サッシ屋のブログ

サッシ・ガラス・エクステリアについて耳よりな情報などなど・・

サッシ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
台風の影響で順延していた工事です・・・。

イメージ 1

↑工事前の状況です。
木製の建具が老朽化し、すきま風が入ってきて冬場に寒いとのことでした。

(1)アルミサッシに取替+内窓を追加
(2)高断熱ペアガラス入りアルミサッシに取替

の2プランを提案しましたが、納まりの関係から(2)のプランに決めていただきました。


イメージ 2

↑工事後の状況です。
今回採用した商品は、YKKAPの「取替引違い窓」
複層障子に旭硝子の高断熱ペアガラス「サンバランス」を入れています。

この工事、外窓交換ということで、省エネ住宅ポイント対象となります。
20,000のポイントは、商品券に換えていただくことにしました。

これから、ポイント発行申請の手続き開始です!
まだまだ予算的に余裕があるようなので、ぜひこの制度を活用してもらいたいですね。


開く トラックバック(0)

かつて工事をさせていただいたお客様から、ご相談を受けていました。

2階のアルミサッシ(引違い窓)まわりから雨漏りしているらしく、何とかなりませんかとのことでした。
今までお使いのサッシ枠のどの部分から漏水しているのか、なかなか特定できないので、新しいサッシに取り替えすることにしました。

今回は、今までのサッシ枠はそのまま残して、その中に新しいサッシ枠を取付する、カバー工法用のサッシを使ってみました。商品は三協アルミの「リフォームサッシ(SRカバー工法)」です。


イメージ 1

↑今までのアルミサッシです。三協アルミの初期の製品です。


イメージ 2

↑今までの建具を外して、サッシ枠の内側にベース材を取付します。


イメージ 3

↑ベース材の内側に、新しいサッシ枠を取付します。
今までより、サッシのサイズが一回り小さくなります。


イメージ 4

↑新しいサッシのまわりを、アルミ部材でカバーして仕上げました。
今回は和室で真壁(柱が見える構造)でしたので、付属の内部カバー材は使えず、アルミアングルで隠しました。


イメージ 5

↑外から見たところです。まずは施工前。


イメージ 6

↑施工後の状況です。外はアルミの専用カバー材を取付しました。
外部は特に、防水処理(コーキング)を念入りにしておきました。あまり変わったように見えませんが・・・


イメージ 7

↑2階部分なので、足場の確保を考えました。
既設のアルミテラスの波板のみを一時撤去し、そのすぐ下の板金屋根に自在脚の脚立を立てて、何とか作業できました〜



開く トラックバック(0)

浴室折戸の取替

先日工事した現場です。

浴室出入口の折戸が壊れているので、見てもらいたいというご依頼でした。
工事前はこんな状況・・・↓

イメージ 3


ガラスが入った、かなり昔の折戸のようです。


イメージ 4


聞いたことがないメーカー・・・昔はカーテン屋も作っていたんですね。


イメージ 1

下の戸車の付き方も独特です。
すでに部分的に欠けてしまっています。
部品交換で直りませんか?と尋ねられましたが、さすがに同じ部品は入手不可でしたし、代わりになる戸車も無さそうです。

折戸自体の建て付けもかなり悪くなっていたので、新しい折戸に交換することをおすすめしました。


工事後はこちら・・・↓

イメージ 2


採用した商品はYKKAPの「サニセーフⅡ」(折戸Sタイプ)。
色を今までと同じシルバーにしたので、あまり変わり映えしませんが・・・

よく見ると、取っ手があって、下のアルミ部分で換気ができるようになっています。
今度は樹脂製のパネル入りなので、開け閉めが軽くて安全ですね。


開く トラックバック(0)

日曜日の内窓

今日は珍しい日曜日の工事でした。
診療所内の数多くの窓に、内窓を設置。休診日を利用しての作業となりました。

イメージ 1

↑上がはめころし(FIX)窓、下が上げ下げ窓という組み合わせが、2連続、3連続・・などと続いて全部で24ケ所ありました。

この窓に対して、どのように内窓を設置しようか・・・とあれこれ思案。
コスト面と使い易さを考えて、上まで通しの引違い窓を2枚セット、3枚セットと組み合わせることにしました。

イメージ 2

↑初めて採用した3枚の引違い内窓です(同じ色合いなので分かりにくいですが)。
商品はリクシル(トステム)の「インプラス」。色はニュートラルウッドG。
外・内・内という建具の仕様。引違い内窓のどこかを開ければ、上げ下げ窓が開けられます。


イメージ 3

↑こちらは5連続の窓です。
さすがに引違い内窓5枚セットは製作できませんので・・

イメージ 4

↑これまた分かりにくいですが、引違い内窓3枚セット+2枚セットという組み合わせにしました。


引違い内窓9セット、建具24枚を1日で工事するのは、さすがに1人では大変・・!
いつも懇意にしている建具屋さんに応援を頼みました。

建具の搬入だけでも枚数が多く、2階の室内まで何往復もしました。それでも2人だと半分の12枚ですから大助かりです!!
日曜日にもかかわらず、急きょ出動してもらって、建具屋さん本当に有難うございました。


元々設置してある窓はペアガラス入りの断熱サッシなのですが、それでも冷暖房費がかさむそうです。
これで少しでも省エネになると良いのですが。

惜しいことに、今回は診療所での工事なので、「省エネ住宅ポイント」の対象とはなりませんでした。
これだけあれば、結構なポイント数になるのですが・・残念です。


開く トラックバック(0)

補助金で内窓取付工事

先日工事した現場です。

イメージ 1
←マンションの北側のサッシに、内窓を追加しました。

商品はリクシル(トステム)の「インプラス」
色はニュートラルウッドG。

外側のアルミサッシは、上が引違い窓、下がはめごろし窓(FIX窓)の組み合わせでしたが、内窓は全面引違い窓にしました。


こちらの窓は、外廊下に面していて、冬場の結露が激しく、何枚もの雑巾で拭きとるのが大変だったそうです。

高断熱仕様のペアガラスを入れた内窓を採用しましたので、これで結露抑止に効果が期待できます。



ところで・・・・
今回は、岡山県独自の補助金制度を利用しました。

今年度初めて実施された制度で、窓の断熱工事(外窓交換、内窓設置、ガラス交換)を2窓以上行なうと、10万円を上限に補助金の支給が受けられるというものです。
(ちなみに、上写真の窓の大きさでは、18,000円の補助額です。住宅エコポイントの制度と同様です)

ただし、断熱性の高い製品を使うことが条件で、内窓の場合ですと、ガラスは一般複層ガラス以上の仕様となります。

断熱性能の高い製品を使って、補助金が受けられますので、今回のようなお客様にはオススメしています。
住民票や納税証明書などの書類を準備しなければなりませんが、申請書類の作成・提出については、弊社にてサポートしております。

窓断熱事業については、すでに予定件数300件のうち、220件が申請されているので、予算枠も大分少なくなってきましたが、これからのシーズンに備えて、早めのご利用をPRしているところです!


開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事