あづまもぐらのブログ

趣味鉄道関係は書庫から検索して下さい。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

丸山君、TPOを弁え給え

北方領土を武力で奪い返すかを問うた丸山議員の所業に対して、日本維新の会は除名を行い、メディアは議員辞職世論を醸さんとするに忙しい。
その要旨は武力行使を非とする点に基づくのだが、自国領の防衛に対して、武力は認められているとの解釈が憲法に就いては為されている。

憲法の解釈を是とせず、如何なる場合にあっても武力を否定するなら、彼への辞職要求にも一理はある。しかし、その前に"同じ文章をどーにでも解釈出来る憲法"を改めるべく先ず主張するのが筋であって、それをせずに丸山議員を非難する資格はない。
私はイデオロギーからではなく、曖昧な表現や矛盾を内包する点から憲法の改正を求める。次いでに云うなら、憲法に加筆するだけと云うのも上の問題解決にはならぬ誤魔化しとしか解釈出来ない。

丸山議員の間違いはTPOの問題なのである。
懇親会で酒に酔った勢いにではなく、討論すべき場で素面で論じるべき問題なのである。

北方領土問題の相手国ロシアに就いては、つい最近に"武装を減らし、核兵器を返上したウクライナ"から武力でクリミア半島を奪った事実がある。
ロシアは"元来ロシアの領土であった(確かにフルシチョフ時代にウクライナへ割譲された)"ものを取り返したのだと云う。
その一方で、我が国の北方領土は元来日本の領土でありながらWW2のどさくさ紛れに武力で強奪したのを正当化しているのである。
ここで"元来の領土"と"武力"の2つのキーワードに注目するなら、一方では元来ロシア領と云って奪取し、他方では元来日本領を無視している。
どちらも武力によって奪取している点では共通している。
従って領土獲得に関して肯定的に読み取れる要因は"元来の領土"ではなく、"武力"となっているのがことロシアに関してだけでも事実なのである。
これらは事実への考察であって、感情論とは異なる時限の話となる。

因みに戦争をした訳でもないのにドロボーされたのは竹島であり、武力行使せず取り返したのは沖縄である。
佐藤栄作総理がノーベル平和賞に値したのは、歴史的に稀な武力行使抜きでの領土回復に因るものである。


コメント(10)

顔アイコンnek*m*ya_*orao
彼は墓参団団長がマスゴミから取材されている最中に、
酒気を帯びて割り込む形で団長に質問をぶつけたと。
まあ、マスゴミは昔から行儀が悪いですが、同じような
行儀の悪さを真似てはなりません。

そして、ある意味で「素人の一般人」を相手でなく、
公式の場でもって、
「相手は一方的侵略戦争でもって領土と国民の生命財産も奪った。
この先何度話し合いを繰り返しても解決しないなら、
次はどうすべきか」
を問いかけるべきでした。
それも、ウクライナの例などを挙げたうえで。

そうやって、国の主権(=国民の主権)も、国民の生命財産
も守れない現行憲法自体が「憲法違反」なのです。と主張
すべきでした。
2019/5/15(水) 午後 9:18
<<返信する
削除

顔アイコン鶴ヶ魂
目的のためには手段など選ばない、まさに丸山の思考は「維新志士」の思考ですな。
2019/5/15(水) 午後 9:57
<<返信する
削除

あづまもぐら
> 猫宮トラオ様

はい、全くその通りです。
ついでに、酒は理性を狂わせます。
酒に甘い日本の社会風潮も改めねばなりません。
2019/5/15(水) 午後 11:15
<<返信する
削除

あづまもぐら
> 鶴ヶ魂桐

でも、犬死にしては意味がありませんね。
筋道つけて場を選ばねば真意が曲げられかねません、殊に揚げ足取りしか出来ぬ日本のメディアですから。
2019/5/16(木) 午前 0:15
<<返信する
削除

顔アイコン憲坊法師
===
"同じ文章をどーにでも解釈出来る憲法"を改める
===
知能指数の低い夜盗にはむつかしすぎる;

===
それをせずに丸山議員を非難する
===
知能指数の低い何でも反対の野党にもできる。
TBさせていただきました。
2019/5/16(木) 午前 4:47
<<返信する
削除

あづまもぐら
> ガンコ爺TP400浮遊層こと憲坊法師

同じ「何たる愚行か!」であっても、発言内容に対してもあれば、発言場面、発言場所、発言方法に対してもあります。
また、他人を批判するなら自らも先ず整合性のある発言を常日頃からしておらねばその資格はありません。それでなければ、正に"目糞鼻糞を笑う"でしかなく、目糞新聞、目糞TV、目糞タレント、目糞議員が今日も"我こそは正義、時には性戯のくせ"面して騒いでいます。
2019/5/16(木) 午前 8:56
<<返信する
削除

顔アイコンデモノフォビア
どこかで聞いた名前と思っていましたが、以前橋下に罵倒されまくって維新を辞める→やっぱり撤回、って騒動を引き起こした人でしたか。

うかつな性根は結局治ってなかったのね・・・。
東大に入ってエリートになる勉強はしても、人の心を慮る人生勉強はしてこなかった典型例。
こ奴の場合、その一言に尽きるのではないでしょうか。
2019/5/16(木) 午後 7:15
<<返信する
削除

顔アイコン五月のなすび
たかおじさんです

丸山議員は、国会質疑でいうべきでしたね。ソ連が一方的にどさくさ紛れで領土泥棒をしたのは事実です。結局領土とは力で確保するもの。例外はほとんどありません。おっしゃるような沖縄や、米国のアラスカなどくらいなものでしょうか。

理屈が通らない相手は、結果として力で理屈を受け入れさせるしかないわけで、ある意味丸山議員の言葉は正論なんですけれどね、憲法9条があるような日本、そして9条教信者がいまだ大多数の日本では維新も彼をかばうわけにはいかないでしょうね。丸山氏は、領土を取り戻す手段を言ったのであって別に今戦争をしようと言ったわけじゃないんでしょうけど。

結局、改憲の必要性がさらに明らかになるということです。
2019/5/16(木) 午後 8:28
<<返信する
削除

あづまもぐら
> デモノフォビア様

斯様な経緯があったのですか。
仮にあの場で武力奪取や武力奪回を問うなら、そこへ持って行く話の仕方もあったでしょうに。持って行かずにいきなり結論を持ち出せば、人はそれぞれの体験に基づく主張がありますから、波風も立とうと云うものと思います。
2019/5/16(木) 午後 8:52
<<返信する
削除

あづまもぐら
> たかおじさん様

本来の日本人であるなら、相手の言わんとする点を斟酌して理解する気風を有するものです。
しかし、意識的に悪意を持って問題化を謀る風潮(簡単に謂えば揚げ足取りですが)が溢れ、余え狂信的な主張に凝り固まった意見が声高に為されるテーマですから、酔っ払った状態で臨むべきテーマではないと思います。
仮に云うのであれば、"古来よりその多くが武力決着されて来た問題への苦心はどうしたものでしょうか"などと相手に余地を与えつつもポイントを衝く工夫があって然るべきと思います。そして余地へはみ出して来た所を理詰めで押し返す。これらは国会で国民衆目の中でやって欲しいと思うものです。
30半ばの兄ちゃんには無理かな。学者の扱う分野でもなき故に東大でも教えてはいなさそうですし。
2019/5/16(木) 午後 9:20

開く コメント(10)

開く トラックバック(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事