サッシ屋のブログ

サッシ・ガラス・エクステリアについて耳よりな情報などなど・・

全体表示

[ リスト ]

またまた浴室折戸の取替工事がありました。

イメージ 1

↑(旧)松下電工製ユニットバスの折戸です。
平成10年発売の浴室ドア「ザオーレ」という機種で、オール樹脂製のオシャレな商品なのですが・・・


イメージ 2

↑折戸の開閉する側(可動側)の上吊り部品が劣化して、折れてしまって宙ぶらりんになっています。
ここ数年同様のケースが続いていて、やはり20年経過すると部品がもろくなるのかなあ・・・という感じです。

メンテナンス用の上吊り部品も入手できるのですが、今回はいつものようにリフォーム専用枠の新しい浴室折戸へ取替することになりました。


イメージ 3

↑そのままでは新しい折戸枠が付けにくいので、あらかじめ下地材を入れておきます。上枠には平べったいアルミ板(フラットバー)を取付。


イメージ 4

↑下枠には、L型のアルミ部材(Lアングル)を付けて、新しい枠の取付面をフラットにしておきます。


イメージ 5

↑こうして出来上がった新しい折戸です!


イメージ 6

↑今回も下枠部分はパッキンの高さだけで抑えられました。

このアパート物件で2回目の取替工事でした。まだ続くかな・・・?

【採用商品】
 ・YKKAP サニセーフⅡ 折戸Sタイプ(サイズオーダー) 四方アタッチメント枠   色:シルバー




閉じる コメント(2)

ナイスな仕上げですね!!
お客様も今まで以上にお風呂が快適にお使いになられるかと思います!

2019/3/10(日) 午前 0:36 [ シュウ ]

シュウさん、いつもコメント有難うございます。
パナソニック電工からも旧タイプ折れ戸の取替用が発売されているのですが、結構高価なので、カバー工法で枠ごと替えることをオススメしています。

2019/3/10(日) 午前 8:20 じょん吉

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事