ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全1090ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1 イメージ 2

シネマトゥディ 驚く肉体美のブラピがブルース・リーとファイト!タランティーノ新作の最新予告
『レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演を果たしたクエンティン・タランティーノ監督最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の最新予告編が公開された。/フランスで開催中の第72回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、タランティーノ作品としては「パルプ・フィクション」(1994)以来の最高賞パルム・ドールも期待されている本作。監督が育った1969年のロサンゼルスを舞台に、いまや失われた黄金期時代の匂いが残るハリウッドへの郷愁とリスペクトを込め、5年の歳月を費やして脚本を執筆したという。
イメージ 3

主人公は、ハリウッドで俳優として再び栄光を取り戻そうとしているテレビの西部劇俳優リック・ダルトン(ディカプリオ)と、長年彼のスタントマンを務めているクリフ・ブース(ピット)。予告編では、「演技」を求められても応えられずに追い詰められる落ち目のダルトンと、その傍らスタントマンとして軽口をたたきながらもリックを励ますクリフの姿が映し出される。かつて「ファイト・クラブ」(1999)でも披露していたピットの肉体美は、55歳の今も健在。まさにそ「ファイト・クラブ」でもコピーしていた、伝説のアクションスター、ブルース・リーとのファイトシーンにも注目だ。リー役を務めるマイク・モーの再現度にも期待がかかる。
イメージ 4

さらに「スーサイド・スクワッド」のマーゴット・ロビーが演じる女優シャロン・テートや、実際にシャロン・テート殺害事件を起こしたカルト集団とそのリーダーであるチャールズ・マンソン(デイモン・ヘリマン)など、あのころのハリウッドにいた人々が次々に登場。「この街では─何もかもが一瞬で変わってしまう」という意味深なリックのセリフは、華やかな世界を生む出す一方、惨劇も生まれ得る、ハリウッドの光と影を暗示しているかのようだ。現代に撮影されたとは思えない1969年のハリウッド大通りなど、豪華俳優のアンサンブル、物語、そして美術や衣装にいたるまで、まさに当時の空気を詰め込んだ新作となりそうだ。(編集部・入倉功一)』

●映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』予告編

※ワクワクするなぁー。これ観るまでは死ねまっしぇ〜〜〜ん。

☆「プロレス今日は何の日」と「漱石と明治人のことば」をお届け〜♪

(詳細は、1月1日の日記を参照のこと!)

☆さ〜〜て、本日5月24日(金)の、「プロレス記念日」は〜?

年度・団体【1963年・日プロ】
カテゴリー【快挙】
見出し:『力道山×デストロイヤーでプロレス史上最高視聴率64%』
『解説:東京体育館でザ・デストロイヤーのWWA世界ヘビー級王座に力道山が挑戦。生放送枠を15分延長し足四4の字固めを巡る攻防が伝えられ、引き分けに。』

◎関連書籍、ニュース記事、試合動画、など。

●デストロイヤーさん死去 写真特集動画


イメージ 5


イメージ 6
  

イメージ 7


イメージ 8


Sponichi Annex 必殺技「4」求めて スポニチ元カメラマン、天井裏から決死の1枚
『ザ・デストロイヤーの必殺技「4の字固め」を天井裏から撮影に成功したのがスポニチ写真部の宮崎仁一郎カメラマン(当時)。プロレス中継のリングサイドからの映像を見てもその形がはっきり分からない。
イメージ 9

宮崎氏は「4の字がはっきり分かる位置はないか」と天井裏に忍び込み撮影に成功。照明器具の放つ熱でリングに大粒の汗を落としながらにシャッターを切った。』
※いやぁー、実に味わい深い一枚の写真である!

☆本日の、『漱石と明治人のことば』は・・・
漱石と明治人のことば目次

【今日のことば】「それでもな、この写真は見えるんじゃ。な、ほら、まん中のこれが先生じゃろ、その前にうらと竹一と仁太が並んどる。先生の右のこれがマアちゃんで、こっちが富士子じゃ。マッちゃんが左の小指を一本にぎり残して、手をくんどる」――壺井栄

【解説】
瀬戸内の海べりの一寒村を舞台に、新任の女性教師・大石先生と12人の教え子たちとのふれあいを描きながら、戦争の悲惨さを訴えた壺井栄の名作『二十四の瞳』。

上に掲げたのはその終幕近く。第2次世界大戦の終戦後、連絡のついた者たちが久しぶりに大石先生を囲んで集い、戦地で負傷し失明した教え子の磯吉が、小学校の頃、皆で撮影した記念写真を前に、「今でもこの写真だけは見える」と、指さしながら語っていく台詞である。

