あづまもぐらのブログ

趣味鉄道関係は書庫から検索して下さい。

全体表示

[ リスト ]

ナチスドイツに追われたユダヤ人に対して、杉原千畝の命のビザ発給は報道によりよく知られる様になった。
その後ソ満国境迄辿り着いたユダヤ人に対して、関東軍は満鉄へ臨時列車を仕立てさせ、最終的に彼等は日本経由で米国へ送り届けられた。この件に迄の報道は稀である。
更にこれらの経緯に関してドイツから同盟国にあるにも拘わらずとの抗議を受けると、東條英機は
"同盟国とは属国ではない、日本は日本の考えに基づいて行動する"
と一蹴した。日本にも日露戦争時の戦費調達にユダヤが国債を引き受けてくれた恩義もあったではあろうが、米国ビザを所有しながらも米国入官で入国拒否を決めたトランプ大統領の決定はまだ耳新しい事である。ビザ所有は入国審査への条件の1つであって、入国許可証ではない。
従って東條英機の人道性を改めて認識するに至る。
その東條英機は東京裁判で人道に反したとして、東京空襲、大阪空襲、広島長崎原爆投下によって非戦闘民を殺戮した連合国により絞首刑とされた。(以上、事実の羅列まで)

扨、今日の国技館では国賓として来日中のトランプ大統領の観戦がなされた。桟敷席を椅子席に改めてもてなし、同盟国の首領に対しての最大の敬意を垣間見れた。これは別に属国根性でもなく、日米の絆の強化を重要と考えるからであって、東條英機のドイツへの反論と軌を一にするものである。日本は日本の考えで行動するのは当然である。

約1ヶ月前に上皇陛下が「平成は戦争が無くてよかった」旨の感想をお漏らしになられた。第二次世界大戦をご経験になられた身には、確かにそうであろうとは思うが、核兵器保有国も増え、科学技術や通商も比較にならぬ程に活発化した現在にあっては、散兵線に伏して撃ち合うばかりが戦争ではなくなった事を当世の現役世代は弁えるべきである。
そのよい例が、ここ最近の米中の貿易摩擦に始まり、ファーウェイ問題であり、つい数日前の南支那海問題である。

これらを一連の事態として捉えれば、核相互確証破壊条件下にあっての戦争が如何なるものかを如実に示している。
それは、軍事力を後ろ楯に経済力、科学技術力を以ての国益のしのぎ合いである。
火災保険に入ったから火を着ける、生命保険に入れたから殺すのであろうか。それをするのは狂気の沙汰以外にない。
保険に等しいのが相互確証破壊条件であるから、寧ろ日本の敵国にとっては、日本が核装備して相互確証破壊条件を満たしてやる方が、選択の幅も制限されて親切と云うものでもある、とは半分冗談ながら真実でもある。
なまじ誘いをかけてその気にさせるのは、男女間の感情の縺れにも似て、刃傷沙汰の元である。


コメント(6)

顔アイコン憲坊法師
原爆被害国であることは確かだが、それに胡坐をかいて、核武装を嫌悪するのは時代を軽視している証拠だ。
2019/5/27(月) 午前 5:38
<<返信する
削除

顔アイコンnek*m*ya_*orao
>関東軍は満鉄へ臨時列車を仕立てさせ、
>最終的に彼等は日本経由で米国へ送り届けられた。

「ユダヤを救った日本人=杉原千畝」
「ナントカの一つ覚え」とまでは言いませんが、
ハルピン特務機関の樋口季一郎中将もお忘れなくと
言いたいところです。

さて、貴ブログ当エントリー後半部分ですが、ある作家は
「認知症」と言い切りました。
しかし、これは大変認知症の方に失礼だと思います。
この症状の方々は、発症以前は正常な判断力があった訳です。
しかるに、「狂気の沙汰」の手合いは当初からずっと
狂気のままですので。
おお、そう云えば先般東アジアの某K国で原発の異常が
あったとニュースで聞きましたが、キョーキのセンセ方は
ダンマリですね。
2019/5/27(月) 午前 8:23
<<返信する
削除

あづまもぐら
> ガンコ爺TP400浮遊層こと憲坊法師様

こうも暑いと、ラーメン屋には"冷やし中華始めました"とかの貼り紙が見られるでしょう。
最近の電車の案内表示ではありませんが、日本も簡字体やハングルで"核武装始めました"と貼り紙で知らせてあげるのも親切と云うものです。「余計な悪事に使っている知恵と金を人民の民政向上に回しなさい」「ずーっと友達でいようね」と。
2019/5/27(月) 午前 8:36
<<返信する
削除

あづまもぐら
> 猫宮トラオ様

"唯一の核被爆国として…"のフレーズを聞いていつも感じるのは、その後のフレーズとの整合性の無さです。
先日も好きで好きで堪らないから男を刺した女がいましたが、思考的に近いものを感じます。

某隣国での出力異常放置でしたっけ、ありましたね。
地震がなくても勝手崩壊する建築技術に加えてあの認識レベルですから、扱う資格が無いと思えます。
風下に位置する我が国のメディアや所謂自称平和団体が何等の意志表示をしないのも"好きで好きで堪らない"手合なのでしょう。
2019/5/27(月) 午前 9:16
<<返信する
削除

