あづまもぐらのブログ

趣味鉄道関係は書庫から検索して下さい。

全体表示

[ リスト ]

先日、樹木希林さんが他界された。
メディアは「俳優の樹木希林さんが…」と報道していた。
「俳優の」と聞いて、「うん?誰だ?」と頭をよぎり、名を聞いて「女優のあの人か」と顔を思い浮かべるのであった。

以前なら「女優の●●さん」と報じられていたから、名を聞く間に女性に絞って構える事が出来たから、報道の本分の一つである分かりやすさに沿っていた訳だが、いつの頃からか「男女差別だ」と喚く輩が騒ぎ、一蹴すればよいものをそれに呼応して男女両方を意味する事も可能な「俳優」を双方に使う様になった。
女性だけを女優と呼び、男性の場合は俳優とするのは"女性差別"だとの論である。
それなら男性の場合も「男優」とすればよいだけの事である。そうすれば"区別"がより容易となる。
区別と差別は異なるのはまともな知性を有しているなら明確である。
区別を避けてごちゃ混ぜにしてしまう根底には男も女も区別しないと云う事で、男女が等しくでもなるとの稚拙な思考が透けて見える。
ところが、大変愉快な事に、アダルト映像に関しては、平気でAV女優と云う表現をして憚らないし、「女優は女性差別だ!」と目くじらを立てた輩も一向に騒がない。
詐欺や泥棒、万引きなど法に抵触せぬ限りに於いてはどの職業でも必要とされるから存在し、好むと好まざるに拘わらず誰かがそれをしているだけの事であって、そこに貴賤はない筈が、一方で"俳優"一本やりで他方で"女優"を使い分けるのであれば、彼等の心根には職業差別意識があるとの結論となる。
加害者の人権は叫ぶくせに被害者の人権には顧みない法曹界とも通ずる。
ついでに云うなら、今のメディアの基準なら慰安婦や売春婦も慰安就業者とか売春就業者と言って然るべきがへーきで慰安婦と表現して憚らぬのは吹飯ものであり、十字架に掛けられたイエスの表現を借りれば、「彼等は自分が何をしているのか分からないのです」となる。

私は差別反対、区別賛成である。


憲坊法師様へのリコメの一部を以下に追記

政治屋は男であろうと女であろうと政治屋との言い回しであって、男女の別を表す必要性も必然性もない故と察せられます。
これに対して、"女性の感性"に基づく点を予め知らせておかねばならぬ場合は"女流"を冠します。何故、"男流"がないのかを不満に思うのが例の輩の主張でしょうが、2通りしかない場合にその内の1つを規定すれば、もう1つは自動的に規定されるだけの事です。では男の方を先ず規定せよと絡むのでしょうが、区別に対してはどちらが先でも構わぬ訳で、ここに区別と差別のわきまえが為されていない稚拙さの露呈を見る事が出来ます。
感性ではなく、肉体的条件として区別する必要性のある場合には、"女"を直に冠するか末尾に"婦"を付して謂わば独立したカテゴリーを設け、女神、女医、女優、助産婦、看護婦等と自然に言い回すしています。売春を生業とするオカマを売春婦とは呼びません。
更に区別の基本的位置付けに関する場合は別単語となり、男と女、父と母、爺と婆、牡と牝、兄/弟と姉/妹とされています。
区別の必要性、必然性に応じて明確さがグラデーションの様に拡がっていて、これが人知が持ち合わせた自然の感性を示しています。


コメント(9)

顔アイコン憲坊法師
福岡県民がこよなく愛したエロ拓こと山崎拓は「政治屋にならなかったらアダルト男優になっていた」とか言っていましたね。
これだから福岡県民の女性が競って投票したのです。
彼は今回の総裁選で石破を応援しました。
2018/9/24(月) 午前 1:47
<<返信する
削除

あづまもぐら
> ガンコ爺TP400浮遊層こと憲坊法師様

政治屋は男であろうと女であろうと政治屋との言い回しであって、男女の別を表す必要性も必然性もない故と察せられます。
これに対して、"女性の感性"に基づく点を予め知らせておかねばならぬ場合は"女流"を冠します。何故、"男流"がないのかを不満に思うのが例の輩の主張でしょうが、2通りしかない場合にその内の1つを規定すれば、もう1つは自動的に規定されるだけの事です。では男の方を先ず規定せよと絡むのでしょうが、区別に対してはどちらが先でも構わぬ訳で、ここに区別と差別のわきまえが為されていない稚拙さの露呈を見る事が出来ます。
感性ではなく、肉体的条件として区別する必要性のある場合には、"女"を直に冠するか末尾に"婦"を付して謂わば独立したカテゴリーを設け、女神、女医、女優、助産婦、看護婦等と自然に言い回すしています。売春を生業とするオカマを売春婦とは呼びません。
更に区別の基本的位置付けに関する場合は別単語となり、男と女、父と母、爺と婆、牡と牝、兄/弟と姉/妹とされています。
2018/9/24(月) 午前 9:34
<<返信する
削除