何度も見返した思い出の写真だけに、磯吉は確信に満ちて、並んでいる級友のひとりひとりを、人さし指でおさえて見せるのだが、それは少しずつずれている。胸がつまり相槌の打てない級友にかわって大石先生が、「そう、そう、そうだわ」と答えていく。明るい声で息を合わせている先生の頬を、涙がつたっていく。なんとも切ないシーンである。

壺井栄は明治32年(1899)小豆島で生まれ、地元の小学校卒業後、貧しい家計を支えて村の郵便局や役場で働いた。上京して詩人の壺井繁治と結婚し、宮本百合子や佐多稲子の影響で小説を書き始めたという。淡泊かつ清楚な性格で、きらびやかな絹より質朴な木綿を好む。島の郵便局員時代は、母の手織りの絣の着物と紺の袴姿で通した。だが同時に、独得の髪形を考案して村娘の流行をリードするお洒落な一面も合わせ持っていた。

あるとき、喉を傷めた壺井栄が思案の末に白い繃帯を首に巻いた。それを見た周囲の娘たちは、最新のファッションと勘違いして真似をした。そんな中国・漢代の「折角」の故事に似たエピソードも残っている。『二十四の瞳』の物語中、颯爽と潮風を切って自転車で岬の分教場に通う大石先生には、きっと作者自身の姿も映し込まれていたのではないだろうか。

細かすぎて伝わらない関連動画など

(「二十四の瞳」「ラスト」で動画検索してみました!!)

★2013年のテレビドラマ・ヴァージョンがようつべにフルサイズでアップされとる。
ザ・テレビジョン 「二十四の瞳」放送当日! 松下奈緒が語る平成版“おなご先生”の魅力とは?2013/08/04
→『8月4日(日)、松下奈緒が戦時下の香川・小豆島で強く生きた“おなご先生”大石久子を演じるドラマスペシャル「二十四の瞳」(テレビ朝日系)が放送される。
イメージ 10

同ドラマは、壺井栄の同名小説が原作で、'54年に公開された木下惠介監督による映画版をはじめ、これまでさまざまな監督やスタッフの手によって映像化されてきた傑作。昭和初期の香川・小豆島を舞台に、師範学校を卒業したばかりの女性教師・久子(松下)と12人の生徒たちの“心の交流”を描く。松下が、22歳の明るく朗らかな新任教師時代から夫や娘を亡くし再び教壇に立つ40歳まで、ヒロインの激動の半生を演じる。共演は玉山鉄二、桜庭ななみ、中村梅雀、濱田岳、吉行和子、柄本明ら。また、'80年にフジテレビ系で放送されたテレビアニメ版「二十四の瞳」で、久子の声を担当した倍賞千恵子がナレーションを務める。』

●二十四の瞳 24개의 눈동자 (上記の台詞のシーンは1時間40分あたり)


イメージ 11

※磯吉役は芸達者な濱田岳!!このシーン、この台詞を喋らせるのにうってつけの
キャスティングである・・・。

ジョニーAのつぶやき:二十四の瞳で、ほかに印象に残っている台詞と言えば、不憫な顔立ちの少女が自己紹介する「みぃさんゆぅーーーん」である。上記動画では6分過ぎ。高峰秀子ヴァージョンのみぃさんに比べると、かなりインパクトは弱いーーw

★横浜大洋ホエールズの助っ人外人だった、あのポンセがユーチューブに登場だっ!

●カルロス・ポンセ(本人)です!YouTubeはじめました!


