サッシ屋のブログ

サッシ・ガラス・エクステリアについて耳よりな情報などなど・・

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
ここ数日、雪花が散るような寒さでしたが、そんな中で工事した現場です。

イメージ 1

↑木製のラチスフェンスが劣化して、昨年の台風で壊れてしまった状態でした。
こちらを木目調のアルミフェンスへ取替することになりました。


イメージ 2

↑ブロック基礎に新たに穴を開けて支柱を建てて、今度は横スリットで目かくし率の高いフェンスを設置しました。


イメージ 3

↑別角度からの状況です。まずは施工前。


イメージ 4

↑施工後です。庭まわりの雰囲気がずいぶん様変わりしましたね。


イメージ 6

↑近くで見ると、木目柄が入っているのが分かります。
コーナー部分も専用部品で上手く隠れています。


イメージ 5

↑アプローチ付近には、お客様のご希望で、同色の枕木材とポストを設置することになりました。オープンスペースから・・・


イメージ 7

↑適度に木目調のアルミ枕木材とポストを配し、仕切るようにしました。


イメージ 8

↑枕木材をどのように並べようか悩みましたが、仮置きしてお客様のアイデアをいただきながら、進めていきました。
枕木材の高さを調整して変化をつけたのは、お客様のセンスに与るところが大きいです。


イメージ 9

↑まるでこの樹木(推定樹齢60年!)を守っているかのようにも見えます。

今回は、事前にお客様自らショールームで商品デザインと木目色を確認された上で、玄関廻りの木製デッキをあらかじめ同系色に塗っていたそうです。
周到な準備とプランニングのおかげで、コーディネートされたエクステリア工事になりました。

お客様に出来映えについて満足していただき、うれしい限りでした。
枕木材の配置など、大変勉強になった現場でした。

【採用商品】
(木目調フェンス)
 ・リクシル フェンスAA YS3型(横スリット) 色:クリエモカ
  幅2000ミリ×高さ1000ミリ 定価¥69,000(フェンス1枚)

(アルミ枕木材)
 ・リクシル デザイナーズパーツ 枕木材100×100 色:クリエモカ
  全長1750ミリ(カット有) 定価¥16,200(部材1本・キャップ共)

(ポスト)
 ・リクシル エクスポスト アメリカンタイプ A−1型 色:シャイングレー
  アルミポールAP−50 定価¥32,600(ポスト本体・ポール共)



明日から冷え込むようですね・・・屋外作業の予定なので、着込んでいこうと思っています。
こんな時期に、寒さを和らげる効果てきめんの内窓取付工事がありました。

イメージ 1

↑マンションの改装工事です。南面に大きなアルミサッシがありましたが・・・


イメージ 2

↑中空層にブラインドの入ったペアガラスを採用した内窓を取付しました。


イメージ 3

↑ブラインドの羽根(スラット)の上げ下げはできませんが、角度は変えられますので、結構明かりを採り入れることができます(左側が全開、右側が全閉)。


イメージ 4

↑別の箇所の窓です。まずは施工前。


イメージ 5

↑施工後です。こちらはペアガラスの片側をかすみガラスにしたので、少しぼんやり見えますね(左側が全開、右側が全閉)。


イメージ 6

↑拡大するとこんな感じです。操作ツマミで羽根の角度を変えます。

元々浴室用の内窓専用だったブラインド入りペアガラスが、居室用の引違い窓にも使えるということで、お客様の強いご希望で設置しました。

羽根(スラット)とそのまわり(アタッチメント部分)の色がホワイトのみなので、こげ茶色の内窓と合うのかな・・・と心配していましたが、実際に取付してみるとツートンカラーでそんなに違和感なく、こういうパターンも有りだなと思いました。

【採用商品】
 ・リクシル インプラス PG仕様 色:ショコラーデG 
  引違い窓2枚建(ブラインドイン複層ガラス入り) 



このブログ記事を読んで、お問い合わせいただいたお客様の現場をご紹介します。
勝手口と玄関ドアのリフォームをご検討されていて、わが社の提案プランにて工事させていただくことになりました。

まずは勝手口ドアから・・・

イメージ 1

↑こちらのドアを風が通る採風タイプに替えたいとのご要望でした。
ドアのみの交換も検討しましたが、ドアの建て付けが悪くて閉まり切らない状態だったため、枠ごと新しくしてドアの建て付けを直すことをオススメしました。


