あづまもぐらのブログ

趣味鉄道関係は書庫から検索して下さい。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

ハンセン氏病訴訟

私は公立小学校を卒業後、中学高校はプロテスタント系ミッションスクールで学んだ。
昭和40年代早々、中学2年の担任は生物担当の男性のH若教諭であった。
新年度のクラス替え発表後に各クラスへ集まり、席割も決まって着席すると担任からの挨拶となった。1年生から生物の授業はあったから既に生徒も全員知っていて、特段学校生活に於ける注意事項も改めて伝える必要はなかった。
そこでH若教諭は自身の事の一片を語った。

私は1人の癩病患者の方と10数年以上に亘り文通をしています。
永く癩病は隔離を必要とする疾病とされていて、潜伏期間は5年から10年と長いですが、もし手紙のやり取りで感染するなら、私もとっくに罹患していなければねりませんが、この様にしていません。
戦後には特効薬が開発されて今では不治の病でもなくなりました。
皆さんも偏見を持たぬ様に心掛けて下さい。

と、概ね斯様な内容であった。
私も筋の通った内容であるからその旨努めて来た。

先日、患者のみならずその家族に対する被害補償に対して、是とする判決が下り、政府も控訴をせぬ決定をした。

そもそも特効薬が開発されてから半世紀近くも放置されて来た事が異常であり、その間の立法府たる全国会議員、厚生省の担当職員の怠慢が招いた事と云える。
人権団体とか人権派弁護士とかも声を上げずにいた事も釈然としない。

先進国にあっては、まず法治であり、次にその法は弱者保護救済の観点から定められるべきであって、特効薬開発から長くても10年間の観察期間を置けば、法改定には充分であり、半世紀近くも何をしていたのかと思うものである。
確かに昭和30〜40年代は、我が国も高度成長を挟んだ期間で、国全体がヒートアップしていて、40年代最後期のオイルショックで我に返った感があり、例えば列車冷房等も整いつつあって、先進国としての体裁を整えつつあった訳で、大目に考えても、昭和50年代早々には手を着けるべきであったと思う。


コメント(6)

顔アイコン憲坊法師
行政の怠慢を上げればきりがないですが、
===
先日、患者のみならずその家族に対する被害補償に対して、是とする判決が下り、政府も控訴をせぬ決定をした。
===
私にはどうも選挙前ということが絡んでいるのではないかと邪推しています。
2019/7/15(月) 午前 11:25
<<返信する
削除

あづまもぐら
> ガンコ爺TP400浮遊層こと憲坊法師様

時節柄斯様な推測も可能ながら、心の内は確証する手立てがありません。
2019/7/15(月) 午後 3:54
<<返信する
削除

顔アイコンnek*m*ya_*orao
流石に良い教育を受けて来られたのですね。
恥ずかしながら、小生はこの件に関し義務教育段階では
何も教わりませんでした。かなり後になってから、武将もの読み物にて
石田三成が茶会の席で、大谷吉継の膿汁の入った茶を、
彼への友情から、衆人環視の前で堂々と飲み干した・・・
なる故事で、そこから入って行って初めて知った程度です。
しかし、最近まで放置していたとは何なんでしょう。

放置といえば、国家の主権と国民の生命を守るべき実力機関が、
憲法上では「幽霊」となったまま70年になろうとするのも
恥ずべきことです。
2019/7/15(月) 午後 9:31
<<返信する
削除

顔アイコン五月のなすび
たかおじさんです

ハンセン氏病と言えば松本清張の砂の器を思い出します。主人公と父親がどのような目に遭ってきたかが強く印象にありますが、今回の訴訟がこれほど長引いたのは、一般の国民が無意識にこの問題を遠ざけていたからではないかと思えて仕方がありません。
この病気はかつては癩病、業病などといわれ、西欧では神の罰だとされていました。患者は隔離されるだけで死ぬのを待つしか無かったといわれています。

その感覚が無意識のうちに日本人(だけでは無いですが)の目をそらしていたのでは無いかと思う次第です。
2019/7/15(月) 午後 10:57
<<返信する
削除