▶ カルロス・ポンセ プロフィール
プエルトリコ出身。1985年、ミルウォーキー・ブルワーズでメジャーリーグデビュー。1986年から1990年まで横浜大洋ホエールズ(現・横浜DeNAベイスターズ)に所属。本塁打王1回(1988)、打点王2回(1987, 1988)、最多安打1回(1987)。勝負強いバッティングと、スーパーマリオに似た陽気なキャラクターでファンに愛される。1991年引退後はマイナーリーグの指導者となり、モントリオール・エクスポズ、フロリダ・マーリンズ、ミルウォーキー・ブルワーズで、打撃コーチ、スカウト、GM補佐などを歴任。以後は現在まで米国フロリダ州を拠点に、高校野球チームやアマチュアチームの監督・コーチを務めている。

web Sportiva ポンセ、突然ユーチューバーに。その狙いと近況を本人に直撃した!
『カルロス・ポンセ選手といえば、1986年から1990年まで5シーズンにわたって横浜大洋ホエールズ(現・横浜DeNAベイスターズ)に在籍した強打者だ。本塁打王(1988年)、打点王(1987年、1988年)を獲得したバッティングに加え、口ひげをたくわえたラテン系のルックスから”スーパーマリオ”と呼ばれて親しまれた。当時の少年ファンなら、「バモス、ポ〜ンセ♪」という応援歌がちゃんと聴き取れずに「ポポポ、ポ〜ンセ♪」とテキトーに歌っていた思い出もあるかもしれない。そんな横浜のレジェンドであり、ホエールズ〜ベイスターズのオールドファンには忘れられない存在の彼が、なぜ今になって日本向けのYouTubeチャンネルなのか? 気になってしかたないので、Twitterからコンタクトをとり、本人を直撃してみた。動画のタイトルにも「カルロス・ポンセ(本人)です!」と書いてあることだし……。
イメージ 1

──ポンセさん、なぜYouTubeを、しかも日本語ではじめたのですか?「はい、ポンセです。このチャンネルは、私が若い選手を指導していたバッティングの練習方法を見て、気に入ってくれた日本人の友人に勧められて3月に開設しました。現役を引退したあと、私がモントリオール・エクスポス(現ワシントン・ナショナルズ)、フロリダ(現マイアミ)・マーリンズ、ミルウォーキー・ブルワーズのマイナーで、監督や打撃コーチを7年間務めたことを知らない日本人ファンも多いでしょうからね。自分がずっと野球にたずさわっていることを日本のファンにも伝えたかったのです」/──ポンセさん、なぜYouTubeを、しかも日本語ではじめたのですか?「はい、ポンセです。このチャンネルは、私が若い選手を指導していたバッティングの練習方法を見て、気に入ってくれた日本人の友人に勧められて3月に開設しました。現役を引退したあと、私がモントリオール・エクスポス(現ワシントン・ナショナルズ)、フロリダ(現マイアミ)・マーリンズ、ミルウォーキー・ブルワーズのマイナーで、監督や打撃コーチを7年間務めたことを知らない日本人ファンも多いでしょうからね。自分がずっと野球にたずさわっていることを日本のファンにも伝えたかったのです」(中略)
イメージ 2

──日本でプレーしていた頃、いちばんうれしかったことは何ですか?「横浜大洋ホエールズの一員になったとき、ファンのみなさんが、私のことをすぐに受け入れてくれたことです。とても光栄に思っています。それと、やはりホームラン王と打点王のタイトルを獲得できたことかな。私が獲るなんて、きっと誰も予想していなかったでしょうから(笑)」──各動画の紹介文には、「ずっと『横浜でカントクをしたい』と思い続けており……」とも書いてありますが、その真意は?「私は横浜で5年間プレーしました。今でもあのすばらしいチームの一員だと感じています。彼らは未来に向けて、エキサイティングなアイデアを持っています。そして、私もそれに貢献したいのです」──アメリカにいても、ベイスターズの様子をチェックしているのですか?「はい。今はネットを使って横浜DeNAベイスターズや、ほかのチームのこともチェックしています。ベイスターズは、たくさんの若いすばらしい才能とともに、チームとして正しい方向に向かっていると信じています。ただ、最近はラインナップが頻繁に変わるので、そのこともとても興味深く見ています」
イメージ 3

──では、プロ・アマを問わず、もし日本から指導者としてのオファーがあれば、引き受ける可能性はありますか?「私は人生のなかで、そして現役生活を通じて、たくさんの夢を実現してきました。だからこの先、それ以上のことが何も起こらなかったとしても、いつも全力の私を支えてくれた妻と一緒に幸せにリタイヤすることができるでしょう。でも、もし指導者のオファーがあれば、そしてそれが私にふさわしいものであれば、もちろん引き受けます。ただ、それがアマチュアのポジションだとしたら、少し時間をかけて考えないといけませんが(笑)」──今でも多くの日本のファンにとって、ポンセさんはヒーローであり続けています。「日本にいるすべてのファンのみなさん、ありがとう! あなたたちは私にとって、いつでも特別な存在です!!」/昭和から平成に変わる頃、スタジアムを沸かせたあのカルロス・ポンセが、平成から令和に変わる今、ユーチューバーとして再び身近な存在となった。いったい、どのような動画がアップされていくのか。はたして、日本で指導者になる夢は実現するのか。フロリダ在住、60歳になったスラッガーの今後の展開に注目したい。』