顔アイコン五月のなすび
たかおじさんです。

杉原千畝に就いては最近こそ国内で知られるようになりましたが、海外ではオスカー・シンドラーが知られているようです。ドイツ人で国に逆らったのですからそれなりにたいした物だとは思います。

東条英機は軍国主義者で日本を戦争に追いやったと言われていますが、一説に依れば最後まで開戦に反対で、採取的に御前会議で昭和天皇に開戦に至った報告をした時、号泣したと伝えられています。陸軍に責任者として使われたに過ぎないとも。

攻められてもも戦争をしないとおっしゃる方々は、お前の娘を差し出せと言われても戦わないために差し出すんでしょうね。朝鮮人の親が、金になるから日本軍に娘を売ったのとも違うんですけれど。

戦争はすべきではないけれど、戦争を仕掛けさせない事が前提だとは、人権派の方々には理解不能のようです。
2019/5/29(水) 午前 10:37
<<返信する
削除

あづまもぐら
> たかおじさん様

> 戦争を仕掛けさせない事が前提

全ての類いの戦争に関しては、正にこの一点に収斂しますね。
実弾の飛び交う戦からサイバー戦、経済戦他も。敵に付け入る隙を見せぬ事が肝要であり、今米国が進めるファーウェイ排除はその典型です。
個人生活ではセキュリティに気を払い、万が一の場合には保険に加入するくせに、国家レベルになると素っ裸で平気な神経とは私には異常にしか映りません。
2019/5/29(水) 午後 3:48

閉じる コメント(6)

顔アイコン

原爆被害国であることは確かだが、それに胡坐をかいて、核武装を嫌悪するのは時代を軽視している証拠だ。

2019/5/27(月) 午前 5:38 憲坊法師

顔アイコン

>関東軍は満鉄へ臨時列車を仕立てさせ、
>最終的に彼等は日本経由で米国へ送り届けられた。

「ユダヤを救った日本人=杉原千畝」
「ナントカの一つ覚え」とまでは言いませんが、
ハルピン特務機関の樋口季一郎中将もお忘れなくと
言いたいところです。

さて、貴ブログ当エントリー後半部分ですが、ある作家は
「認知症」と言い切りました。
しかし、これは大変認知症の方に失礼だと思います。
この症状の方々は、発症以前は正常な判断力があった訳です。
しかるに、「狂気の沙汰」の手合いは当初からずっと
狂気のままですので。
おお、そう云えば先般東アジアの某K国で原発の異常が
あったとニュースで聞きましたが、キョーキのセンセ方は
ダンマリですね。

2019/5/27(月) 午前 8:23 [ nek*m*ya_*orao ]

> ガンコ爺TP400浮遊層こと憲坊法師様

こうも暑いと、ラーメン屋には"冷やし中華始めました"とかの貼り紙が見られるでしょう。
最近の電車の案内表示ではありませんが、日本も簡字体やハングルで"核武装始めました"と貼り紙で知らせてあげるのも親切と云うものです。「余計な悪事に使っている知恵と金を人民の民政向上に回しなさい」「ずーっと友達でいようね」と。

2019/5/27(月) 午前 8:36 [ あづまもぐら ]

> 猫宮トラオ様

"唯一の核被爆国として…"のフレーズを聞いていつも感じるのは、その後のフレーズとの整合性の無さです。
先日も好きで好きで堪らないから男を刺した女がいましたが、思考的に近いものを感じます。

某隣国での出力異常放置でしたっけ、ありましたね。
地震がなくても勝手崩壊する建築技術に加えてあの認識レベルですから、扱う資格が無いと思えます。
風下に位置する我が国のメディアや所謂自称平和団体が何等の意志表示をしないのも"好きで好きで堪らない"手合なのでしょう。

2019/5/27(月) 午前 9:16 [ あづまもぐら ]

顔アイコン

たかおじさんです。

杉原千畝に就いては最近こそ国内で知られるようになりましたが、海外ではオスカー・シンドラーが知られているようです。ドイツ人で国に逆らったのですからそれなりにたいした物だとは思います。

東条英機は軍国主義者で日本を戦争に追いやったと言われていますが、一説に依れば最後まで開戦に反対で、採取的に御前会議で昭和天皇に開戦に至った報告をした時、号泣したと伝えられています。陸軍に責任者として使われたに過ぎないとも。

攻められてもも戦争をしないとおっしゃる方々は、お前の娘を差し出せと言われても戦わないために差し出すんでしょうね。朝鮮人の親が、金になるから日本軍に娘を売ったのとも違うんですけれど。

戦争はすべきではないけれど、戦争を仕掛けさせない事が前提だとは、人権派の方々には理解不能のようです。

2019/5/29(水) 午前 10:37 [ 五月のなすび ]

> たかおじさん様

> 戦争を仕掛けさせない事が前提

全ての類いの戦争に関しては、正にこの一点に収斂しますね。
実弾の飛び交う戦からサイバー戦、経済戦他も。敵に付け入る隙を見せぬ事が肝要であり、今米国が進めるファーウェイ排除はその典型です。
個人生活ではセキュリティに気を払い、万が一の場合には保険に加入するくせに、国家レベルになると素っ裸で平気な神経とは私には異常にしか映りません。

2019/5/29(水) 午後 3:48 [ あづまもぐら ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事