ここから本文です

書庫全体表示

※今年1月に採用した西原さんの「学校川柳」はあまりにも健全すぎた。
学校あるあるなんて今どき、関根勤も食いつかない(手を叩いて笑わない)よ。
ということでーーー、改めて購入した西原さんの著書「洗えば使える 泥名言」
をば、3〜4月のオマケコーナーのネタに採用しようと思うーーー!いざ!

楽天ブックス 洗えば使える 泥名言 西原理恵子
『■商品基本情報:/発売日 2016年08月29日 /著者・編集 西原 理恵子 /出版社 文藝春秋 /サイズ 単行本 /ページ数 176p /■内容情報(出版社より):実父はアルコール依存症。継父はギャンブル依存症で自殺。元夫もアルコール依存症。自身も地元高知の高校を退学となり、大検を経て武蔵野美術大学に進学するも、生活費稼ぎのために、在学中からミニスカパブでホステス、成人誌で漫画を描く日を過ごした。そしていまは、?整形手術の帝王?高須克弥氏と熱愛中……。そんな波瀾万丈の半生のなかで、サイバラの人格を形作る土台となった身近な人の「金言」集です。その一部を紹介するとーー。「前科とお金、どっちが大事?」……バイトしていた白夜書房の編集長の言葉。猥褻図画を載せて何度も警察に捕まった氏は、「前科なんていくら増えてもいいじゃない。お金が儲かるんですよ」と繰り返した。「半分も払ったのに」……雀士・小島武夫の言葉。麻雀の負け分をめったに払わない氏は、「半分も払えば返したも同じ」という考え方だった。でも、誰からも愛されたという。「病気は作んなきゃ」……高須氏の言葉。氏が「包茎は悪いこと」という認識を世に広めることに成功し、「包茎手術の第一人者」となった経験から。歴史上の偉人とかビジネスの成功者の名言みたいに輝かしいものではありません。どっちかというとゲスだったり、身もフタもなかったり、ワケわかんなかったりするような言葉ばっかりです。でも、サイバラの人生の糧となった?言葉の劇薬?です。

イメージ 1


■目次:(「BOOK」データベースより)・・・第1章 仕事の名言(それを描くのがお前の仕事だー!/ウチはもっとこう便所の落書きみたいのでないと。 ほか)/第2章 お金の名言(前科とお金とどっちが大事?/半分も払ったのに。 ほか)/第3章 男と女の名言(ねえ、オレの靴下どこ?/無理マン。 ほか)/第4章 家族の名言(世界中の人がお前を悪いと言うなら、世界中が間違うとる。/バカ、ケチ、怠けは酢を飲まない。 ほか)/第5章 生と死の名言(今日は天気がええけん、今日いかしちゃる。/オレらに連絡してもうたら全部うまいことやっちょいちゃったのに。 ほか)/■著者情報(「BOOK」データベースより)西原理恵子(サイバラリエコ)・・・1964年高知県生まれ。高校を中退後、大検を経て武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒。在学中から飲食店での皿洗いやミニスカパブでホステスのアルバイトをするかたわら、「ちくろ幼稚園」でデビュー。96年カメラマンの故・鴨志田穣氏と結婚し、一男一女をもうける。97年「ぼくんち」で文藝春秋漫画賞を受賞。2005年「毎日かあさん」「上京ものがたり」で手塚治虫文化賞短編賞受賞』

※新聞掲載の「毎日かあさん」あたりのライトなファン層からは一斉にドン引き
されまくりそう(実際、レビューなどを検索したが酷い結果であった!!)な
歯に衣着せぬ物言いが、良くも悪くもばらっち節全開!という趣で、個人的には
「学校川柳」の数万倍好きなワケだが、、、

