サッシ屋のブログ

サッシ・ガラス・エクステリアについて耳よりな情報などなど・・

サッシ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
台風がやって来る前にと、昨日工事した現場です。
古くなった木製建具をアルミサッシに交換しました。

 (その1 施工前)

イメージ 1

 (その1 施工後)

イメージ 2

 (その2 施工前)

イメージ 3


 ↓こちらの窓は、かなり傾いていたので、木の下地材を入れて水平を調整しました。

イメージ 4

 (その2 施工後)

イメージ 5

今回採用した商品は、リクシル(トステム)のATU。色はブロンズ。
建具の真ん中に1本横桟を入れました。網戸は、すでにある他のサッシに合わせてグレーネットで。

これで建具の開け閉めがスムーズになりました。お客様にも喜んでいただきました。

新型二重サッシ

先日の現場です。
窓の冬場の結露防止、寒さ対策として、二重サッシを取り付けする工事でした。
 
 
イメージ 1
 
↑トイレには、リクシル(トステム)製のインプラス(ペアガラス仕様)。色はライトウッドG。
 
窓の木枠のスペースが少なかったため、ふかし枠という補助の部材を追加しています。
外のアルミサッシがほとんど隠れて、木目調の雰囲気に様変わりしました。
 
今までガラス面に貼ってあった〝プチプチ〟は、後で外されるそうです。
 
 
イメージ 2
 
↑和室には、リクシル(トステム)製のインプラスウッド(遮熱ペアガラス仕様)。色はクリエベールR。
西日が気になるということでしたので、日差しを遮るタイプのペアガラスをおすすめしました。
 
こちらもスペースの関係上、ふかし枠という補助の部材を入れました。
今までのカーテンレールはふかし枠に取付して、そのまま使えるようにしています。
 
 
イメージ 3
 
↑リビングにもインプラスウッド(ペアガラス仕様)を設置。
外のアルミサッシは、両サイドが開く3枚戸でしたが、二重サッシは2枚の引違い戸にしました。
 
 
イメージ 4
 
↑インプラスウッドは、アルミの芯材に強化木材を組み合わせた素材が使われています。
表面には、浮造調(うづくりちょう)と呼ばれるスジが入って、独特の風合いです。
 
昨年から発売されている新商品ですが、当社で採用するのは初めてでした。
カギの部分も内蔵式になっていて、見た目もスッキリしています。
 
 
こちらのお宅は、すでにペアガラス(空気層6ミリ)入りのアルミサッシが入ってましたが、それでも結露に悩まされていたご様子でした。
空気層12ミリのペアガラス入りの二重サッシをご採用いただいたので、窓まわりの環境が改善されることと思います。
 

二重サッシの季節到来

今日工事した現場です。
 
イメージ 1
 
↑今あるアルミサッシの内側に、内窓を取付しました。
商品はリクシル(トステム)の「インプラス」。色はキャラメルウッドG。
 
上写真は、アルミサッシはランマ付の4枚戸ですが、内窓は窓の上までズドーンと通した建具にしました。
 
 
イメージ 2
 
↑同じ部屋のもう一ケ所にも、内窓を設置しました。
 
冬場の寒さと結露防止対策として、二重サッシを採用していただきました。
また、こちらでは岡山空港に向かう飛行機が上空を通るので、防音効果も期待されます。
 
 
ここ数年、冬場によく出荷する商品として、すっかり定番となった二重サッシ。
これからのシーズン、活躍してくれそうです。
 
 
今日工事した現場です。
 
イメージ 1
 
↑古くなって、スキマが空いている木製建具から、アルミサッシに交換しました。
商品はYKKAPの「フレミングJ」。色はブラウン。
 
すぐ横の掃き出し窓はすでにアルミサッシに替わっていて、それが不二サッシのブロンズ色だったので、似た色の商品を選びました。
網戸は、今ではブラック色のネットが一般的ですが、横のサッシと同じくグレー色のネットに指定しました。
 
 
今回はなるべく大掛かりな工事は避けたい、でも床に段差は付けたくないというご要望でした。
そこで外付タイプの引違い窓を採用しました。
和室で内側に紙貼障子などを入れる場合に使われる、完全に柱の外側に取り付けるサッシです。
これなら敷居を加工しなくても、下枠の段差が生じません。
 
しかし鴨居の溝や、敷居のレールを取った跡などは残りますので、内側には木の化粧材を付けました。
窓のスキマがなくなり、開け閉めが軽くなったので、今までよりすいぶん良くなったと、お施主様に喜んでいただきました。
 
 
昨日完了した現場です。
木製建具をアルミサッシに取替する工事でした。
 
イメージ 1
 
↑掃き出し窓をアルミサッシへ。
商品はリクシル(トステム)の内付RSⅡ。ガラスは防犯ガラスにしました。
 
イメージ 2
 
←このサッシ、今までの木枠を残して、その内側にそのまま取付できる仕様となっています。
 
掃き出し窓の場合は、下枠に段差ができますが、木枠を加工する手間は要りません。
 
 
雨戸付の木枠でしたので、段差を無くする加工をすると大掛かりな工事になります。
お施主様と相談して、このリフォーム用サッシを採用しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
↑浴室の窓をアルミサッシに取替。
商品はリクシル(トステム)のATU内付サッシ。以前と同じように、アルミ面格子も設置しました。
 
 
今回は、この他も含めて12ケ所の窓をリフォームしました。
社長と2人掛かりで、手分けしての作業。全てサイズオーダーの特注品でしたが、予定通り納まり良かったです。
 
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事