あづまもぐらのブログ

趣味鉄道関係は書庫から検索して下さい。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全126ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

当該生徒は、授業中に前の席の同窓生が無用に席を立った事に対して抗議した挙げ句に暴行に至り、それに対して教師が8時間に亘り別室で詰問し、反省文を書かせた帰途に自殺した。
この件に関して教師の指導の適否を問うたものである。

今回の判決では教師の指導に誤りは無いとされた。

被告とされた教師の先ず取るべきは、授業中に無用の立席をした生徒に向けられるべきと私は思う。
授業を妨害された生徒に8時間もの詰問をするとは異常にしか思えない。自殺した生徒は、授業を受ける権利を侵害されたのであって、それを結果的に暴力で解決するに至ったのであって、単に解決手段を誤っただけで、抗議の目的は正当である。
余りに暴力に気を取られるばかりに事の本質を見失った教師の行為は適正さを欠いており、更にそれを追認した裁判官も同じ穴の狢でしかない。
訳の分からぬ同窓生が授業の妨害をし、それを言っても聞き分けぬので力ずくで嗜めた事に対して、嗜めた側の生徒を8時間に亘ってグダグダと小言で責め債なんだ教師の行為は、"異常"そのものと私には思える。

最近は子殺し事案に対して、躾のつもりだったと手を下した親の言い分が為されている。或るアンケートに拠れば、4割の親が、躾と体罰の違いを分からぬとの事である。
私も猿程度の知性しか有さぬ年齢の時には、親父には言って分からぬならと煙草の火を内腿に据えられたり、母には三又(物干し竿を架ける長い棒)で追い掛けられたりした。強情故に煙草の火を押し付けられても「熱くないぃぃ」と反抗する悪ガキであったから、まだ分からぬならとお代わりを食らう始末であった。
それでも父が叱る時には母が、母が叱る時には父がなだめ役となっていたし、私が分かればそれでスパッと終わって後を引く事は無かった。
躾は適切に判断された状況により小言から体罰に至る幅を持っていて、子供の性格、性別と事案に因って使い分け、その程度と共に裁量が親に求められるのであって、時に暴力的にならざるを得ぬ。
一概に暴力だから悪とは言い切れぬのであって、"愛の鞭"なるフレーズがそれを示している。

親の4割もがこれらを弁えていないとは、げに恐ろしい事である。

下らぬ性教育なる実質性行為教育紛いのカリキュラムなどに代え(そんな事は犬猫でも自然に成熟すれば分かる)て、躾と体罰、体罰と暴力等をしっかり教育すべきと考えるのである。


コメント(9)

顔アイコン憲坊法師
授業を妨害した生徒はたぶん区会議員か暴力団の父親を持つ。それで教師は自殺した生徒のみを自殺に至るほど陰険にいじめたのでしょうね。
教師がクズなのだと推察します。
2019/3/27(水) 午後 8:01
<<返信する
削除

あづまもぐら
> ガンコ爺TP400浮遊層こと憲坊法師様

教師から判事に至る迄クズばかりで、躾し直さねばなりません。"柔"の2番が通用するのがまともな感性です。
2019/3/27(水) 午後 8:54
<<返信する
削除

土方
おばんでやす

戦前の昔の教師の「技術力」は世界に冠たる秀逸さで、「サイタ サイタ サクラガ サイタ」「アカイ アカイ ユウヒガ アカイ」「ヘイタイサン ススメ ススメ」で、授業を中弛みさせる事なく活性化させましたから✨
師範学校の復活を
2019/3/28(木) 午前 1:09
<<返信する
削除

あづまもぐら
> 土方様

私の母も高等師範学校を出ていました。長女であった為に、戦争で万が一の場合に弟妹4人を養える様にとの親の指示との事でした。
児童心理学等もカリキュラムにあったとは聞いていますが、詳細迄は存じません。
今の教師を見ていて感じるのは、毎朝校門に立って生徒を迎えるとか一体何の為か理解出来ません。しかもジャージー姿とあっては、威厳も何のあったものではない。
生徒に着け上げさせる隙を見せてはならぬのが、隙だらけではあります。
2019/3/28(木) 午前 2:34
<<返信する
削除