あづまもぐら
> 猫宮トラオ様

自国民の生命と財産を守るのが国家の責務なのに、その遂行を阻む憲法の放置ですね。
共産党等は、発布当時と現在とでは真反対の意見なのも不思議ですねぇ。
領海侵犯が恒常化していてさえも暢気に構えるゴケン派の国家使命よりも上にイワシのアタマを掲げる事に執着する姿は、私には異様そのものに思えます。
それ以前に、解釈でいくらでも意図を変更出来る文章は無いに等しく、反対方向への解釈も可能な事を意味しますから、仮に共産党等が政権を執ったら危険とも感じるものです。
2019/7/15(月) 午後 11:05
<<返信する
削除

あづまもぐら
> たかおじさん様

確かに仰有る要素もありますね。
身近になければ、今回の家族に迄及んだ事柄迄は想定出来ませんし、実際に中学で担任から話を聞いた私もそうでした。
当該の家族に何故声を上げなかったのかを問うのが酷な事は自明でもあります。
類似の疾病にあっても、同類の事が起きぬ様に、また疾病ではありませんが犯罪加害者の家族に対しても同じ事があってはならぬと思うもので、この点に関してはメディアに対して特に留意を促すものです。
2019/7/16(火) 午前 1:51
昨日、参院選を控えての党首記者会見があった。
その中で、我が国政府の戦略品目輸出に於ける大韓民国のホワイト国指定からの除外に関して、司会役の記者の制裁との認識を安倍総理が明確に「あなたの認識は誤りである」と指摘した。その記者は一片の反論を挟む余地はなかった。
国防を鑑みてとは、北鮮への瀬取り協力やその現場での我が国航空機へのレーダー照射を指してのものであり、徴用工判決から当該日本企業の資産差押えとは別であるのは明白である。
実際問題として、次から次へと起きた敵対行為ではあるが、報道に携わる者ならば整理して捉える事が肝要である。
半世紀前、午後のTV番組は主婦向けに昼メロと呼ばれる番組があった。その後、フジで"3時のあなた"なる番組が嚆矢となって、今や午前中も含めて一部を除く各民放とも報道ワイドショーが花盛りである。そこに出てくるコメンテーターもまた先の記者と似たり寄ったりの輩で、己れのイデオロギーに従った結論ありきのコメントをする者が数多であって、正鵠を射るものは一握りに過ぎない。
嘆かわしい迄の"放送界"である。

少女を拐い、性的暴行の果てに殺害し、遺体を切断の上遺棄した犯罪者への最高裁判決が為された。一審の裁判員裁判での死刑を覆した二審の高裁判決と同じく、無期懲役であった。
山口厚裁判官は、計画性が無い、1人しか殺しておらず死刑にするほどではない等の理由を挙げた。
1人殺せば充分死刑に適うとの私の認識はおかしいのであろうか。剰え被害者は未成年どころか学童から学生に当たる女子である。
この判決を子供に説明出来るであろうか。か弱き女子を暴行殺害をしても計画的でなく1人なら残虐性もないと子供に私は理解させる事は出来ない。
この山口厚が殺される分には何の心の痛みも覚えるものではなく、寧ろ赤飯を炊くであろう。
この件に限らず、同種の判決は幾度となく為されて来た。
万が一見つかって捕まっても死刑にはならないから俺もやってみようと考える不埒者に類似犯行を助長すると私は考えもする。自分の子ならまだマシと考えてか、子殺しが平気で罷り通る昨今、一概に無関係とも思えぬ。
裁判で恒例の精神鑑定は、裁判官に対して為されるべきと考えずに居られない。
嘆かわしい迄の"法曹界"である。

斯様な放送界や法曹界の事案、事例を頻繁に見聞きするに及び、今では
「ほう、そうかい」と反応が鈍るのを恐ろしく感じる。


コメント(4)

