サッシ屋のブログ

サッシ・ガラス・エクステリアについて耳よりな情報などなど・・

サッシ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
先日工事した現場です。
お風呂をユニットバスに取替した際に、今までの窓に内窓を追加しました。

施工前です。
イメージ 1

窓にプチプチを貼り付けてありました・・・
浴室にしては大きめの窓なので、従来のアルミサッシだけではちょっと寒そうですね。

施工後です。
イメージ 2

樹脂製の内窓を追加して、窓の断熱性をアップしました。
商品はリクシル(トステム)の「インプラス」。ユニットバスの窓専用です。

プチプチはお施主様が外して下さるということで・・・
もう必要なくなると思います。


今年は11月に入っても、あまり寒くならないですね。
内窓の問い合わせも、まだまだこれから・・・という感じです。



過去にも内窓を設置して下さったお客様のリピート工事です。
水廻りのリフォームの際、今までの窓サッシに内窓を追加していただきました。


イメージ 1

↑ユニットバスに替わった浴室の窓には、専用の内窓を設置。
枠まわりにはしっかりコーキング施工しました。


イメージ 2

↑洗面所とトイレの窓にも内窓を取付しました。
商品はリクシル(トステム)の「インプラス」。こちらの内窓の色はニュートラルウッドG。
窓枠の色とよく合っています。


こちらの工事では、省エネ住宅ポイントを利用する予定になっています。
しかし、おそらく今週には予算消化率が80%を超えるでしょうね・・・締切間近です!

関係書類を大急ぎで揃えて、何とか間に合わせたいと思います。


先日工事した現場です。

イメージ 1

↑今までお使いの浴室折戸です。
ガラス入りの折戸で重たいため、どうしても戸車などの部品に負担がかかります。
こちらの折戸も部品が壊れてしまい、さらにガラスが1枚分割れて危険な状態でした。

新たに樹脂パネル入りの折戸に交換することになりました。


イメージ 2

↑取替したのはYKKAPの「サニセーフⅡ折戸Sタイプ」。おなじみの商品です。
折戸の開き方向は、出入りしやすいように向かって左側に開くようにしました。


イメージ 3

↑同時に浴槽廻りに樹脂製手すりを2本取付しました。
これでお風呂の使い勝手が良くなると思います。


今年は台風などで大雨が多いせいか、サッシ廻りから雨漏りするのを直してほしい・・というお問い合わせがよくあります。

今回は、サッシの建て付けがかなり悪くなっており、ガラス戸がキッチリ閉まり切らないため、スキマから雨風が入ってくるという状態でした。

今あるサッシ枠をそのまま残して、その内側に寸法の狂いを直した新しいアルミサッシを設置する方法をおすすめして、採用していただきました。


 <施工前(外側)>

イメージ 1


 <施工後(外側)>

イメージ 2


<施工前(内側)>

イメージ 3


<施工後(内側)>

イメージ 4


室内側の仕上げが完了した時には、すっかり日が暮れてしまって・・お施主様には遅くまでスミマセンでした。
2階にある掃き出しサッシで、外側にひさししか無いので、足場の確保に苦労してしまって・・・

商品はYKKAPのスマートカバー工法(引違いサッシはフレミングJ)。
内外の仕上げ部材がシンプルで、今回の現場には適していると思い、初めて採用しました。


何とか1日で工事完了し、お施主様には「これで(雨漏りの心配が無くなって)くつろいだわあ〜」と喜んでいただきました。
地元の年配の方は、懸案事項に片が付くと、これでくつろいだ〜とよく言って下さります。
この言葉を聞くと、お役に立てて良かったな・・・としみじみ実感しますね。



先日、介護保険の住宅改修を利用した工事がありました。

イメージ 1

↑施工前です。
かつてはこのように上下にガラスの入った浴室ドアがよくありました。

開閉する時に浴室側にスペースが必要なので、高齢の方には出入りが難しくなることがあります。
また、浴室内ですべったりすると、ガラス面に衝突した時に大変危険です。


イメージ 2

↑施工後です。
樹脂パネル入りの折れ戸に交換しました。商品はYKKAPの「サニセーフⅡ」(折戸Sタイプ)。

今までのドア枠はそのまま残して、その中に新しい折れ戸の枠を取付するカバー工法です。
工事は約半日で完了しました。


イメージ 3

↑折れ戸だと開閉スペースが少なく、樹脂パネル入りで軽いので、操作がラクです。
万一樹脂パネルが割れても、ガラスのような鋭利な破片ではありません。

これで浴室への出入りがスムーズになると良いですね。



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事