顔アイコン五月のなすび
おはようございます。たかおじさんです。

体罰は感情にまかせての暴力とは全くの別物です。子供のしつけは早いうちにしておかなければならない基本的な物が多くありますがまたその年齢の子供に理を説いてもそれは無理という物。したがって、潜在意識に植え付ける為に体に記憶させる必要がありますが、当然ながらトラウマにならない様に傷を付けない様に行う必要があります。それ以外、前後も考えず親が理性を失って行う物は理由の如何に依らず暴力でしょう。しかし、自分では躾だと自分に言い訳をしています。また、理非を判断できない年齢では,その親の暴力にこびる様になります。

これは教育現場にも当てはまるでしょう。当事者の全ての行動や背景を私たちは知りませんから、それへの批判も簡単にはできませんが、ただ暴力を排除するのは良いとして精神的な暴力が極めて増えてきたのではないか、責任回避が最優先されているのではないかと感じています。
2019/3/28(木) 午前 6:28
<<返信する
削除

あづまもぐら
> たかおじさん様

仰る通り、理性の下に行うか感情に任せて行うかも一つの切り口と云えますね。
"愛の鞭"と同様に"言葉の暴力"もまたよく云われる喩えですが、スマートフォンでのやり取りを巡る虐め等端的な具体例です。漫画"のらくろ二等兵"に「ビンタはピンッと一発で済むからよい」との一節があったのを憶えていますが、執拗な言葉の暴力は一時の暴力より悪質となる面も否めません。
教師による異常としか云えぬ8時間にも亘る説諭は、身体的拘束とも併せて最早言葉の暴力の段階であったと云え、その点を見落とした裁判官は、法廷での延々とした審理に馴れてしまって感覚が麻痺しているものとも察せられます。
2019/3/28(木) 午前 10:27
<<返信する
削除

あづまもぐら
> 猫宮トラオ様

確かに両成敗されて然るべき、しかも原因を為した者2に対して対応した者1の割合で成敗されるのが妥当です。
交通事故でも原因を為した者が例え無傷であっても重く処罰され、二次的に事故を起こした者の過失の方が軽く場合に拠っては問われぬのです。
教師の対応は取っ掛かりを誤り、剰えその後の対処も異常であった訳で、人を指導する立場に適わぬものと云えます。
2019/3/28(木) 午前 10:41
<<返信する
削除

顔アイコンnek*m*ya_*orao
これ、胸糞の悪い事件ですね。
なんか自殺生徒の一方的有形力行使のような印象付けが
されているようですが、ネットを渉猟しますと「喧嘩」の
ようなもので、百歩譲っても両成敗であるべき案件です。

痛ましい生徒の自殺事件が発生する都度、担当教師や校長、教委の「仕事のしてなさ」を痛感します。
そして、大津の事件以来から見られる、平素から人権だの多様性だのと叫んでいる勢力の奇妙な沈黙。
「8時間」ともなれば「可視化」が問題だと言いださない
方がオカシイのです。まあ、判決自体がオカシイですが。
2019/3/28(木) 午前 11:06
<<返信する
削除

あづまもぐら
> 猫宮トラオ様

リコメがコメントより先になってしまい、時空間を往き来する私の素性が顕になってしまいました。あまり口外為さらぬ様にお願い致します。
ここは私の星ではなかった事をつい失念致しました。。。

そう云えば人権屋どもがおとなしいと云うか音無しいと云うか、日頃から立ち位置が逆さまな輩ですからね。被告側なのでしょう。
2019/3/28(木) 午後 3:06
今、NHKでNHKの予算審議の録画を放送している。聞き流していると、NHKの視聴者は政権与党支持者が半分で、野党支持者(与党非支持者だったかも知れぬ)が半分との前提で報道姿勢を問うている者がいた。
誰がそんな事を言っているのか画面に目を遣ると、立憲民主党小川淳也とあった。
しかも、己れのモリカケ審議での水を飲んで議長に注意を受けたのどーのとの、どーでもいーことをグダグダと民放はどう報道したのだのとか全く下らぬ話であった。

おい、小川っ、いつから野党支持者が半分もいるんだ?

あっ、今喋っている伊藤俊輔とやらも"従軍慰安婦"などとありもしなかった物を挙げている。せいぜい只の"慰安婦"ではないのか?