顔アイコン憲坊法師
TBさせていただきました。
山口厚一人なら...
2019/7/4(木) 午後 10:29
<<返信する
削除

あづまもぐら
> ガンコ爺TP400浮遊層こと憲坊法師様

はい、こちらこそ宜しく申し上げます。
2019/7/4(木) 午後 10:32
<<返信する
削除

顔アイコンnek*m*ya_*orao
いつも拙ブログに書いていますが、古代の蘇我物部の対立も、近世の攘夷論にしても大陸や南方から来る外国人や
帰国邦人が齎す「疱瘡」など疫病に対する恐怖心が背景に
あります。
で、放送も法曹も何処からかの政治思想に感染して、オカシクなっているのでしょう。
ホウソウはホウソウでも蜂巣(ほうそう)界は、斯様な
愚論妄論に惑わされることなく、今日も花から花へ採蜜に
せっせと勤しんでいるようです。
2019/7/5(金) 午前 11:15
<<返信する
削除

あづまもぐら
> 何処からかの政治思想に感染して

これが反日野党だけでないのが問題で、
例えば軽減税率等との愚を真似したがるのです。舶来コンプレックスなのでしょうか、商人はその為にキャッシュレジスターを更新せねばならない訳です。店の中で喰らうか外で喰らうかなんてバカ丸出しですわ。ちょこっと味見して食い切れなかったと称して"残り"を持ち帰るとかどう解釈するのか、そんなこんなの精度なき制度をわざわざしたがる訳です。
2019/7/5(金) 午後 7:43

開く トラックバック(1)

中世に三条河原で芸を披露して収入を得る事を生業とする者を指して河原者と称した。
当時は農業社会であって、統治者は年貢として徴税をした。年貢は庄屋なり地主を通して納められたから年貢を除いた収穫から小作農民への支払いが為されたから、小作農民も間接的に納税をしていた事となる。
これに対して河原者は、納税をしていなかった故に、如何に華美な衣装を纏おうが、水呑百姓以下の存在であって、それを卑下する意味で河原乞食との蔑称となった。

太平洋の向こうでは、経済的理由や思想的理由から干渉を受け難い砂漠の中に映画撮影の拠点が作られ、今やハリウッドとなって芸能の代名詞ともなっている。差詰め、こちらは砂漠乞食であろうか。

国家自体も近代化された今は、徴税システムも整備され、芸能人にあっても徴税システムからは漏れる事はない。従ってそれに携わる者は、徴税から多少誤魔化しの利く面はある(一例として示すならオヒネリやタニマチからの世話等)にしろ河原乞食として逃れる事は出来ないし、慈善行為による社会貢献をする者もいて、現代にあっては河原乞食呼ばわりするのは適切ではない。

しかし、興行事はその歴史的経緯を引き摺っていて、反社会勢力との絡みを排除しきれぬ面は否めない。

夏になると海水浴場には"海の家"が建つ。その海岸縁は公有地であって、海の家業者は国等から入札を経てその営業権を得る。海水浴自体が比較的新しい行為である故に反社会勢力が介入する余地が無かったのであろう。
国が真面目に反社会勢力の資金源を絶とうとするなら、彼等の業務を国営とするのがよい。
売春等はその最たるもので、これを国家ライセンス制にして疾病検査も漏れなく行い、反社会勢力によるピンはね分を国庫収入とし従事者からも徴税するなら、従事者も立派に義務を果たす国民とされ卑下される事もない。如何なる仕事も社会でそれを必要とする以上は誰かがせねばならぬのである。それにより収入を得て納税するのであれば、立派なものである。
この辺りの大人の事情を理解出来ずに、表っ面だけで売春防止法如きで事の解決とするのでは、それは子供の思考でしかない。
間違いではないが正解ではないのだ。タテマエの国かホンネの国かの境目は此処にある。

お笑い芸人が反社会勢力に呼ばれて仕事をし報酬を得た事で解雇だの謹慎だのと騒がれている。騒いでいるのがメディアである点も笑える。メディア記者などそれこそコバンザメの様にまとわりついて、上手くすればおこぼれに与ろうとの類いであって、河原乞食以下(猫宮トラオ様より"羽織ゴロ"なる通称との御指摘を戴いた)のくせに!

