サッシ屋のブログ

サッシ・ガラス・エクステリアについて耳よりな情報などなど・・

サッシ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

真夏の内窓設置

暑〜いこの時期に、冬の寒さ対策に備えての工事を行ないました。
岡山県でも北部にある住宅で、窓まわりの断熱性を良くするために樹脂製の内窓を設置しました。

イメージ 1

↑和室の出窓に引違いの内窓を設置。道路に面していて目線が気になるので、型ガラスにしました。


イメージ 2

↑同じく和室の高窓にも、引違いの内窓を設置。こちらも型ガラスです。


イメージ 3

↑お風呂の出窓には、浴室専用の内窓を追加しました。
以上の内窓には、Low−Eペアガラス(高断熱タイプ)を採用しています。


イメージ 4

↑2階のベランダに面した掃き出し窓にも内窓を設置。
こちらもベランダ越しに隣家の窓が見えるので、あえて全面型ガラス仕様にしました。西日対策としてLow−Eペアガラス(遮熱タイプ)を入れています。

冬の寒さ対策はもとより、夏場のエアコン効率を上げるのにもひと役買いそうです。


この日、作業中に午後から突然の豪雨に見舞われて驚きました。
最近では突発的な天気の変化があるので、気を付けなければいけませんね。

【採用商品】
 (内窓)
 ・リクシル インプラス PG仕様 引違い窓2枚建(ノックダウン品)
 (ガラス)
 ・旭硝子 Low−Eペアガラス サンバランス



開く トラックバック(0)

今月もアルミサッシの扉取替工事がありました。
まずは、今年よく行なっている浴室折戸の交換です。

イメージ 1

↑今までの商品は(旧)トーヨーサッシの浴室ドアT型。
浴室折戸の初期のタイプですが、ガラス戸のため開閉の際どうしても戸車などの部品に負担がかかり、部品が壊れて動きが悪くなるというケースです。

イメージ 2

↑見た目はあまり変わり映えしませんが、新しい浴室折戸は樹脂パネル入りで動作が軽〜いです。

イメージ 3

↑採用したリフォーム用の浴室折戸、最大の利点は今までの枠の残したままでも、下枠の段差が少ないことです。これは施工前の状況です。

イメージ 4

↑新しい枠のゴムパッキンだけは出るのですが、アルミ枠部分はほとんど段差がありません。今回は特にお客様からのご要望があったので、このタイプを選びました。


続いては、玄関ドアの交換工事です。

イメージ 5

↑またまた中古住宅の改装現場です。
予算の関係もあって、こちらはドア本体だけを替えることになりました。

イメージ 6

↑ドアをオーソドックスな木目調にしました。
以前と同じく枠色に合わせてシルバーの縁を付けてみたのですが、違和感無かったですね。

現場状況によって、施工可能な商品をあれこれ検討するのも、日々勉強になります。

【採用商品】
 (浴室折戸)
 ・YKKAP サニセーフⅡ 折戸Sタイプ(サイズオーダー) 四方アタッチメント枠   色:ホワイト

 (玄関ドア)
 ・リクシル ロンカラーガラスドア(サイズオーダー) ドア本体のみ 色:木目




開く トラックバック(0)

大型連休前で何かと忙しくしております・・・
先日完了した現場の紹介です。

イメージ 1

↑雨戸の付いた木製テラス窓です。
建て付けが悪くなって、戸の動きが重い、カギが掛けにくいなどの問題が生じていました。
これらの状態を改善すべく、アルミサッシへ取り替えすることになりました。

イメージ 2

↑施工後の状況です。
以前と同じように、建具の真ん中に部材(中桟)を入れ、上半分を透明ガラス、下半分をカスミガラスにしました。
グレー色の網戸が付いています。


イメージ 3

↑2階の木製窓も劣化が激しく、ガラスにスキマが生じて雨風が入ってきて、ちょっと危険な状態でした。

イメージ 4

↑窓エアコンも外して、スッキリした窓に替わりました。


イメージ 5

↑もう1カ所、2階の小窓もアルミサッシにしました。
このタイプのサッシでは、今までの雨戸はそのまま使えるのが特長です。


【採用商品】
 ・リクシル 内付RSⅡ 引違い窓(サイズオーダー) 色:ブロンズ
  TS網戸(グレーネット仕様)
  


開く トラックバック(0)

先日工事した現場です。
寒さを和らげるために、内窓を取り付けしたのですが、ちょっと工夫をこらしました。

イメージ 1

↑今までのサッシの内側にある、木枠(額縁)面に内窓は設置するのですが、約7センチのスペースが必要です。
 しかし、写真のように装飾をした木枠の場合、凸凹があるためにそのままでは内窓の設置が難しくなります。そこで・・・

イメージ 2

↑まず木枠の凸凹の部分に、下地としてアルミアングル材を付けます。

イメージ 3

↑アルミアングル材に、専用のふかし部材を追加します。
これで内窓の取り付けスペースができました。

イメージ 4

↑内窓の枠を付けたところです。

イメージ 8

↑こうして掃き出し窓に内窓が設置できました。


イメージ 5

↑もう1か所です。こちらは凸凹面さえクリアすれば、専用のふかし部材までは不要でした。そこで・・・

イメージ 6

↑正面から見える面だけに内窓の色と同じ面材を貼り付けた、アルミアングル材を下地に入れます。

イメージ 7

↑内窓の枠を入れるとこんな感じです。見える面は同色なので違和感ありません。

イメージ 9

↑こちらの窓にも無事取り付け完了です。

【採用商品】
 ・YKKAP プラマードU 引違い窓2枚建 色:木目ナチュラル
  単板透明ガラス3ミリ入り完成品  
  (上)幅1869ミリ×高さ1755ミリ 定価¥82,900  
  (下)幅1752ミリ×高さ843ミリ 定価¥38,700
    (下地用アルミアングル材、専用ふかし部材は別途)




開く トラックバック(0)

ここ数年、中古住宅のリフォーム工事での依頼が増えてきました。
昨日もそんな現場でした。

↓まずは施工前の状況です。

イメージ 1

もともと浴室の入り口に折れ戸が使われていました。
しかし厚み4ミリの強化ガラス入りだったこともあり、経年劣化で折れ戸の開閉が困難になっていました。

写真ではすでに折れ戸本体が外されていますが、この中に新しいリフォーム専用のサッシ枠を入れて、取り替えすることになりました。


イメージ 2

↑施工後の状況です。
今度は樹脂パネル入りの折れ戸ですので、開閉が非常に軽くて安全です。
今までのサッシと同じブラウン系の色にしましたので、あまり違和感ありません。

壁やタイルを傷めることなく、半日程度で工事は完了できました。

【採用商品】
 ・YKKAP サニセーフⅡ 折戸Sタイプ(サイズオーダー) 色:ブラウン
  四方リフォーム枠
  幅735ミリ×高さ1734ミリ 樹脂板入り完成品
  


開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事