こんな程度だから貴様らの政党支持率は5%なのだ。

因みに、報道に与党支持率も野党支持率も関係はない。
ありのままの事実を伝え、関連事項を第三者的に確証の取れている範囲で加え、意見があるならその責任の所在を明示した上で述べればよいだけではないのか。


コメント(2)

顔アイコン憲坊法師
慰安婦?手に職もない、働く場所もない人たちへの仕事のあっせんだったのだ。
2019/3/15(金) 午前 2:45
<<返信する
削除

あづまもぐら
> ガンコ爺TP400浮遊層こと憲坊法師様

しかもかなりの高給でした。
今でも貧しい国に限らず居りますし、人類最古の職業ですから。
それでも私は見下したりはしませんよ。
彼女らには体は売っても心は売らぬとの矜持がありますから。
軽蔑すべきは心を売って憚らぬ輩です。
2019/3/15(金) 午前 3:08

イメージ 1

国鉄が頻繁運行されているアラバンの次がモンテンルパ、正しくはムンティンルパではあるが、日本人の耳にはモンテンルパと聞こえる。
渡辺はま子の"ああモンテンルパの夜は更けて"のモンテンルパである。

たまにマニラで国際会議等が催されると、記者が背景とする大通りがある。
マニラ湾沿いに南北に通るロハスブールバードである。ロハスは元大統領名に由来し、100ペソ札にその肖像を見る事が出来る。
彼は第二次世界大戦終戦時のフィリピン大統領であって、終戦となるや否や日本兵や軍属、関係者を速やかに帰国させるべく尽力して、その数ヶ月後に他界した。
それでもBC級戦犯として訴えられた日本兵は裁きにかけられ、中には誤認や私怨での冤罪も含んで、死刑から有期刑が下された。
これらの収容先がモンテンルパ刑務所であった。刑期を待つ有期囚と共に処刑を待つだけの死刑囚もいて、一部は執行されつつあった。

その囚人の内の2人が作詞作曲したのが"ああモンテンルパの夜は更けて"であった。
この曲は渡辺はま子女史のもとへ届けられた。
彼女はこれを急ぎレコード会社へ持ち込みレコード化すると大ヒットとなり、彼女は作者へも聴かせるべく慰問にフィリピンを訪ね、虜囚を前に歌った。
これは当時のフィリピン大統領キリノの知る所となり、仔細を理解した彼は、即座に大統領特赦を以て全員を放免して日本へ帰したのであった。

空港からロハス大通りを北上してパサイ市からマニラ市へ入って少し進むと東へキリノ通りが分かれる。勿論、この通りの名も大統領名に因むものである。

日本では杉原千畝の話が度々放送される。彼の行為も誇れるものではあったが、ソ満国境まで辿り着いたユダヤ人に対して、特別列車を仕立て日本支配下を通して米国に届けた事実には最早杉原の力の及ばぬ点であり、日本の国家意志を感じて当然である。思えば日露戦争時、戦費調達に国債を引き受けてくれたのがユダヤであって、謂わば日本には恩義があった事、東條秀機が同盟国ドイツにこの件を問われて「同盟は隷属ではない。日本には日本のやり方がある」との意味合いの発言をした事を考え合わせれば何がしかの輪郭も浮かぼうと云うものである。別の視点で考察するなら、東條秀機を悪者にしておかねば裁いた東京裁判の威信が揺らぐとも云える。

何はともあれ、杉原千畝の行為を語る時、日本人の美談に酔うばかりでなく、ロハス、キリノ両大統領の日本人への行為も併せて語って日本人に対して為された美談にも触れてこそ報道の深みも増すと云うものである。
大陸から朝鮮半島を伝い帰国した際の苦難とは正反対であって、日本人として恩義を感ずるべきは何処なのかは小学生でも理解出来る事である。


コメント(4)

顔アイコン憲坊法師
杉原だけが陽が当たってますね。片手落ちです。
街の名前は忘れてしまったのですが、モンテンルパのずっと先にあった某日本企業の工場。トラブルがあって訪問したのですが、クルマは現地代理店のもので、若いお兄ちゃんが付き合ってくれました。
帰途モンテンルパと表示があるところを通ったのですが、「ここには刑務所があるだろう?」と訊いたら、「なんでそんなことを知っているのだ?」と逆に聞き返されました。
2019/3/12(火) 午後 3:35
<<返信する
削除