私は個人的には芸人に興味もないし、最近のお笑いは面白いとも思わず彼等を擁護する気もないが、彼等も生活があり稼げる内に正規の仕事をして収入を得るのを非難される点が分からない。但し、"納税逃れ"を許すのではない。
反社会勢力の事務所で水道工事をする業者は許されないのか?
電力会社は給電して電気代を徴収してはならないのか?
お祭りで一部には反社会勢力の構成員が混じる屋台で買い物をする事は、金を取るどころか金を払う点でより悪い事で、客である国民はもっと許されない事をしているのではないのか?
となる。
テキ屋にも国家ライセンスを与えるか?


コメント(6)

顔アイコンnek*m*ya_*orao
>メディア記者

「羽織りゴロ」なる立派な別称がありましたね。
今なら「スーツゴロ」とか。
彼奴らが「スクープだぁ!」と、はしゃぎ回っている陰に
何らかの弱みをネタに、マスゴミに追い回された挙句、
内部情報を吐かされた公務員の自殺もあるようです。
ヤクザを取締る法律はあっても、マスゴミを取締る法はない。
で、当該芸人の本音で言えば、
「ホンマモンの極道から仕事の注文、面と向こうて断れる
んやったら誰も苦労せーへんわ!」と言ったところでしょう。
彼奴らマスゴミは攻め易い「底辺芸人」を叩きますが、
チョッと背後関係がアレな「某生コン関連組合」が多数の
逮捕者を出すほど問題を起こしているのに「アンタッチ」
でして、まさに「弱いものイジメ」。
いつか、マスゴミから「いじめ問題」で取材を受けたら、
「アンタらのやってることが、イジメそのモノやがな」
言ってやります。(そんな機会ないだろうけど)
2019/6/27(木) 午後 4:43
<<返信する
削除

あづまもぐら
> 猫宮トラオ様

羽織ゴロ!
日常的に羽織を着ていた時代から既に斯様に呼ばれていましたね。恐らく伝書鳩が通信手段の一つであった時代です。
最近では満足に日本語も扱えぬくせに成り上がっています。
日本語が満足ではないとは、その母体たる日本的文化素養も持ち合わせぬ事を意味します。
殺人とか障害で収監されている人員構成と反社会勢力やメディアの人員構成は、背景とする文化で分類するなら類似しているのかも知れません。
2019/6/27(木) 午後 5:09
<<返信する
削除

顔アイコン憲坊法師
とにかくまともに直接税を払う人が一人前であって、直接税を払わない(扶養家族など)は一人前ではないのです。
それから脱税をする奴らは、たとえ巧妙な脳科学者であっても、噺家であっても国民の敵とみなすべきです。
2019/6/29(土) 午後 10:48
<<返信する
削除

あづまもぐら
> ガンコ爺TP400浮遊層こと憲坊法師様

反社会勢力は収入の得かたが違法で、納税しようとするなら雑収入で申告できなくもないながら脱税します。
脱税をして恥じぬ学者やら芸人は、収入の得かたは合法で、策を巡らせて脱税する訳ですから反社会勢力より積極的脱税となります。
この度は、消費税の軽減を受けて売上低下から逃れようとする業種も見られ、こちらはまた別の意味で根性が歪んでいると云えます。
以上、屑の形態を分類してみました。
2019/6/29(土) 午後 11:11
<<返信する
削除

顔アイコン憲坊法師
===
こちらはまた別の意味で根性が歪んでいると云えます。
===
根性が歪んでいないマスゴミを探すことはラクダを針の穴に通すよりむつかしい。
2019/7/5(金) 午前 1:18
<<返信する
削除

あづまもぐら
> ガンコ爺TP400浮遊層こと憲坊法師様

ラクダのコブは多くて2つ、マスゴミは全身コブだらけでコブ取り爺さんも真っ青ですから。
2019/7/5(金) 午前 6:10
北上して今日日本へ接近した熱帯低気圧が台風になる可能性があるとの事である。
G20開催で各国首脳が到着する大阪へ正にタイミングを合わせた如きである。

