サッシ屋のブログ

サッシ・ガラス・エクステリアについて耳よりな情報などなど・・

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
ゴールデンウイークの合間に工事させていただいた現場です。
古くなっていた玄関と勝手口の取替工事を承りました。

イメージ 1

↑今までの玄関引戸です。かつて発売されていたゴールド色に歴史を感じます。
建具の開閉の動きが悪くなっていたので、一新することになりました。


イメージ 2

↑今度はランマを無くして、デザインもガラッと替えました。
「豪華になって良くなりました〜」とお客様に喜んでいただきました。


イメージ 3

↑こちらは勝手口です。明かりと風が採り込めるタイプのドアへ替えたいというご要望でした。


イメージ 4

↑勝手口もランマを無くして1枚のドアにしました。
明かりと風を十分に採り入れることができます。ドア開閉時の照明との位置関係に注意しました。

以前から気になっていたので、この機会に思い切って取替して良かったという感想をお客様からいただきました。

【採用商品】
 (玄関引戸)
 ・リクシル リシェント玄関引戸 SG仕様 色:オータムブラウン
  ランマなし2枚建戸(サイズオーダー) 引戸本体:55型(縦通し)
  外額縁50 内額縁(小) 定価¥293,000

 (勝手口ドア)
 ・リクシル リシェント勝手口ドア SG仕様 色:オータムブラウン
  ランマなし片開き(サイズオーダー) ドア本体:B型(横細格子) 
  外額縁25 内額縁(大) 定価¥190,000




角柱で仕切りました

先日フェンス工事をさせていただいた現場の追加工事です。
玄関前の広いアプローチの一部に、アルミ角柱を利用してゆるやかな目かくしを設置することになりました。

イメージ 1

↑柱の埋め込み部分も含めて全長2.2メートル、8.5センチ角の柱を12本直線に並べるので、あらかじめ作業場で仮組みしておきました。


イメージ 2

↑柱埋め込み部分の穴を掘って、2人掛かりで仮固定しているところです。


イメージ 3

↑柱の間隔をきちんと揃えられるように、上部に専用の金具を使ってみました。


イメージ 4

↑完成するとこんな感じです。木目調の落ち着いた雰囲気です。


イメージ 5

↑見る角度によって、表情が変わってくるなあと思いました。
初めての工事でしたが、便利な金具のおかげでスムーズに施工できました。

【採用商品】
 (アルミ角柱)
 ・タカショー エバーアートウッド部材 スリットフェンス用
   格子材 85角 色:ブラウンエボニー

 (固定金具)
 ・三協アルミ マクリズム 枕木材用施工治具 直線施工用



フェンスで囲いました

好天が続いて現場作業は順調に進んでいますが、日中の温度差に体がまだ付いていきません・・・
昨年工事させていただいたお客様から、引き続きのご依頼をいただきましたのでご紹介します。

イメージ 1

↑隣の敷地に新たに借家が建つことになり、その境界を目かくしフェンスで仕切りました。


イメージ 2

↑途中で1ケ所出入口用の扉を設けました。
ブロックの上面は後日仕上げていただく予定です。


イメージ 3

↑借家が建つ敷地の方は、メッシュフェンスで囲いました。


イメージ 5

↑このブロック塀には支柱用の穴あけ(コア抜き)が必要でした。
しかし既設のフェンスがすぐそばにあったので、機械の据え方を工夫しました。


イメージ 4

↑こちらは目かくしフェンスと合わせて、高さを1メートルにしました。
度々のご用命、誠に有難うございました。

【採用商品】
(アルミ目かくしフェンス・門扉)
 ・YKKAP シンプレオフェンスSY1型 色:プラチナステン
  幅1975ミリ×高さ1000ミリ(1枚)
 ・YKKAP シンプレオ門扉3型 色:プラチナステン
  幅800ミリ×高さ1000ミリ

(スチールメッシュフェンス)
 ・三協アルミ ユメッシュR型 色:アーバングレー
 幅1991ミリ×高さ1000・800ミリ(1枚)




この4月は工事付の現場が多く、日々バタバタとしております・・・
ウチの社長宅のご近所様からのご依頼でした。

イメージ 1

↑古くなった木製の勝手口ドアでした。
室内側にホームセンターで購入した網戸を付けられていましたが、すでに壊れていました。
これを風が通るアルミ製のドアへ取替することになりました。


イメージ 2

↑隣のサッシの色に合わせて、ドアはオータムブラウン色にしました。
写真が分かりにくいですが、ドアを閉めたまま上下から風が入ります。
これからの季節、活躍してくれることでしょう。

【採用商品】
 ・リクシル ライトドアベルエアⅡ(サイズオーダー) SGガラスドア 
  +ロンカラーフラッシュドア内付型枠 色:オータムブラウン




カーポート囲いました

今まで花粉症には無縁だった私も、今年の春は何だか目がかゆいし、鼻水が出るし・・・とうとうデビューしたかも知れません。そんな最中での工事でした。

イメージ 1

↑お施主様が、かつて自ら造られた2台分の木製車庫です。
囲っている波板が劣化し、かなり古くなっていました。
これを新しいカーポートに取替させていただくことになりました。


イメージ 2

↑アルミ製のカーポートへ変身です!
屋根と側面三方はポリカーボネートパネルで囲いました。


イメージ 3

↑別角度からの全体の姿です。まずは工事前。


イメージ 4

↑工事後です。同じ敷地内であったので、屋根部分はカットせずにそのまま伸ばしました。


イメージ 5

↑後方も含めた三方囲いは、メーカー仕様では設定が無いので、補償対象外ということをご了解いただた上で工事しました。


イメージ 6

↑以前の車庫内には照明が付いていたので、同じように準備をしておきました。
柱を埋設する前に、あらかじめ照明用の配管を通しておきます。


イメージ 7

↑今度は人感センサー付きのLED照明を採用しました。
後側の梁部分の中央に設置してあります。


イメージ 8

↑前側の柱に照明のスイッチを付けてあります。
夜間にはスイッチまわりが光るので見やすいです。全ての電気配線がほぼ露出せずに通せたので、見た目がスッキリしました。


イメージ 9

↑既存の車庫を解体中に、角にあったツバキの木の枝を一部切らせてもらったのですが、その中から思いがけないものが見つかりました・・・!


イメージ 10

↑何と野鳩の巣があったのです。
一緒に作業していたウチの社長が「卵が2個あるぞ!」と驚きの声をあげました。
そのうち、最初はいなかった親鳥が周囲を警戒しながら戻ってきて、やがて卵を温め始めました。


イメージ 11

↑工事をしている間みんなで見守っていると、無事ひながかえりました。
生まれたてはこんな感じなんですね。初めて見ました。
やがてひなを連れて(?)どこかへ引っ越して行きましたが・・・


解体工事から新しいカーポート設置まで日数がかかりましたが、職人さんたちの協力を得ながら、予定通り完成できました。収納スペースも兼ねて使われるそうです。

 【採用商品】
  (カーポート)
 ・三協アルミ スカイリード 両側支持タイプ 色:アーバングレー
 屋根奥行5400ミリ×間口5160ミリ 高さ2300ミリ
 屋根・側面パネル:熱線遮断ポリカーボネート板 

 (カーポート照明)
 ・タカショー カーポートライト1型(人感センサー付)
  ローボルトスイッチ・35Wトランス接続





.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事