サッシ屋のブログ

サッシ・ガラス・エクステリアについて耳よりな情報などなど・・

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
先月末に完了した現場をご紹介します。

イメージ 1

↑マンションの敷地内に自転車置き場用の屋根を設置しました。
写真では分かりにくいですが、前面道路が斜めになっているため、アルミ屋根も合わせて斜めに加工しました。


イメージ 2

↑1階居室の庭部分との境界は、目かくしを兼ねた木目調の二段フェンスで仕切りました。

今回はいつもお願いしているエクステリアの職人さんに施工してもらいました。
特殊な納まりでもキレイに納めて下さるので、とても助かっています。

【採用商品】
 (自転車置き場)
 ・リクシル ネスカFミニ 色:シャイングレー
  屋根の出幅2096ミリ(カット有り)×奥行5028ミリ 柱高さ1901ミリ
  屋根材:ポリカーボネート板(クリアブルー)  
  定価¥208,200  

 (目かくしフェンス)
 ・リクシル サニーブリーズフェンスM型 色:シャイングレー/クリエラスク
  フェンス1スパンの幅1000ミリ×高さ1514ミリ



朝晩が冷え込むようになってきましたね・・・
先日好天の中、工事した現場です。

イメージ 1

↑某メーカーの檜調木目柄の玄関引戸でした。
残念ながら経年劣化で表面のシートが部分的に傷んでおり、引戸の開閉が重たくなっていました。
これをカバー工法用の玄関引戸に取り替えすることになりました。


イメージ 2

↑下枠部分に今以上段差を付けたくないので、今回も撤去しました。
以前の下枠がオールステンレス製でしたので、ちょっと手間がかかりましたが・・・


イメージ 3

↑工事後の状況です。
玄関の色とデザインを一新したので、ずいぶんとイメージが変わりました。
ペアガラスの入った商品なので、断熱効果も期待できます。


イメージ 4

↑下枠部分は以前と同じ段差で納まりました。

今回はお施主様が選ばれたデザインが、斬新な現代和風のイイ感じになったなと思います。

【採用商品】
 ・リクシル リシェント玄関引戸 PG仕様 色:ポートマホガニー
  ランマなし2枚建戸(サイズオーダー) 引戸本体:14型(井桁格子)
  外額縁100 内額縁(大) 定価¥471,000



日曜日に記事更新を続けています・・・
先日玄関ドアの取り替え工事がありました。

イメージ 1

↑今までお使いの玄関ドアです。
古くなってドア本体の劣化が進み、建て付けが悪くなっていました。
この機会にドアデザインも替えて、家の顔をリフォームすることになりました。


イメージ 2

↑工事中の状況です。
今までの玄関ドアは、(旧)トーヨーサッシの「クィーン」という商品と判明。
プレバブ住宅でしたので、付いていた玄関枠ごとキレイに撤去できました。


イメージ 3

↑取り外してみると、こういう下地が回っていたのが分かりますね。
縦と上側は木材で、下側は鉄骨材が入っていました。


イメージ 4

↑リフォーム後はこんな感じになりました。
玄関枠の形状がよく似ていたので、シンプルに納めることができました。
ドア本体が明るくなって、お客様にも喜んでいただき何よりです。

【採用商品】
 ・リクシル クリエラR 内付型 色:オータムブラウン
  片袖ランマ付(サイズオーダー) ドア本体:18型 把手B型




急階段へ手すりの取付

先日、久しぶりに手すりの設置工事がありました。

イメージ 1

↑屋内階段に昇降用の手すりを取付。
矢崎化工の「テネシスシリーズ」という商品を採用しました。
金具(ブラケット)がアルミ合金製で強いので、同メーカーのイレクターパイプ(プラスチック被覆スチールパイプ)と併用すれば、金具の間隔を1.5mまで伸ばせます。


イメージ 2

↑階段上から見たところです。
こちらの現場のような、柱と塗り壁が見える納まり(真壁納まり)の場合、少ない金具で比較的簡単に取り付け可能になります。


イメージ 3

↑手すり部分は、しっかり握れるように凹凸のあるディンプルタイプのパイプを使用しました。

寝室が2階にあるため、毎日階段を通るそうなので、手すりを利用して気を付けて移動していただきたいです。

【採用商品】
 ・矢崎化工 手すりイレクターパイプ(φ35ミリ) 色:木目ライトブラウン
  テネシスシリーズ金具 横受けブラケット 色:ゴールド
  屋内手すり部品 エルボキャップ 色:ゴールド




今まで使っていたユニットバスの浴室折れ戸が調子悪くなり、取り替えすることが最近多くなりました。

 (その1)
イメージ 1

↑(旧)松下電工製のユニットバスの折れ戸です。
扉がきっちり閉まらなくなり、脱衣側へ水があふれている状況でした。

イメージ 2

↑今ある枠の内側に、新しい枠を納めるカバー工法で取り替えしました。
今までの枠の高さが約216cmあり、新しい枠の製作範囲を超えていたので、上側に同色のアルミ部材を足して調整しました。

 (その2)
イメージ 3

↑とあるコーポのユニットバスで、「HOXAN(ほくさん化成)」というメーカー製の折れ戸でした。これは扉の開閉が極端に重くなっていました。

イメージ 4

↑今までの枠がずいぶん傾いていたため、その調整ができる内付枠の浴室折れ戸を使用しました。脱衣側に下枠の段差は付いてしまいましたが・・・

 タイル張りの在来工法浴室のドアだけでなく、年数を経たユニットバスの折れ戸も交換時期に来ているようですね。

【採用商品】
 (その1)
 ・YKKAP サニセーフⅡ 折戸Sタイプ(サイズオーダー) 四方アタッチメント枠   色:ホワイト
 
 (その2)
 ・リクシル 浴室中折ドアSF型(サイズオーダー) 内付型 色:シルバー




.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事