台風と熱帯低気圧の違いは、簡単に云えば勢力の強さである。
通常は赤道域で発生した熱帯低気圧がフィリピン沖辺りで台風となり、日本を過ぎた辺りで低気圧へと変化し、高緯度域で消滅する。
この度の熱帯低気圧はフィリピン沖で発生し、日本南岸に至って台風化するのであって、日本近海での多量の水蒸気を得てこそ可能となる訳である。
つまり、日本近海の海水温が高い事を示していて、地球温暖化の証左なのである。

最近は通常聞かぬ産地での魚が売られていたりするが、これも海流の変化がもたらした異変であり、今回の温帯域での台風化と同根である。

G20首脳への地球温暖化に対する天から警鐘と捉えて然るべきと思える。


※その後、3号セーパットとなった

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

南海電鉄は、現有私鉄路線(会社ではなく路線)としては日本最古であって、蒸気機関車での運行に始まる(関東では東武がそうである)。
驚くべき事に天下茶屋〜粉浜間は大正時代に複々線化されていて、これまた私鉄最古である。
斯様な経緯から配線にも珍しい形態が残っているが、高架化により10年以内に消える定めにあるものがある。

現在、堺市域〜高石市域の2.7km区間の立体交差工事が令和10年完工を目指して始まっていて、その区間にある諏訪ノ森、浜寺公園の両駅の特徴的な配線も失われるのだ。

写真は、上り列車からの車窓で、浜寺公園手前の仮線設営、浜寺公園駅南端、同中央部、同北端、諏訪ノ森駅中央部である。

浜寺公園駅は、緩行列車が優等列車の待避が行える様に副本線を有している。和歌山市方面への下り線は島式プラットフォームの両面に線路を構える一般的な形態ながら、難波方面の上り線は長いプラットフォームを前後で使い分けるタンデム型の配線となっていて、最近新設した例としては京浜急行の蒲田駅本線側と同じである。以前は東武の北千住もそうであったが日比谷線を上に移して解消された(特急用プラットフォームが如何なる形態かはまだ見ていない)。
上りプラットフォームの南半分は無くても支障はないが、分岐ポイントでの乗り心地や速度制限が全停車列車に及ぶのを避けているとも云える。
京浜急行の生麦駅では、従来よりある下り本線側プラットフォームを廃止する(した?)のとは逆であるが、浜寺公園での待避普通列車は限定的なのに対して、生麦では殆どが待避普通列車である事が異なると云える。

諏訪ノ森駅は対向式プラットフォームながら、踏切を挟んで上下線プラットフォームが対峙する形態で、路面電車にはよくあるものではある。但し、汽車鉄道発祥の南海である点が興味深い。昔の南武線武蔵溝ノ口駅が同様であったと記憶している。敢えて似た配線を探すなら、東武伊勢崎線の梅島駅が島式ながら上下線を真ん中で区切って使い分けている点で同類であろう。

全てに共通するのは用地的制約からの知恵に由来する以外にはなく、永い歴史の中での産物と云える。


コメント(8)

顔アイコン憲坊法師
浜寺公園駅では退避列車か通常列車かによって乗客は右往左往するわけですか?
そして退避列車用のプラットフォームは幅が狭いわけですね。
KQ蒲田要塞には2012年に野次馬として言って見たのですが、ルポを書くのを忘れてしまいました。

https://blogs.yahoo.co.jp/higashidake/63755604.html
https://blogs.yahoo.co.jp/higashidake/63746296.html
これが面白い:
https://matome.naver.jp/odai/2135213209595845001
2019/6/22(土) 午前 6:45
<<返信する
削除

あづまもぐら
> ガンコ爺TP400浮遊層こと憲坊法師様

浜寺公園での待避線使用は朝夕のラッシュ時間帯だけで、待避列車が断続的となる夕刻が紛らわしくなりますが、上り線改札口からどちらも近いので問題ありません。
京急蒲田は、そもそも羽田空港から品川横浜両方面へ各々直通列車を頻発運行しているのに、蒲田で反対方向行快特へ乗り換えさせる事が一見親切そうで実は余計な事なのです。横浜横須賀方面の乗客へのサービス低下と蒲田駅プラットフォームでの一般乗客との錯綜を招いているのです。快特を蒲田通過とすれば、本線プラットフォームへ普通列車を停める余裕も生まれ、"当駅止まりの列車の通過"をせずに済み、何よりも長距離優等列車の所要時分短縮がなります。
2019/6/22(土) 午前 7:39
<<返信する
削除

