過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

久々のガンプラ&初めてのRG(リアルグレード)は、後のMSに大きな変革をもたらした

「RX−78」の後継機です。
イメージ 1

イメージ 2

ムーバブルフレーム

「新型アドヴァンスドMSジョイント」という組立て済みのフレームで再現されています。

このキットからはムーバブルフレームを組み立てた後に外装をはめる「組み立て工程」となっているので

MG並にパーツが多い割にはほとんでストレスなく完成させることが出来ました。

部品を組み上げていく工程がいかにも本当にMSを作り上げている感じです☆

胴体中央にある球形のイジェクションポッドが赤いパーツになっています。

イメージ 3

イメージ 4

RX-178 ガンダムMk-II 〔エゥーゴ仕様〕

外装を取り付け、武装した状態です。

最近のガンダムでは珍しく、UCらしいマッシヴな体格になっています。

バックパックのビームサーベルラックとヒザ裏のパイプは、リード線を芯にした布製のメッシュパイプ

が使われています。

リアリスティックデカールはツインアイ、ビームライフル、ハイパー・バズーカのセンサー及び

シールドの黄色部分に使っています。

イメージ 5

ツインアイは鋭い目つきになっており、アンテナもシャープでかなりカッコよくなっています。

イメージ 12

ヒジ、ヒザ、首は二重関節、肩は引き出し式と可動は良好です☆

ヒザの可動に合わせて大腿部のアーマーが動くギミックがあります。

アンクルアーマーが干渉する部分だけ可動範囲が狭くなりますが、それでも充分な接地性があります。

MGのように股関節の軸を前に動かすギミックがあるので、ヒザを立てるポーズも楽に出来ます。

イメージ 6

バルカンポッド

頭部に挟み込む形で取り付けます。

バルカンポッドの内側にある出っ張りを側頭部の溝にはめ込むので、しっかりと把持されます。

イメージ 7

イメージ 8

ビームライフル

フォアグリップが可動し、両手で構えることが出来ます。

ライフルの下部にあるエネルギーパックは脱着可能で、シールド裏にマウントできます。

ライフルをサイドアーマーにマウント出来ます。

イメージ 9

ハイパー・バズーカ

グリップの可動もあるので、肩に担いで構えることも出来ます。

バズーカ本体がやや小さいように見えますが…ロボット魂等の完成品フィギュアでは

武器を大きめに造形する傾向があって、それに見慣れているせいかも。

イメージ 10

ビームサーベル

バックパックのバーニアスラスターに装備されていて、引き抜く際にはマウントされている基部が

前に倒れるようになっています。

ビームを発振する穴にマウント基部のピンを差し込むため、ポロポロ外れることがありません。

イメージ 11

シールド

差し替え無しで全長を伸縮することが出来、裏面にはビームライフルの予備エネルギーパックと

ミサイルランチャーを装備することが出来ます。

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

プレミアムバンダイでGディフェンサーとフライングアーマーがHGUCで発売されますが、

どちらもキットの出来としてはRGに近いとは言いがたいので、新規で(RGとして)発売して

欲しかったですねぇ。

(確か…スカイグラスパーはRGで発売されましたよね?)


開く コメント(2)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事