って煽る点にある。
拉致誘拐、偽札、麻薬と国の体を成してはおらず、斯様な政府に核兵器を保持させれば、ゲリラ組織への核拡散の杞憂が生まれる。ゲリラには相互破壊保障は通用しない。
従って、理想的には核兵器は無いに越した事はない。

日本は被曝国故に核兵器を保有しないのであろうか。第二次世界大戦敗戦からのしがらみで、米国が支配下に置く為に所謂格の傘を提供する事で、国防に食い込んでいる事は自明である。
米国は、核兵器を人質代わりにして、諸藩大名を支配した徳川幕府と同じ政策を採っているに過ぎない。日本にとっても星条旗の印篭を翳せば事足り、国防を東側に注力出来る米国とは共生関係とも云えるが、宿主は米国である。

日本は、核ミサイルの周辺技術はとっくに有している。プルトニウムの保有さえも一定の条件下で認められている。
認めているのは実質米国である。
人によっては既に日本は核兵器を保有しているのではないかとすら言われている。恐らくそれはないと思うが、決定的証拠はない。それでよいのである。
北鮮が核兵器を保有すれば、日本も格武装せざるを得ないとの危惧をロシアや中共は持つであろう。それでよいのである。

格保有国に囲まれての国防は格保有である事が最善である。
しかし、それが叶わぬならば保有しているかいないか「曖昧」で、保有するつもりか否か「曖昧」であるのが次善の策となる。
何も埋まっていない所に地雷が埋めてあると言われれば歩けないのと同じであり、弱い生き物が有毒生物に擬態して身を護るにも等しい。
40億年の間に進化してきた生物界はだてにあるのではなく、人智以上の真実を物語っているのである。

何故、暴漢紛いの周辺国の中にあって丸腰を宣言せねばならぬのか、ICAN及びそのシンパには合理的説明を求めたいものである。

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

一昨年の日韓合意に関する韓国大統領の姿勢に対しては、平素日本の国益を毀損してやまぬ(いや、病んでいる)フェイクメディアも含めて、疑問を呈している。
心情的には今更書く迄もなく、私も我が国世論の大勢とは違タガわぬが、ここに書く以上は、メディアの言っていない視点からとなる。

冒頭から横道に反れるが、朝日新聞及びその尻馬に乗って加担した政治家や評論家の類いは、放火犯が消火の指図をする立場にないのと同じく、一切韓国政府の姿勢に関して論評する権利は無い事を心得よ。
論評したくば、先ず政府支出の10億円に迷惑をかけた日本国民を代表する日本政府への慰謝料(損害額の2倍)を加えた30億円を補償金として支払え。

さて、ここへ来ての韓国大統領の発言に、金ではなく心からのお詫び云々との話がある。
では、何故10億円との金額が示されたのかを考えねばならない。

係争案件に限らず日常の仕事にしても科学研究にしても、当事者は事の程度を当事者個々の感覚で理解する。
例えば、山手線利用者と地方ローカル線の利用者にとっては、列車の遅れに対して大いにか少しかの感じ方が異なり、それは個々の主観に依存するからである。
そこで、10分の遅れとすれば、遅れの程度は双方のみならず第三者に対しても具体的に絶対値で伝わる。
主観を客観化させたからである。

日韓合意の時に、金額が示された意味もこの点にある。
それはなにもこれに限らず、日常生活の慶弔や褒賞に於いても普通にしており、権威を認識されるノーベル賞に於いても同じである。
戦時売春従事者への支払いを自国予算に替える等との考えが、屁理屈にも値しない事がこの点からも云え、逆にそれをする事は、懸案自体を否定する意味さえも持ってしまう事となる。
要するに韓国としては論拠の自己否定になるのだ。(私は客観的立場から書いており、主観的にはそもそも捏造話との立ち位置であはある。)

斯様な筋論を理解出来ぬ大統領を戴く政府が北鮮と対話との状況にあるが、果して何をやらかすか危惧せざるを得ない。

この記事に

開く コメント(6)