顔アイコンリターンクランクてつぞう
蒸気列車のころから、食堂車連結してたとか聞きます。乗務していた女子の給仕の写真を見たことがあります。当時大変話題になり、給仕になるのが憧れだったとか。
その後電化して電車急行クイシニ。1等・食堂合造で4連固定編成、木造車。もはや伝説の急行電車。タイムマシンがあったら私はクイシニの食堂で赤ワイン片手に、浜寺の紺碧の海を車窓から愛でたい。
2019/6/23(日) 午後 3:06
<<返信する
削除

あづまもぐら
> リターンクランクてつぞう様

金曜日に久米田から阪和線で天王寺迄乗りました。
阪和線は駅の造りや構えが極めて私鉄的で、紀勢線特急が走る姿を見ると何か不似合いさを覚えるものですが、逆に南海線には東武伊勢崎線同様の汽車臭の漂いがあって、大阪〜和歌山間は私鉄とJRの雰囲気が逆なのが他所にはないものです。
一方で高野線には汽車臭は無く、大阪支店から堺市内辺りの建て込みをカーブしながら走る景色は東横線風でもあります。
出自は争えぬものと思えるものです。

伝説のクイシニや冷房車、2000系に牽かれるサハ4801黒潮とか如何なものだったのでしょうね。
四国連絡特急の指定席や南紀直通DC迄がやっとこさ間に合った次第です。
2019/6/23(日) 午後 4:19
<<返信する
削除

顔アイコンリターンクランクてつぞう
今日、所用で春日部駅乗り降りしましたが、駅が汽車列車の佇まいが未だ残っていました。しかも醤油ラーメンのいい香りが漂っていて、駅ナカでファッション志向のJRとは一味ちがうとーぶワールドでした。退避の中線も健在ですよ。南海と東武・・・。歴史を色濃く漂わす私鉄ですね。
2019/6/23(日) 午後 4:31
<<返信する
削除

あづまもぐら
> リターンクランクてつぞう様

東武には春日部の先に杉戸機関区なんてものもありましたね。
8000系列の712輌は京浜急行の1形式私鉄最多の1000形356輌の丁度2倍。まぁ、解釈の問題もありますが。
有料急行ばかりか日光快速が消えても消え残る汽車感……
昨年、久しぶりに北千住を通りましたが、いやぁ広々していた事にオッタマゲ〜でした。
そう言えば、私鉄最後の赤帽さんも東武よ浅草でしたね。
浅草から伊勢崎、東武宇都宮へと73・78系準急が懐かしい。丁寧に便所まで設備して。
便所付きゲタ電は近鉄大阪線急行だけかと思いきや、JREにて大増殖に。おいっ、JRE、ちょっと違ってないかい?
松本〜いわきの乗車券で通用当日限り、下車前途無効とは。
2019/6/23(日) 午後 5:04
<<返信する
削除

顔アイコンリターンクランクてつぞう
蒸気機関車の貨物が昭和30年代まであった私鉄です。
ネルソンやピーコックの明治生まれの機関車が、デラックス特急1720系と行き交うとか凄い世界ですね。電化後は茶色の電気機関車ED5000系列が重連でホッパー車を引いて走るのを撮りました。その直後、白帯B特急の1700系が駆け抜けて行きました。
ぶらんで〜とTOBU。
2019/6/23(日) 午後 10:00
<<返信する
削除

あづまもぐら
> リターンクランクてつぞう様

館林とかでピーコックが煙を吐いていたのが、つい先日の事の様に浮かびます。
青帯急行は日光線にも健在で、5700系"にょほう"号を浅草で1700系特急"さち"号と共に見ました。昭和40年ね。それ以前だったか、中央前橋行の急行もありました。
とにかく何でもある東武でした。
2019/6/23(日) 午後 10:36

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事