あづまもぐら
> ガンコ爺TP400浮遊層憲坊法師様

これらの話は現地の人も既に忘れ去っていますが、恩を受けた方は忘れ去ってよいものではありません。
2019/3/12(火) 午後 4:29
<<返信する
削除

顔アイコンnek*m*ya_*orao
毎度毎度、馬鹿マスゴミが、まさにナントカの一つ覚え
の如く、杉原のみを出してくるのにウンザリです。
大連特務機関の安江仙弘大佐、ハルピン特務機関の
樋口季一郎中将らの尽力抜きにしては、彼らユダヤ
難民がソ連から日本を経由して米国に脱出は不可能でして、これも「帝國軍隊=全部が悪」と決め付ける政治勢力
によるものでしょう。
だから、そんな勢力が支配するTVばかり視ていたらバカに
なるのです。
2019/3/13(水) 午後 4:25
<<返信する
削除

あづまもぐら
> 猫宮トラオ様

毎度毎度の放送を見ても、最後は走り出した列車の窓からビザを渡す場面で終わりになります。
先日もトランプ大統領がビザ所有者に対しても入国を拒否した様に、ビザは入国を絶対的に保証するものではありません。斯様な単純な理屈すら理解していないのが今のメディアと云えます。
2019/3/13(水) 午後 4:53

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

マニラにはフィリピン国鉄も運行されていて、路線自体は474km南のレガスピまで伸びていて、15年程昔、三度全線利用した事があった。
その内、起点のツゥツゥバンから28.7kmのアラバン迄は、混雑時30分毎、閑散時60分毎で運行され、50kmのママティド、56kmのカランバまで各1往復が延長運行されている。
沿線には、日本人にも馴染みのあるモンテンルパもあり、料金表にその名が見て取れる。
カランバより先はマニラ近郊区間からは外れる。

車輌は都落ちした常磐〜千代田線で使用されていた203系電車であるが、非電化の為、GE製のロートルディーゼル機関車が牽引する客車列車となっている。
5輌編成で、その内の1輌は客室の1/3程を潰してディーゼル発電機を載せ、サーヴィス電源を確保している。
日本での10輌編成を単純に半分にしている為、最後尾に元運転台があるものと無いものがあり、無い場合には最後尾客用扉部分に車掌も添乗している。
投石よけに窓には金網が張られている。
203系以前は12系客車、その前は在来の非冷房客車であった。
又、南鮮ロテム製の新造ディーゼルカーも数編成あるが、故障勝ちであまり見掛けない。

地上線走行の為、頻繁に警笛を吹鳴しながらの30〜40km/hでの運行となる。
運行頻度が粗い為、常に混雑しており、電化して運行頻度を上げればマニラとその南部間の主要交通機関には充分成り得るが、資金難がそれを阻んでいる。
今年から来年に掛けてインドネシア製の新造ディーゼル機関車が導入されるらしいが、現行GE製機関車の代替なのか増発用なのかは定かでない。
起点の次駅のブルメントゥリットで市内電車の1号線と連絡していて、その後は1号線と3号線の間を走る感じである。
改札の自動化はされておらず、近代化途上にある。
各駅のプラットフォームは新たに整備されたのが分かる程ではあるが、一部では1輌プラットフォームからはみ出るのはどうした事か。
それでも遠慮なく扉は開き、客も飛び降りるし、私もそうした。

尚、長距離夜行列車は、度重なる台風被害に復旧がならず、長期運休中である。折角、日本から特急北陸用の寝台車を持ち込んだのに惜しいことである。
私が利用した当時は、12系、14系(リクライニング車として少し運賃が高い)座席車での全車指定席であった。

マニラの市内鉄道 ケータイ投稿記事

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

このところマニラへ行く要件があって、昨年6月から4度程訪れている。
時間を見つけて趣味の鉄道を楽しんでいる。
マニラには市内鉄道3路線と国鉄1路線がある。

此処に挙げた写真は市内鉄道のものである。
厳密にはLRTとかMRTとか運営主体により分かれてはいるが、何号線とかの呼称は通し番号となっていて、1号線から3号線迄がある。