イメージ 4


●ポンセ流スランプ脱出法!「精神的な強さ」を身につけ「変化」を恐れない
 - バッティングフォームを変えた理由


イメージ 5


※もう、オリックスの有望な若手は、コーチの言うことは聞かずに、この
動画を教科書にして、練習に励んだ方がいいような気がしますーー。
不調のT岡田も、この動画をよーく観るが宜しい〜。精神論なんてめった
にしてくれる人おらんよぉ〜〜〜〜ぅ。

イメージ 6


☆「プロレス今日は何の日」と「漱石と明治人のことば」をお届け〜♪

(詳細は、1月1日の日記を参照のこと!)

☆さ〜〜て、本日5月23日(木)の、「プロレス記念日」は〜?

年度・団体【1999年・WWF】
カテゴリー【海外】
見出し:『PPV生中継中にオーエン・ハートが高所から落下し死去』
『解説:マスクマンのブルー・ブレイザーとして出場。天井から吊るされた入場シーンでワイヤーが切れ転落、リングに叩きつけられるアクシデントだった。』

◎関連書籍、ニュース記事、試合動画、など。

●The True Story of Owen hart's fall


●ライガー戦 NJPW 4-26-91

※カッコいい体型の選手だったッスよねぇーー。懐かしいトップ・オブ・
ジュニア最終戦の模様。

☆本日の、『漱石と明治人のことば』は・・・
漱石と明治人のことば目次

【今日のことば】「行くに径(こみち)に由(よ)らず」――諸橋轍次

【解説】
辞書や事典の編集というのは、時日を要する仕事である。こつこつと地道に進めるしかない。私自身、かつて、20世紀に話題となった「時の人」6千人余りを収録する『現代日本人物事典』の編集に携わったことがある。関連人物まで含めると、登場するのは約2万人。ページ数1300余。執筆者数250 人以上。なかなか手応えのあるプロジェクトだった。

もちろん、上には上がある。たとえば、漢学者の諸橋轍次が編纂した『大漢和辞典』。全13巻で総ページ数1万5千。50万にも及ぶ語彙を網羅する。これは『康熙字典』の4万7千字を凌ぐ。『康熙字典』といえば、中国清代に編纂された、もっとも権威ある字書といわれるもの。夏目漱石も書斎に蔵していて、小説『こころ』の単行本の装幀を自ら手がけたとき、その題箋にも『康熙字典』の「心」の項を用いたという逸話がある。その『康熙字典』を凌ぐほどであるから、『大漢和辞典』全巻の刊行が成るまで、30年以上の歳月を要した。まこと、一大事業であった。

諸橋轍次は明治16年(1883)、新潟県の生まれ。『大漢和辞典』の編纂に取り組みはじめたのは昭和3年(1928)、46歳の頃。版元たる大修館の社長の鈴木一平から熱心な要請を受けたことから、話は始まっていく。当初の出版社側の企画は、厚手の一冊本の辞典を刊行することだった。だが、中途半端な仕事を嫌った諸橋轍次は、高過ぎるほどの目標を提示して鈴木社長の了承をとりつけ、自らを鼓舞しつつ仕事に奮励していく。

その間、幾多の困難に直面した。顕著な例が、戦時中、昭和20年(1945)3月の東京大空襲。膨大な資料の収集から積み上げて、ようやく出来上がった全巻の組版が、出版社の社屋ごと灰塵に帰した。かろうじて田舎に疎開させていて焼失をまぬかれた3部の校正刷りをもとに、諸橋はもう一度整理を進めていった。白内障で右目を失明、左目も著しく視力が低下する中での、執念としかいいようのない作業だった。昭和35年(1960)5月、『大漢和辞典』刊行完結。諸橋、78歳となる目前のことだった。

掲出のことばは、諸橋轍次の座右の銘。もともとは『論語』雍也篇にあるもの。ものごとに取り組むときは、近道を求めて小路に入り込んだりすると却って行き詰まる。堂々と一歩一歩、大道を歩むのが一番だという意味。諸橋の仕事ぶりは、まさにこれを貫いたものであった。

私は以前、新潟県・下田村にある諸橋轍次記念館を訪れ、諸橋が向き合っていた大漢和辞典の校正刷りを見せてもらったことがある。黄ばんだ用紙上の活字の棒組に、丹念に書き込まれた博士本人による訂正の朱筆。その一字一字からも、その志が伝わってくるようであった。

細かすぎて伝わらない関連動画など

(「大漢和辞典」「諸橋轍次」で動画検索してみました!!)

