あづまもぐらのブログ

趣味鉄道関係は書庫から検索して下さい。

全体表示

[ リスト ]

台風24号来襲の陰で ケータイ投稿記事

イメージ 1

ニュース報道が台風一色となる中で、明日からタバコが値上げとなる。
朝方にそれに気付き、天気の崩れる前に1カートンを買って来た。
1箱30円の値上げではあるが、気分の問題でもある。
千円で4箱買えた時代から今では2箱になってしまった。

このキャメルは、東日本大震災の影響で一旦製造中止となった後、ドイツから輸入(製品はJT international製)されたものである。
私はキャメルがRJレイノルズ製の時からのユーザーであり、そこにはTurkish & Domestic、後にはTurkish & Americanと表記されていた。
キャメル独特の舌にねっとりと拡がる味わいは、トルコ葉と米国葉のハーモニーで織り成されるもので、フレーバーも他とは際立つものであった。
JTがRJRから米国以外での製造販売権を得て、今では米国以外でオリジナルテイストは手に入らなくなって久しい。
それでも震災以前迄は何とかオリジナルを偲ぶ味わいではあった。
震災後復活したキャメル黒箱(写真)には、最早トルコ葉のクセは失せてはいたが、辛うじて香料に依らぬタバコ葉の味わいであって、ギリギリ許容の範囲である。
ところが、これがこの度廃盤になるのだ。
キャメルの名を使う物は残るのだが、最早オリジナルのテイストは無くなる。
JTは嗜好品の何たるかを理解していない。
ただただ販売権を拡大しての利益追求しか求めぬのは、嗜好品を扱う業種でのまともな業態ではない。
オリジナルのテイストを維持出来ぬのなら、販売権を返上して、米国産の輸入を認めるべきである。
微力ながら貿易摩擦の軽減にもなろう。

トランプに訴えてやろうかな?


コメント(4)

顔アイコン憲坊法師
へぇ、Camelってまだあるのですか。私は高校生の時に禁煙したのですが、1960年代の前半にMilanoに半年ほどいました。外国人の特権を生かして毎週汽車で50分ほどのスイス領ChiassoまでCamelを1カートンづつ買ってきて同僚に売って小遣い稼ぎをしていました。
当時Camelはイタリア国内では400〜450リラ。スイスでは140リラでした。
2018/9/30(日) 午後 9:37
<<返信する
削除

あづまもぐら
> ガンコ爺TP400浮遊層こと憲坊法師様

米国での発売開始は大正時代と記憶していますから、ほぼ1世紀の歴史となります。
旨いものは旨いのですね。それを小細工するJTは、タバコの味なと分からんものと思っています。タバコに香料の添加は邪道でしかありません。
オリジナルにあるラクダは、発売当時にサーカスで人気のあったラクダがモデルとなっています。
2018/9/30(日) 午後 10:32
<<返信する
削除

顔アイコンnek*m*ya_*orao
タバコのことはよく分かりませんが、
悪い意味での殿様商売に一泡吹かせるためにも、
トランプに訴える価値があるかと。
2018/10/2(火) 午後 2:02
<<返信する
削除

あづまもぐら
> 猫宮トラオ様

誰も欲しがらぬアメ車よりも、アメモクなら牛肉以上に代用品はなく、確実な交易品です。
2018/10/2(火) 午後 3:11

閉じる コメント(4)

顔アイコン

へぇ、Camelってまだあるのですか。私は高校生の時に禁煙したのですが、1960年代の前半にMilanoに半年ほどいました。外国人の特権を生かして毎週汽車で50分ほどのスイス領ChiassoまでCamelを1カートンづつ買ってきて同僚に売って小遣い稼ぎをしていました。
当時Camelはイタリア国内では400〜450リラ。スイスでは140リラでした。

2018/9/30(日) 午後 9:37 憲坊法師

> ガンコ爺TP400浮遊層こと憲坊法師様

米国での発売開始は大正時代と記憶していますから、ほぼ1世紀の歴史となります。
旨いものは旨いのですね。それを小細工するJTは、タバコの味なと分からんものと思っています。タバコに香料の添加は邪道でしかありません。
オリジナルにあるラクダは、発売当時にサーカスで人気のあったラクダがモデルとなっています。

2018/9/30(日) 午後 10:32 [ あづまもぐら ]

顔アイコン

タバコのことはよく分かりませんが、
悪い意味での殿様商売に一泡吹かせるためにも、
トランプに訴える価値があるかと。

2018/10/2(火) 午後 2:02 [ nek*m*ya_*orao ]

> 猫宮トラオ様

誰も欲しがらぬアメ車よりも、アメモクなら牛肉以上に代用品はなく、確実な交易品です。

2018/10/2(火) 午後 3:11 [ あづまもぐら ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事