1号線は1984年開業の最古参路線で、バクラーランからルーズベルト迄の19.6kmである。モニュメント〜ルーズベルト間は最近の開業で、最終的には後述の3号線と繋がるも、設備面での相違により直通運転とはならないが、併せてマニラ首都圏で環状路線を形成する事になる。
最古参路線だけあって、車輌はベルギー製1000形、南鮮ロテム製1100形、近畿車輌・日本車輌製1200形の3種があり、スペインCAF製1300形の登場も間近となっている。
日本の鉄道に例えるなら広島電鉄や筑豊電鉄の様な路面電車スタイルの専用高架軌道である。
1000形は3車体連接を1ユニット(運転台は一方のみ)として、主に3ユニット(少数は2ユニットもある)での運行で、1ユニットは婦人専用車とされている。従って2ユニットの場合は男性は1ユニットに犇めく事となる。当初は非冷房であった。
1100形と1200形は2車体連接を1ユニットとして4ユニットで1編成としている。
ユニット間の貫通は不可である。

2号線は2003年に開業した最新路線で、車輌は日本の新幹線サイズの大型に片側5扉を備えた2000形の4輌編成である。車輌自体は南鮮ロテム製ながら電装品は東芝製である。
1号線中程のドロテオホセ至近のレクトと3号線中程のクバオを通りサントーラン迄13.8kmを結んでいる。
山手駅東側を1号線、西側を2号線と見立てれば、丁度中央線の様な感じである。

3号線は1999年開業で、バクラーランの隣のエドサからノースアベニュー間16.8kmを結んでいる。
車輌は1号線1000形タイプの3連接車0100形であるが、最近3000形を中共の大連ナントカで15本増備したものの仕様よりも重量超過と電気的不具合があって、東芝の監修を仰いで手を入れ間に合わすとの由。
3号線は保守を南鮮企業に任せた所、トラブル頻発となって、特亜の呪いをまともに受けている。そのせいか、1号線でも60km/h程で走るのに対して30km/h程度の全線徐行運転であった。特亜の出来もしない事を平気で受注する厚顔無恥さには呆れるばかりである。
1・2号線と共に全線高架ながら、マカティ地区が一部地下区間となっていて唯一の地下駅がある。

全線共通しているのは、急行運転はなく、5:30〜23:00頃の運行らしい。と云うのも頻繁運行故か駅に時刻表が無いのだ。
ジープニーと云う乗り合い自動車が全国的な公共輸送機関である為か、座席を詰め合う習慣が浸透していて、日本の様に隙間を作って座り混んできても我関せずとの馬鹿者はいない。
そればかりか、弱者に対して席を譲る姿は先日も1日で2度も目にした。
改札は自動化されてはいるが、1・3号線は出札が殆ど手売りで、その前に入場に際してセキュリティチェックがあり、混雑駅ではそこで行列 となってしまう。ペットボトル飲料の持ち込みも禁止されている。


コメント(4)

顔アイコン憲坊法師
===
3号線は保守を南鮮企業に任せた所、トラブル頻発となって、特亜の呪いをまともに受けている。そのせいか、1号線でも60km/h程で走るのに対して30km/h程度の全線徐行運転であった。特亜の出来もしない事を平気で受注する厚顔無恥さには呆れるばかりである。
===
そろそろ「Kの法則」に気付くころです。
2019/3/12(火) 午前 7:08
<<返信する
削除

あづまもぐら
> ガンコ爺TP400浮遊層こと憲坊法師様

フィリピンでも日本人と朝鮮人との違いはよく認識されていて、日本人は歓迎されるのに対して、朝鮮人はその多くが嫌われています。どうしで群れる、フィリピン人を見下す、騙す、けち等が理由です。ですから結構殺されています。事件報道されるのは一部で、警察でも「またかぁ」でさっさと片付けているケースも数多との事です。
しかし、事業に関しては入札制度もあって、また日本の商社が落札して特亜企業に発注している例もあります。
2019/3/12(火) 午前 11:22
<<返信する
削除

顔アイコンnek*m*ya_*orao
鉄道車両だからまだしも、
旅客機の分野に特亜が入り込んで来たら
新弟子舞う覚悟がいりますね。
2019/3/13(水) 午後 4:35
<<返信する
削除

あづまもぐら
> 猫宮トラオ様

人並みの知性があるなら分を弁えられる訳です。
知性が欠如しているか、ヒトではないかのどちらかとなります。
2019/3/13(水) 午後 4:46

全126ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事