あづまもぐら
(字数制限に就き、続き)
区別の必要性、必然性に応じて明確さがグラデーションの様に拡がっていて、これが人知が持ち合わせた自然の感性を示しています。

山崎拓は今からでも転職なさっては如何でしょう。どの職業も、金を得るとなれば興味本位で覗き見るのとは違って、大変なものと私は思いますが。
2018/9/24(月) 午前 9:35
<<返信する
削除

顔アイコン憲坊法師
===
2通りしかない場合にその内の1つを規定すれば、もう1つは自動的に規定されるだけの事です。
===
今やLGBTという変態グループがあります。定義がより面倒になっています。
2018/9/24(月) 午前 10:02
<<返信する
削除

あづまもぐら
> ガンコ爺TP400浮遊層こと憲坊法師様

当然、"女"でない方でよいでしょう。但し、それは"男"である事を示すものではありません。"女でない"それだけです。
それが男女に匹敵する程の多数になって分ける必要が生じた時、人知はそれを分離するでしょうが、種の保存に対しての生産性はありません(数学的観点からの考察であって、分類上の区別、感情的な差別とは別の話)から、自然に淘汰されるか、人類という種自体の衰退となります。
2018/9/24(月) 午前 10:14
<<返信する
削除

顔アイコン憲坊法師
===
人類という種自体の衰退となります。
===
ま、こちらでしょうね。
2018/9/24(月) 午前 10:51
<<返信する
削除

あづまもぐら
> ガンコ爺TP400浮遊層こと憲坊法師様

不妊症で子孫が出来ぬ又は出来難いのは確率の低さであって多産の対極であり、行為の結果を問う事。初めから可能性を放棄し、行為の無い事とは別と解釈すべきです。
2018/9/24(月) 午前 11:00
<<返信する
削除

顔アイコンnek*m*ya_*orao
あえて極論を書きます。
男女に於いて差別があってはならないのは
「政治・法令上の権利」のみです。

こんなジジイでも男子便所に女性清掃員が立入りされるのは
向こうもイヤでしょうし、こっちもイヤです。
先般、某医科大で男女差別採点が発覚しましたが、
斯様な採点をしていた側の言い分を100%否定できません。
区別はあって当然です。
明らかに♂と♀では脳の構造というか、思考回路が異なる
からです。
更に極論中の極論、
仮にゴリラでも捻じ伏せるような怪力女がいても
普通に考えて、昔で云う強●、今で云う強制●交は抑え込まれた男に劣情を催させない限り不可能です。

逆に男の中には往々に「アナさえあれば何でも」のような
輩がいます。
だから先ほどの例ですが、個室のある公衆♂トイレ
みたいな空間を女性にやらせるなんて、危険な仕事なので、ある意味それこそ
「差別」なのです。区別しなければなりません。

2018/9/24(月) 午後 8:11
<<返信する
削除

あづまもぐら
> 猫宮トラオ様

戦前に女学校、女子高等師範学校で教育を受けた母は、「男はケダモノである」と教えられたとの事で、「私もケダモノか?」との問いに迷わず「そうだ」、では「あなたはケダモノの親なのか?」にも「そうだ」と答えていました。
男女間の営みに対して、男は例え豚小屋の中で隣でブヒッブヒッと哭いていても可能な精神性に対して、女は物理的な面は別にして精神的には満足出来ぬとの話があります。
又、古事記にはイザナミから誘いをかけても事は成せず、イザナギがその気になった時に事を成せたともあります。
要するに男は物理的に発情さえすれば豚小屋でも構わず満足出来、女は精神的に充たされてこそ満足に至る差が初めからあり、男がケダモノたる所以となります。
これをベースに全ての行動が為される訳ですから、区別には必然性があるのです。
性教育はこうした精神性を中心にした性差に就いて説かれるべきで、物理的などれを何処へどうするとかの性行為教育であってはなりません(そんな事は教えなくても覚えるわ)。
2018/9/24(月) 午後 9:35

閉じる コメント(9)

顔アイコン

福岡県民がこよなく愛したエロ拓こと山崎拓は「政治屋にならなかったらアダルト男優になっていた」とか言っていましたね。
これだから福岡県民の女性が競って投票したのです。
彼は今回の総裁選で石破を応援しました。