年始

🇯🇵🎍
謹みて初春を祝ぎ、新たな歳の安寧を祈念するものです。

今年は元旦をゆったりと迎えた(要するに寝正月)。
2日は箱根駅伝をテレビ観戦。
鶴見中継所の鶴見市場は子供時代に馴染んだ場所で懐かしい。本来の東海道(京浜急行線を隔てて一本北側の道)を熊野神社前から別れて鶴見市場の駅前の道を南へ下って来た所で、第一京浜へ出る手前に島忠果実店があり、未だに父がインドリンゴを買い求める光景が瞼に浮かんで来る。
その当時の中継所は鶴見川を隔てたもっと西の区役所の辺りにあった。
先の東京五輪での聖火リレーも第一京浜を通り、それを見る為に市場小学校から担任の引率で級友とはしゃぎながらゾロゾロと鶴見川を渡った。
二区の権太坂も横浜を離れる迄居住した場所から近く、幾度か観戦した場所であり、車でも頻繁に往き来した場所である。
本来の東海道は保土ヶ谷橋を過ぎて途中から鉄道線沿いを進み、坂を登って竹林の脇を抜けて権太坂へ向かうもので、狩場は通らず、坂の起伏も現在の国道よりもきつい。
こうして考えると、この150年の間に旧道にバイパスが出来、やがて新道となって整備され、それも飽和となって高速道路へと至る過程がよくわかる。

箱根駅伝往路の結末を見届け、初詣に向かう。
昨年の元旦に長蛇の列で参拝を諦めた生國魂神社を目指す。創建が神武天皇の頃に遡る由緒ある神社である。
そちらを目指して進むと高津宮に行き着くので、先ずこちらを参拝する。こちらも9世紀創建の旧官弊社で、落語にもよく出てくる大阪人には馴染み深い神社で仁徳帝を祀っている。
こぢんまりとはしているものの、本殿では巫女さんが舞いをしていて、格の片鱗が垣間見える。
高津宮から400m程南に行くと、生國魂神社である。
着いて驚くのは、昨年同様の長蛇の列で、車道を隔てて130mの鳥居からびっしりと参拝者が列を成して、昨年元旦と同じであった。
ここは日を改める事として、旧年の毒抜きをすべく、天然温泉スパスミノエへ向かう。
難波乗り換えで地下鉄四ツ橋線終点の住之江公園で下車。住吉大社からでも500m程西側であるが今年は割愛。
歩道橋を渡ると非常に大きな鳥居が目に入る。
調べれば大阪護国神社ではないか。
こちらは起源は明治である。とは云え、近代日本に於ける戦没者を祀っていて、知ったからには疎かに出来ず、毒抜き後に参拝する事とした。
神話時代の英雄から近代に於ける一兵卒に至る迄、国の存続に尽くした魂を等しく祀る点に我が国の美学があると改めて認識した次第である。

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(1)

イメージ 1

イメージ 2

10日程前に今年最後の献血をした。
積もりに積もって364回となったから、産婆に頭を掴まれ引き出されながらオギャーと声をあげてから、平均して年齢数 の日数ごとにしてきた事になる。
数十年後には人工血液が開発されて、献血は百年後にはクイズのネタになっているかも知れない。へえー、百年前にはそんな事をしていたのかと。

献血をすると代償に血液サンプルから調べた生化学と血球計数の検査データが送られて来る。
それらの項目の意味の説明(写真参照)と基準値(データに手書きで記入した)及びそのデータ(写真参照)についてである。
基準値はドナーの集計結果から算出されたもので、糖尿の指標であるグルコアルブミンを除いては正常、異常を判断するものではない。
人類ならこんな範囲であり、違(タガ)えていても普通に生きていられると考えればよく、体質的或いは習慣的差異があるとも解釈できよう。

基準値と自分の値を比較してみよう。
ALTとγ-GTPは基準値下限に著しく近い。
これは飲酒の習慣がなく、付き合い以外には滅多にしない為であろう。
レバ刺しにするには向いているかもしれない程ダメージを受けていない事がわかる。
総蛋白は下限から更に外れていて、粗食であるか慎ましい量に抑えているかのどちらかとなる。栄養失調気味にも取れるが、吸収のよい体質故に体が求めないとも云える。事実、腸は極めて丈夫と云うか、頑丈の部類ではある。
アルブミンの値も基準値下限を1割下回っているが、A/Gは基準値に収まっている点を見ると、どうやら余分なものが血液に大層含まれているらしい。
それでもコレステロール値は基準値である。若い時は150位であったから、2割程増えたのは加齢故か。
基準値を超えてはならぬグルコアルブミンも甘党にも拘わらずクリアしている。やはり節度を弁える事が肝要である。実は一度だけ超えた事があって、干しブドウに嵌まり、のべつまくなしに喰っていた時であって、止めたら元に戻ったのであった。習慣特に食習慣は重視せねばならぬ事を改めて実感したものだった。

