サッシ屋のブログ

サッシ・ガラス・エクステリアについて耳よりな情報などなど・・

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

酷暑との闘い

このたびの西日本豪雨災害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。
私の地元岡山では、倉敷市真備町などで想像を絶する大変な被害が発生して、言葉もありません。

依然として被災地では、酷暑の中懸命の復旧作業が続いています。
自衛隊の災害支援やボランティア活動など、多くの支援の輪が拡がっていることに感謝の思いでいっぱいです。本当に有難いことです。

岡山市内でも冠水の被害が発生しており、わが社の周辺地域も過去に例がない事態に陥りました。
わが社は前面道路から約60センチ上まで水に浸かり、商品や備品に影響を受けました。社内の片付けや掃除に追われています。

私自身、「岡山は災害が少ないから大丈夫」という安易な気持ちを持っていたことを今更ながら深く反省しております。
今回の災害を教訓にして、イザという時の備えを考え直したいと思っています。


そして・・・
あの恐ろしい豪雨が去っていったら、すぐ梅雨が明けて、それから猛烈な暑さが続いていますね。

会社の復旧作業のかたわら、現場仕事も並行していますので、ここでバテる訳にはいきません。そこで・・・

イメージ 1

↑とうとう入手しました!
見た目は普通のブルゾンですが・・・

イメージ 2

↑そうです、背中に2つのファンが付いています。その名も〝空調風神服
一式揃えると約2万円しましたが、酷暑からわが身を守るためです。

先日、早速に丸1日屋外での作業時に着用してみましたが、汗の量が軽減して、作業効率も良くなりました。
ファン回すと服が膨らんでちょっとモコモコした感じになりますが、徐々に慣れていくかな?

イメージ 3

↑先日の屋外作業時、昼休憩にトラック車内のダッシュボードを見ると、凄まじい暑さになっていましたね・・・

今年の夏は例年以上に大変そうですが、体調に気を付けて何とか乗り切っていきたいと思います。




門扉で仕切り直し

昨日工事してきた現場です。
庭の門扉についてのご用命でした。

イメージ 1

↑庭の敷地の奥まったコーナー部分です。
用心のため、ここを目かくし扉で仕切ってほしいとのことでした。


イメージ 2

↑高さ1.6メートルのアルミ門扉を設置しました。
すきまは極力ふさぐようにして、カギは表裏とも差し込みキーで操作する「両面シリンダー錠」を採用しました。


イメージ 3

↑もう1カ所、古い竹垣門扉が開け閉めもままならなかったので・・・


イメージ 4

↑樹脂製のシンプルな竹垣門扉に取り替えしました。

ずっと気になっていた懸案事項が解決して、お客様もほっとしたご様子でした。
アルミサッシへの取替工事も後日させていただく予定で、有難うございます。

 【採用商品】
 (上:アルミ形材門扉)
 ・三協アルミ ニューカムフィ6型 色:アーバングレー
  片開き 門柱タイプ 扉幅645ミリ×高さ1600ミリ(サイズオーダー)
  タッチ錠(両面シリンダー仕様)
  定価¥132,300

 (下:樹脂竹垣門扉)
 ・タカショー 合成竹枝折戸 色:すす竹(扉) 焼(角柱)
  扉幅700ミリ×高さ1050ミリ
  定価¥47,600



柿渋調の玄関引戸

先日勝手口ドアを工事したお客様から、ご紹介をいただいたご近所様の現場です。
玄関引戸を新しくしたいとのご相談でした。

イメージ 1

↑今までの玄関引戸です。石目柄のガラスが歴史を感じますね・・・


イメージ 2

↑新しい玄関引戸は「柿渋調」という木目柄にしました。
ランマ無しのスッキリした建具に替えることが増えてきましたね。
ペアガラス入りの建具のため重量があるので、外部は把手付きにしました。


イメージ 3

↑下枠部分はタイルをカットして、段差を最小限にして納めました。

この工事の日も雨模様でしたが、玄関ひさしが広かったおかげで作業できました。
お客様には柿渋調の風合いに満足していただき、良かったです。

【採用商品】
 ・リクシル リシェント玄関引戸 PG仕様 色:柿渋調
  ランマなし2枚建戸(サイズオーダー) 引戸本体:11型(千本格子)
  外額縁25 内額縁(大) 定価¥459,000



今回も梅雨の晴れ間を狙って、何とか完了した現場です。

イメージ 1

↑駐車場アルミテラスの塩ビ波板が劣化していましたので、波板だけ取り替えすることになりました。


イメージ 2

↑ポリカーボネート波板に替わって、スッキリ明るくなりました。


イメージ 3

↑屋根上から見たところです。今までの波板は変形して、プラスチックのフックが外れかけています。


イメージ 4

↑今度はステンレスフックでしっかり波板を留めました。

この時期、梅雨空との闘いはまだまだ続きそうです・・・



一週間前の出来事ですが、毎年恒例の「関西エクステリアフェア2018」を観に大阪へ行ってきました。
今年の展示物で気になった商品を紹介してみたいと思います。

イメージ 1

↑今回一番目を引いたのは、四国化成のカーポート「マイポート7(セブン)」。
後方柱支持のカーポートもここまで来たか!という感じでした。
写真とちょうど反対側から見ると、数字の「7」の形になっていますね。
一緒に展示されているオープンカーの方にも皆さん興味津々でした。

イメージ 2

↑角度によって目かくし度合いの変わるフェンス。
大工さんなら木の板で1枚ずつ製作できそうですが、こちらは人工木材のユニットで
簡単に組立できるそうです。

イメージ 3

↑昨年に引き続き、今年も各社からたくさん展示されていたのが「宅配ポスト」。
私は未だ採用したことがないのですが、都心部などでは需要が高まっているのでしょうか・・・

イメージ 4

↑リクシルのすっきりカーポート「カーポートSC」。
この秋には写真のような2台分のワイドタイプも発売されるそうです。
会場では、このカーポートの組み立て方の紹介があり、工事人としては参考になりました。

イメージ 5

↑和風の庭にはタカショーの樹脂竹垣が趣があります。
これは年月を経て枯れた竹をイメージした「古竹」というデザインで、落ち着いた雰囲気になりますね。

イメージ 6

↑これも今秋発売予定のYKKAPの目かくしフェンス「シンプレオP2型」。
ルーバーになっていて風が抜けるようです。

新しい商品を実際に見て確認できるのが、この展示会の良いところですね。
気になる点を質問などして、大変勉強になった1日でした。





.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事