サッシ屋のブログ

サッシ・ガラス・エクステリアについて耳よりな情報などなど・・

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全175ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

とうとう中国地方も梅雨入りし、屋外工事の日程が組みにくい時期になりました・・・
そうなる直前に完成した現場です。

弊社社長宅のご近所で、OBのお客様からのご依頼でした。
南側境界のスチールフェンスがかなり錆びついてきて、危険でもあるので、アルミ製のフェンスに取り替えすることになりました。

 【施工前①】

イメージ 1

 【施工後①】

イメージ 2


 【施工前②】

イメージ 3

 【施工後②】 

イメージ 4

今までのフェンスを撤去し、新たに支柱用の穴を機械で空け直して、アルミフェンスを設置しました。

この工事の時には、連続して現場に入れられたのですが、これからしばらくは難しくなりそうですね。

【採用商品】
 ・リクシル アルミ形材フェンスハイサモア 色:ブロンズ
  フリー支柱 幅1972ミリ×高さ600ミリ(1枚)




木目調の玄関ドアへ

梅雨が近づき、気温が一気に上がってきたので、作業着を夏服モードに替えて頑張っております・・・
先日工事した現場をご紹介します。

イメージ 1

↑今ある木製の玄関ドアが古くなっており、玄関ポーチのタイル貼り替えと同時にリフォームすることになりました。

今回もいくつかの取り替え後イメージプランを提示いたしました。

        (プラン1)
イメージ 2

        (プラン2)
イメージ 3

        (プラン3)
イメージ 4

結果、お客様には木目調のデザインを選んでいただき、実際施工したのがこちら↓

イメージ 5

玄関まわりが明るい雰囲気に変わったと思います。
タイルも新しくなって、スッキリしました。
お客様に満足していただいて、うれしい限りでした。

【採用商品】
 ・リクシル リシェント玄関ドア3 断熱K4仕様 色:クリエラスク
  片開きランマ付(サイズオーダー) ドア本体:M27型
  外額縁50 内額縁(大)




いつもお世話になっているOBのお客様からのご依頼でした。

イメージ 1

↑家の玄関ポーチに貼ってあるタイルの劣化が部分的に目立ってきました。
このタイルをキレイに一新したいということで、貼り替え工事を承りました。


イメージ 2

↑専門のタイル職人さんに施工をお願いして、以前とはまた違った雰囲気に生まれ変わりました。


イメージ 3

↑拡大するとこんな感じです。まずは工事前。


イメージ 4

↑工事後の状況です。30センチ角のタイルを使用し、落ち着いた玄関ポーチになりました。


イメージ 5

↑タイルの色調に合わせて、側面の手すりも取り替えました。
ウッドデッキ専用の商品ですが、お客様のご了解をいただいて設置させていただきました。

今回初めて玄関ポーチのタイルを調べましたが、あまりの種類の多さに驚き、どのデザインが適当か正直悩みました・・・。

最終的にはお客様に選定していただいたのですが、完成してみると周囲の雰囲気とマッチしていて、お客様のセンスに脱帽しました。
またまた、勉強になった現場でした。

【採用商品】
 (玄関ポーチタイル)
 ・リクシル グレイスランド グラニット調 色番:GRL−12
   
 (手すり)
 ・YKKAP ルシアスデッキフェンス ステップ補助用フェンス 色:カームブラック
  

連休明けですが、すぐに仕事モードに慣れていきません・・・そんな中の現場でした。
玄関と勝手口ドアの取替工事を承りました。

イメージ 1

↑まずは玄関から。木製ドアから明るいドアへ替えたいとのご要望でした。


イメージ 2

↑格子柄が入ったガラス面の広いアルミドアへ変身しました。


イメージ 3

↑次は勝手口。こちらも明かりを採り入れたいということで・・・


イメージ 4

↑上半分はガラス、下半分はアルミパネル入りのドアに変わりました。

どちらもずいぶん明るくなったので、お客様に喜んでいただきました。

【採用商品】
 (玄関ドア)
 ・リクシル クリエラR 内付型 色:オータムブラウン
  ランマ付き片開き(サイズオーダー) ドア本体:14型 把手B型
 
 (勝手口ドア)
 ・リクシル ロンカラーガラスドア 内付型 色:オータムブラウン
  ランマなし片開き(サイズオーダー) 




昨年あたりから増えてきている工事です。

イメージ 1

↑ユニットバスの折れ戸ですが、戸先側の部品が劣化して、きっちり閉まらない状態になっていました。
ユニットバスのメーカー名や品番が不明なため、部品交換ではなく、折れ戸ごと新しくすることになりました。


イメージ 2

↑新しい下枠による段差をなるべく少なくするため、今回は今までの下レール部分をカットしました。


イメージ 3

↑さらに上枠・縦枠の形状をフラットにするため、アルミ下地を入れました。
これで新しい枠を上からかぶせて取付しやすくなります。


イメージ 4

↑工事後の状況です。見た目はあまり変わりませんが、今度は開閉がスムーズになりました。


イメージ 5

↑下枠の段差は、パッキンの立ち上がり部分だけでほぼ納まりました。
この商品、浴室ドアや折れ戸からの交換に対応しやすいので、よく採用しています。

【採用商品】
 ・YKKAP サニセーフⅡ 折戸Sタイプ 四方アタッチメント枠  色:ホワイト
  幅760ミリ×高さ1960ミリ(サイズオーダー) 定価¥52,100

 


全175ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事