血球計数では、昔から血液比重は1.057超なのであるが、赤血球数は並みである。
にも拘わらずヘモグロビン濃度やヘマトクリット値が下限近くであるのは、赤血球自体が小さい事に起因しているのが明白で、赤血球の主体を成すヘモグロビンの量も濃度も基準値下限近いのとも整合性がある。
白血球は赤血球と逆に基準値上限方にある。どうやらバイ菌には強く出来ているらしい。専守防衛的体質か?
血小板は白血球以上に上限値近くから更にその上である。道理で献血後に2分で出血が止まる訳である。財布は出血が止まらぬと云うのに。
献血センターでもこれを見ていて、「あなたの血は血小板を取るのに適しているから、午前中に来て欲しい。」と言われる訳である。
何でも血小板は病院からのリクエストに応じて採取するからとの事である。

斯様に赤血球と白血球・血小板が逆のベクトルを向いた血液であり、粗食に耐え、バイ菌に強く、外傷へのリカバリーが早いと云う野生動物的体質との結論に行き着く。

さて、メンタル的にはどんなもんであろうか???

この記事に

開く コメント(4)

奈良への車窓

所用で25〜27日の三日間奈良へ通った。
難波近辺からは近鉄奈良線とJR西関西線の二通りのルートがあり、途中平行はしていないものの、古くから拠点間輸送に於いて張り合って来た。
近鉄は生駒山をトンネルで貫いているだけあって32.8kmに対して、JR西は生駒山地を迂回する為に41.0km、近鉄は快速急行と急行が交互に10分間隔で所要38〜40分、JR西は新今宮迄の38.5kmを快速が15分間隔で所要37分に難波行普通への乗り換えと所要3分が加わって45分程度と近鉄優勢にあるが、JR西は大阪環状線を介して大阪駅への直通サービスに活路を見出だしている。
運賃はJR西が特定割引を設けて天王寺〜難波間を近鉄と同等としているが、大阪迄となると特定割引はなく、近鉄+地下鉄の合算とも同等となっている。
車輌は近鉄の極く一部にクロスシート車が充てられているのに対して、JR西は221系クロスシート車であって、景色を愛でるにはJR西が優っている。他方で奈良駅の立地は近鉄が600m程東側にあって市の中心部に位置して、目的地にもよるが優位と判断されよう。

斯様な訳で甲乙着けがたい中、私の場合は起点が近鉄日本橋でもあって、自ずと近鉄利用となったが、最終日はどちらからでもよい寄り道があって、景色を愛でんとJR西を選んだ。

近鉄奈良線は難波から東進して生駒山の下の瓢箪山へ至ると35.7‰の勾配を3kmに亘り登るのであるが、大阪平野を一望する絶景が展開され、個人的には私鉄有数のシーニックポイントと評価していて、通る度に眺めてしまうと共に、昔日の800系が鹿の絵柄の特急サインを掲げて走ったであろう姿に思いを馳せるのである。

JR西関西線は、王寺から高井田にかけての府県境を跨ぐ7kmが圧巻で、渓谷を成す大和川に沿ってトンネルをくぐりつつ鉄橋で大和川の右へ左へと位置を変えながら走る車窓は、都市間近にしては秀逸の景観なのである。
近鉄800系が鹿マークを掲げていた頃、関西線は非電化で、国鉄ディーゼルカーとしては唯一通勤型のキハ35系快速が20分間隔で100km/h近い速度で肺炎気動車と渾名されながらも文字通り気を吐いていた姿や東京からの急行大和が蒸気機関車に牽かれたて湊町へと走った姿に思いを馳せるのである。

どちらの車窓も棄て難く、それらは少年時代に時刻表を眺めて想像しようにも想像出来なかった思いを、半世紀も経った今になって掻き立ててくれるものでもあるのだ。

この記事に

開く コメント(4)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事