イメージ 5


☆レビューサイト紹介ナリン〜
tsunokenのブログ 『洗えば使える泥名言』はいいけれども、結局は高須さんへの……
『まず「泥名言」って言うだけで西原理恵子さんらしい言い方なんだけれども、それが『洗えば使える泥名言』ってなっちゃうと、完全に西原ワールドですね。漫画自体がエッセイ漫画なんで、やっぱり普通に文字のエッセイも漫画と同じ楽しみを与えてくれます。(中略)/やっぱり西原さんらしいのは、これらのセリフですわな……「高須先生なんかも若いときの写真見たらひどいもん。マカオグランプリでレースクイーンに囲まれてすごい車乗ってシャンパン持ってとか、そんなのと絶対付き合えるわけない。しかも、昔はいつもものすごく怒ってたらしい。今はみんなに“丸くなった”。全然怒らないから、やっぱり中古がちょうどいいですね。チンコやわいけど」・・・まあ「チンコやわいけど」っていうところが西原さんらしいけれども、でも鴨ちゃんの方がもっとチンコやわかったと思うけどなあ。/「高須先生とは、会えるときは必ず会う。といっても、どこかに行くってことはなくて、先生が仕事で東京に来たときに、ホテルで晩ごはん食べて一緒に寝て、朝起きて解散みたいな感じですけど。リゾートでのんびりとか大嫌いな人だから」「それでも人はいつかは死ぬんですけど、それで終わりじゃなくて、みんなに忘れられたときが終わりだっていう。なるほどなと思いましたね。でも、よく聞いたら、そんなにいい話でもなくて。自分が後世でどう語り継がれるかということをものすごく気にしてるんですよ。包茎のインチキ医者じゃなくて立派な人だったということにしてほしいみたいで、高須克弥記念財団とか作って善行をアピールしたり、非常に悪あがきしてますね。私にも「ちゃんとマンガで描くように」って言ったり。何かで成功した人とか蓄財した人って、だいたいそうなりますよね」/でも、まあこうなっちゃうとちゃうとどうしようもないんだろうな……。「自分も50歳を過ぎたので、やっぱり時間は大事にしたい。まあ、高須先生からは“キミは長生きするよ。あと40年はピンピン。そしてみんなに迷惑かけるタイプ”という診断をいただきましたけど。皆さんも時間は大事にしてください」/別に不倫関係でもないいだろうしなあ。まあ、普通の大人の男女関係?って、それって理想じゃないですか!まあ、ある種のね』

イメージ 2 イメージ 3
※鴨ちゃんとのツーショットとかっちゃんとのツーショットを並べるこの背徳感!!

●【紹介】洗えば使える泥名言 (西原 理恵子)


※もう一個、レビューサイトをば、貼るルアジバ!
さゆの週末読書日記 『洗えば使える泥名言』(コラム掲載)
『本書は、就活の時には使えそうにないし、偉い大人の前では話せない、どぎつ〜い”泥名言”がたくさん紹介されています。正直、下ネタの過激さに呆然としたページも多かったし(笑)、全部が全部、心から納得できる名言だとは、私の人生経験が薄すぎるせいもありますが、とても思えませんでした。しかし、波乱万丈の西原先生の人生を作ってきた、綺麗ごとを一切排除した!!!! 名言たち。心の太い支えになりました。特に女性は、読んで絶対に損はしないと思います。私が特に心に残ったのは「いつも心に野村沙知代」という名言。これは西原先生が、ご自身に言い聞かせつつ、皆さんにもおすすめしたい言葉として紹介されていました。「私の中に野村沙知代がいたらなんて言うだろう」と考えると、いろんなことをムダに我慢しなくてよくなるそうです。「私にとっての正義はこれだから、いいじゃない」と開き直りができるようになる、とおっしゃっていました。ああ、とても役に立つ……!!開き直り、大切です。ガマンしすぎな皆さん、絶対に覚えておきましょう。(切実)
イメージ 4

他にも「歴代の女が泣いてわめいて角取ってくれた中古の男がちょうどええ。」とか、「人のことを憎み始めたらヒマな証拠」とか「人は2回死ぬ。1回目が命途切れたとき。 2回目は人々に忘れられたとき。そのときが本当の死なんです。」などなど、心に残る、いや染み渡って忘れられない名言がたくさんでした。私はことあるごとに「人のことを憎み始めたらヒマな証拠」って、最近つぶやいております(汗)/自分のこと頑張ろうーって。西原先生ならではのお言葉。ぜひ本を読んでみて下さいね。』
※「いつも心に太陽を」なーんて使い古された表現と比べれば一目瞭然!!
声に出して読んでみたい名言かも知れんね。「いつも心に野村沙知代」。
なんかこう、生きる活力が沸いてくるお言葉の数々・・・。別に日めくり形式
になってはいないのだが、あえて、60少々あるので2ヶ月に分けて紹介して
いこうと思う。やんわりとお付き合いください・・・。

●高須クリニック院長と彼女


イメージ 6

※ウソ泣きしてるうちに、ホント泣きになってしまったパターン?




西原理恵子の「洗えば使える“泥名言”」& 松下幸之助 一日一話

(詳細は、上記を参照のこと!)

☆さ〜〜て、本日3月1日(水)の、泥名言はァ〜?

『それを描くのがお前の仕事だ!!』

イメージ 9


【本文引用】
「昔、週刊朝日で“恨ミシュラン”やってたときに、ラーメン次郎か何かの取材に行ったんですよ。そしたらリサーチ情報と違って休みで閉まってた。だもんで、“やってなかったんで描けない”って言ったら、編集長の穴吹さんに“それを描くのがお前の仕事だ!!”って怒られて。“あ、それはそのとおりだな”と、素直に納得した一瞬でしたね。/おかげで、ホントに描けないときにどうボケるのかというのを学びましたね。」

☆関連書籍、心に残るエピソード、名言などなど!

