あづまもぐらのブログ

趣味鉄道関係は書庫から検索して下さい。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

世界水泳競技会が行われている。
100m自由形では概ね50秒として、秒速2m、1/100秒で2cm進む事となる。
最近では短水路50mの競技もあって、僅差の勝負となっている。

今更云うまでもなく、一般的傾向ながら欧米人は身長が高い。
身長差が15cmあれば、時分にして50mで15/200秒程度のアドヴァンテージが長身選手にある事となる。
100mならばその2倍となって0.15秒、200mで0.3秒、800mでは0.6秒に拡がる。

要するに泳ぐ速度で比べるなら、2着が1着より上回る事となる。

欧米が自分らに有利なルールを変えるとは思えぬ(その逆はスキージャンプでの板の長さ制限等、恥じる事なくやっている)。
手を着いた事を着順とするのを変えろとは云わぬが、タイム、着順に加え、平均速度も掲出するなら、興味もより深まると思える。


コメント(4)

顔アイコン憲坊法師
そんな割り算を含むような難しいことを連盟がやるとは思えない。
2019/7/28(日) 午後 11:57
<<返信する
削除

あづまもぐら
> ガンコ爺TP400浮遊層こと憲坊法師様

水路長−身長×(ターン数+1)=距離
距離をタイムで割れば速度ですから、選手の身長だけの入力で出来るのは今更云う迄もありません。
それとなく参考欄に速度を示して、斯様な視点もあると、ノッポ民族に対するチビ民族からのせめてもの抵抗をと思う訳です。
2019/7/29(月) 午前 0:48
<<返信する
削除

顔アイコンnek*m*ya_*orao
かつて、阪神3011形特急現役時代、大阪・(神戸)三宮間
所要時間は、阪神、国鉄とも同タイムでしたが、そごう
百貨店三宮店(の地下が阪神三宮駅)の壁面に堂々と
「大阪神戸一番速い阪神電車」と大書されてました。
それを思いだす話題ですね。
2019/7/30(火) 午前 9:09
<<返信する
削除

あづまもぐら
> 猫宮トラオ様

国鉄30.6kmに対して阪神31.2km、阪急32.3kmですから、国鉄と同所要時分、阪急は少し余分にかかったた訳ですね。
現在の新快速で21分、快速27分に対して、阪神31分は人口密集地に細かく駅を設け、緩急結合ダイヤでの対処なのでしょう。緩行の36分と快速27分の間と云う微妙な位置にありますね。
阪神はよく乗りますが、ダイヤはスムーズに組まれていて、信号待機もたまにしかなく、要するに運行パターンが硬直化している感があります。
阪神本線は現在の高架化工事を終えると、芦屋付近と岩屋付近だけとなりますから、最高速度を見直し、20分間隔で難波線から来る快速急行と雁行する特急は停車駅を絞って、少なくともJRの快速だけは越えようとする気概を欲しく思います。
2019/7/30(火) 午後 2:12

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事