2018/9/24(月) 午前 1:47 憲坊法師

> ガンコ爺TP400浮遊層こと憲坊法師様

政治屋は男であろうと女であろうと政治屋との言い回しであって、男女の別を表す必要性も必然性もない故と察せられます。
これに対して、"女性の感性"に基づく点を予め知らせておかねばならぬ場合は"女流"を冠します。何故、"男流"がないのかを不満に思うのが例の輩の主張でしょうが、2通りしかない場合にその内の1つを規定すれば、もう1つは自動的に規定されるだけの事です。では男の方を先ず規定せよと絡むのでしょうが、区別に対してはどちらが先でも構わぬ訳で、ここに区別と差別のわきまえが為されていない稚拙さの露呈を見る事が出来ます。
感性ではなく、肉体的条件として区別する必要性のある場合には、"女"を直に冠するか末尾に"婦"を付して謂わば独立したカテゴリーを設け、女神、女医、女優、助産婦、看護婦等と自然に言い回すしています。売春を生業とするオカマを売春婦とは呼びません。
更に区別の基本的位置付けに関する場合は別単語となり、男と女、父と母、爺と婆、牡と牝、兄/弟と姉/妹とされています。

2018/9/24(月) 午前 9:34 [ あづまもぐら ]

(字数制限に就き、続き)
区別の必要性、必然性に応じて明確さがグラデーションの様に拡がっていて、これが人知が持ち合わせた自然の感性を示しています。

山崎拓は今からでも転職なさっては如何でしょう。どの職業も、金を得るとなれば興味本位で覗き見るのとは違って、大変なものと私は思いますが。

2018/9/24(月) 午前 9:35 [ あづまもぐら ]

顔アイコン

===
2通りしかない場合にその内の1つを規定すれば、もう1つは自動的に規定されるだけの事です。
===
今やLGBTという変態グループがあります。定義がより面倒になっています。

2018/9/24(月) 午前 10:02 憲坊法師

> ガンコ爺TP400浮遊層こと憲坊法師様

当然、"女"でない方でよいでしょう。但し、それは"男"である事を示すものではありません。"女でない"それだけです。
それが男女に匹敵する程の多数になって分ける必要が生じた時、人知はそれを分離するでしょうが、種の保存に対しての生産性はありません(数学的観点からの考察であって、分類上の区別、感情的な差別とは別の話)から、自然に淘汰されるか、人類という種自体の衰退となります。

2018/9/24(月) 午前 10:14 [ あづまもぐら ]

顔アイコン

===
人類という種自体の衰退となります。
===
ま、こちらでしょうね。

2018/9/24(月) 午前 10:51 憲坊法師

> ガンコ爺TP400浮遊層こと憲坊法師様

不妊症で子孫が出来ぬ又は出来難いのは確率の低さであって多産の対極であり、行為の結果を問う事。初めから可能性を放棄し、行為の無い事とは別と解釈すべきです。

2018/9/24(月) 午前 11:00 [ あづまもぐら ]

顔アイコン

あえて極論を書きます。
男女に於いて差別があってはならないのは
「政治・法令上の権利」のみです。

こんなジジイでも男子便所に女性清掃員が立入りされるのは
向こうもイヤでしょうし、こっちもイヤです。
先般、某医科大で男女差別採点が発覚しましたが、
斯様な採点をしていた側の言い分を100%否定できません。
区別はあって当然です。
明らかに♂と♀では脳の構造というか、思考回路が異なる
からです。
更に極論中の極論、
仮にゴリラでも捻じ伏せるような怪力女がいても
普通に考えて、昔で云う強●、今で云う強制●交は抑え込まれた男に劣情を催させない限り不可能です。

逆に男の中には往々に「アナさえあれば何でも」のような
輩がいます。
だから先ほどの例ですが、個室のある公衆♂トイレ
みたいな空間を女性にやらせるなんて、危険な仕事なので、ある意味それこそ
「差別」なのです。区別しなければなりません。

2018/9/24(月) 午後 8:11 [ nek*m*ya_*orao ]

> 猫宮トラオ様

戦前に女学校、女子高等師範学校で教育を受けた母は、「男はケダモノである」と教えられたとの事で、「私もケダモノか?」との問いに迷わず「そうだ」、では「あなたはケダモノの親なのか?」にも「そうだ」と答えていました。
男女間の営みに対して、男は例え豚小屋の中で隣でブヒッブヒッと哭いていても可能な精神性に対して、女は物理的な面は別にして精神的には満足出来ぬとの話があります。
又、古事記にはイザナミから誘いをかけても事は成せず、イザナギがその気になった時に事を成せたともあります。
要するに男は物理的に発情さえすれば豚小屋でも構わず満足出来、女は精神的に充たされてこそ満足に至る差が初めからあり、男がケダモノたる所以となります。
これをベースに全ての行動が為される訳ですから、区別には必然性があるのです。
性教育はこうした精神性を中心にした性差に就いて説かれるべきで、物理的などれを何処へどうするとかの性行為教育であってはなりません(そんな事は教えなくても覚えるわ)。

2018/9/24(月) 午後 9:35 [ あづまもぐら ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事