イメージ 2

↑最初は今までの枠の内側に、新しい枠を納めるカバー工法を検討しました。
しかし元々の開口幅が約60センチであったため、なるべく狭くならないように、今までの枠も撤去して入れ替える工法を選択しました。
外壁の際でアルミ枠をカットして、何とかキレイに撤去できました。


イメージ 3

↑取替後の状況です。
ドアの色は室内のキッチンのイメージに合わせてシルバーにしました。
開口幅があまり変わらずに納まったので良かったです。


続いて玄関ドアのリフォームです。

イメージ 4

↑今までの玄関ドアは(旧)立山アルミの「マーカム2000」という商品でした。
個性的なデザインですが、こちらも建て付けが悪くなって開閉時にドアと枠がこすれていました。


イメージ 5

↑玄関ドアはカバー工法用の商品を使うので、今までの外枠部分を残したまま、撤去を行ないます。


イメージ 6

↑スッキリした縦スリットガラス入りのドアに変身です。
外側の化粧額縁で今までの枠部分は全部隠れてしまいました。


イメージ 7

↑今回も今までの下枠を残したまま納められました。
室内側にステンレス製の化粧カバーを付けて仕上げています。

ブログ記事がきっかけで受注をいただいて、有難いことでした。
これからも情報発信を続けていきたいと思います。

【採用商品】
 (勝手口ドア)
 ・リクシル ライトドアベルエアⅡ(サイズオーダー) SGガラスドア 
  +ロンカラーフラッシュドア内付型枠 色:シルバー

 (玄関ドア)
 ・リクシル リシェント玄関ドア3 アルミ仕様 色:オータムブラウン
  片開きランマ付(サイズオーダー) ドア本体:C16N型
  外額縁75 内額縁(大)



2019年の業務が始まりました。今年もよろしくお願いいたします。
先日、今年初めて工事した現場を紹介します。

イメージ 1

↑斬新なデザインのアルミ玄関ドアでした。
しかし、ドアクローザーの不具合でドアが急にバタン!と閉まる状況で、使い勝手が悪くなったこともあり、この度カバー工法で取替することになりました。


イメージ 2

↑今までの枠はそのまま残して、その内側に新しいドア枠を取付していきます。


イメージ 3

↑今までの枠部分は専用のカバー材(化粧額縁)で隠して、堂々完成です。
今度は木目調の断熱玄関ドアで、ランマを無くした親子仕様ですので、広々と使えるようになりました。開き勝手は右へ変更しています。
外側からカードで施錠・解錠できる「カザスキー」を装備しています。


イメージ 4

↑今までの下枠部分は撤去無しで、ステンレス製の化粧カバー材を使いました。

外側の化粧額縁を付けた後に、ドア本体を吊り込もうとすると、額縁が干渉してしまいちょっと苦労しましたが、何とか無事納めることができました。
玄関のイメージが随分変わったと思います。

【採用商品】
 ・リクシル リシェント玄関ドア3 断熱K4仕様 色:ポートマホガニー
  親子ランマ無し(サイズオーダー) ドア本体:M17型(カザスプラス仕様)
  外額縁75 内額縁(大)




今年もあと少しとなりましたね・・・
先日OBのお客様からご依頼いただいた工事をご紹介します。

イメージ 1

↑勝手口まわりのスペースに、屋根と目かくしを設けたいとのご要望でした。
半分は屋根付きで前面をブロック塀にかけてパネルで覆い、残り半分は前面パネルだけそのまま伸ばしました。


イメージ 2

↑屋根の部分を内側から見るとこんな感じです。
家とブロック塀との間が80センチしかないため、ちょっと狭めです・・・
暗くて分かりにくいですが、屋根下部分だけコンクリートの土間を設置する用意をしています。


イメージ 3

↑前面パネルだけ伸ばした部分の内側です。
7センチ角の柱を建てて、パネルを取付しました。

お客様はずっと工事したいと思われていたようで、念願の目かくしができて良かったと喜んでいただきました。

【採用商品】
 ・三協アルミ テラス レボリューA 色:サンシルバー
  TR1NA型 標準納まり 屋根幅4027ミリ×出幅955ミリ(カット有り) 
  屋根材:ポリカーボネート板(かすみ調) 
  前面パネル二段(すき間かくし付)+一段




.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事