TABI LABO 仕事がデキる人は、決して言わない「11の言葉」
『どれほど才能があり、結果を出していたとしても、これらの発言をするだけで周りの評価は一変してしまうのだとか。もしかすると、ついあなたも言ってしまっているかも?/ 嵒垳平じゃないですか?」 ◆屬困辰函△海諒法でやってきました」 「気にしないでください」 ぁ屮泪魅韻兵遡笋もしれませんが・・・」 ァ屬垢阿暴わらせます」 Α峇萃イ辰討澆泙后 А屏◯さんは仕事ができない」 ─峪笋了纏ではありません」 「私の責任ではなく◯◯のせいです」 「できません」 「仕事がイヤです」』
※うあぁーーー、これらの言葉を全面禁止にされちゃったら、一言も喋れなくなるよ〜〜〜!って人も、けっこういそう〜。かく言うワチクシも・・・◆↓Α↓─↓あたりは、口癖ダヨーーーウ!

イメージ 8


女の転職@type 「え、何で!?」思わずびっくりした新入社員のあり得ない行動
『新入社員ならではの世間知らずな言動に、思わず凍りついてしまった経験がある人も多いのでは?今回は、働く女性123人に、「思わずびっくりした新入社員の行動」について聞いてみました。』

イメージ 7


【あのー何様ですか?】
「新人が担当するプロジェクトの重要な会議の日に『その日は誕生日だから休みます! 先輩代わりに出てください!』とさも当然の権利かのように主張した新人。開いた口が塞がらないとはまさにこのことだと思いました」(32歳/総務・人事)
「入力するデータを、指示した資料と違う物を使用していたので指摘すると『でも合ってるから大丈夫です!』とやや逆ギレ気味に反論された。合っているかどうか決めるのはあなたじゃないんですけど・・・」(30歳/その他)
「接客業なのにスッピンで出勤してきた。『メイクしてきて』と伝えると『アレルギーなのでできません』と断ったくせに、その後の他社との打ち合わせの際にはバッチリメイク!!」(28歳/エステティシャン)
「飲んで上司にタメ口、絡み出した。前日飲み過ぎて、寝坊して迎えにいくまで起きなかった」(32歳/マーケティング)
イメージ 12

【ある意味、大物?】
「20歳の新人女子社員が40代のマネージャーに仕事を教わり、マネージャーが終わろうとしたとき、『ちょいちょいちょいちょい!!! ちゃんと教えて下さいよ!!!』とキツい口調ですごんでいた」(36歳/ホテル、宿泊サービス)
「ものすごく可愛い女の子の後輩が、全社員300人位の前で行う自己紹介で、『みなさん宜しく』と言って終わった。普通、宜しくお願い致しますでしょと会場がザワザワしました」(23歳/営業事務)
「まだ大学生気分が抜け切らないのか、お客様に対して『え?マジですか?』という言葉遣いをしてしまい、クレームの原因に・・・お客様から聞いた時わたし自身も驚きました・・・」(21歳/接客・販売)

【自由さを勘違い】
「入社当初から居眠りしている上に、『私、ほめられて伸びるタイプなんです』と自分から言ってきた」(35歳/事務・企画関連職)
「部署の飲み会で、幹事やほかの出席者に事前に何も言わずに途中で『お疲れ様でした!』と言って帰って行った」(38歳/一般事務)
「急に金髪にしてきて、『それでは仕事にならない』と言ったら、『じゃ、帰ります』と言ってそのまま休もうとした」(38歳/接客・販売)
「入社した日に『副業でアルバイト始めたいので、今日面接行ってきます!残業はできません!』発言をした子がいました」(23歳/調理)
※最近は、「パワハラ」なんて言葉も浸透したせいか、上司に対して遠慮せずに
本音発言する人が増えて、逆に秩序が乱れてるような部分もあるんでしょうねーー

☆本日の、『松下幸之助 一日一話』
松下語録

“ほんとうの勇気”

「私は一般的に、ほんとうの勇気というものは一つの正義に立脚しないことには、また良心に顧みてこれが正しいと思わないことには、湧いてこないと思うのです。だから、勇気が足りないということは、何が正しいかということの認識が非常にあいまいであるところから出てきている姿ではないかという感じがします。/人びとがそれぞれに自問自答して何が正しいかということを考える。そして、この正しさは絶対譲れない、この正しさは通さなければいけないという確固とした信念を持つならば、そこから出てくる勇気は、たとえ気の弱い人であっても非常に力強いものとなる。そういうような感じを私は持っているのです。」

細かすぎて伝わらない関連動画など


●アウト×デラックス-シャム・シェイドhideki 「努力,根性,気合,信念」からのチョン太
http://www.dailymotion.com/embed/video/x16os5y

イメージ 10

※出ました、リアル・メメント野郎!!w

●イチローから勇気をもらえる話〜思うような結果が出なかったあなたへ


イメージ 11


ジョニーAのつぶやき:イチローの言葉、そっくりそのまま、今年のオリックスに捧げたいと思います♪

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事