●「諸橋轍次博士生誕130周年記念」一流講師陣による「漢字・漢文学講座」


●大漢和辞典デジタル版PV


イメージ 7


イメージ 8


紀伊国屋書店 "諸橋大漢和"のデジタル版「大漢和辞典デジタル版」
→『大漢和辞典デジタル版 諸橋轍次[著] 鎌田正・米山寅太郎[修訂増補] USBメモリ1本・化粧函入 通常価格:本体130,000円+税 発売記念特価(2019年3月末まで):本体100,000円+税 発売日:2018年11月28日(水) 〜漢和辞典の最高峰、ついにデジタルの海へ乗り出す〜構想から70年あまりの歳月をかけ、2000年に完結した、漢和辞典の最高峰『大漢和辞典』。親字5万、熟語53万を収録したこの"諸橋大漢和"のデジタル版がついに登場。書籍では巻数にして13巻、ページ数にして1万ページを優に超える情報が、PC1台に収まります。
イメージ 9

【主な特長】1. 引きやすい検索機能・・・検索対象は『大漢和辞典』の全親字(51,110字)*。さまざまな検索方法で、すばやく検索ができます。2. 読みやすいページビューア・・・本文情報は画像で用意。巻1〜12、補巻の本文に加え、索引巻「補遺」まで、読みやすく使い勝手のよいビューアで閲覧できます。本文情報は、書籍の約4倍まで拡大して表示可能です。』

ジョニーAのつぶやき:デジタル化は便利だけど、やっぱしボリュームたっぷりの書籍バージョンの方が好きだぁなーーーーー♬

開くトラックバック(0)

◎飾磨のお好み焼き屋さん「お好み焼きはここやねん」へ行ってきた。
 そして、人生初の「もんじゃ焼き」を食べてみた。まぁー、、、姫路の
どろ焼きで慣れているので、ああいうドロドロ粉物は、さほど新鮮には
感じなかったけどーーー。

イメージ 5


ホットペッパーグルメ お好み焼は ここやねん 姫路飾磨店
『☆人気のもんじゃ焼!特製もんじゃソースで仕上げる京風塩もんじゃ!!イカがなもんじゃ/梅おかか等多数ご用意♪660円(税抜)〜
イメージ 4

◎心をこめたおもてなし:京都発祥“お好み焼きはここやねん”のおいしい理由!!お好み焼き生地はオリジナルブレンドの粉を毎日必要な分だけ練り上げます。おいしいお好み焼きの為に、コストと手間を惜しみません。 独自開発の極太生麺を、お客様からご注文を頂く都度、茹で上げてから焼きそばにしています。各店しのぎを削るお好み焼きソース。ブレンド内容は当然秘密ですが、有機野菜を主原料に自然の旨みにこだわり。』

イメージ 7


●お好み焼きはここやねん FC加盟案内


イメージ 8


イメージ 9

※ここやねんサラダ、キュウリの浅漬けスティック、枝豆

イメージ 10

※たいしたもんじゃ。

イメージ 11

※ふうわり焼きハーフ 海鮮
 遅くまで開いているので、今後利用する機会は増えそう。。。




☆「プロレス今日は何の日」と「漱石と明治人のことば」をお届け〜♪

(詳細は、1月1日の日記を参照のこと!)

☆さ〜〜て、本日5月22日(水)の、「プロレス記念日」は〜?

年度・団体【1955年・NWA】
カテゴリー【海外】
見出し:『ルー・テーズの連勝が「936」でストップ』
『解説:48年7・20にビル・ロンソンを破って以来続いていた連勝は、レオ・ノメリーニ戦に反則負けを喫し、936でストップ。もちろん、現在も破られていない不滅の記録だ。』

◎関連書籍、ニュース記事、試合動画、など。

●流智美氏よりDVD「ルー・テーズ クロニクル」発売コメント


イメージ 1


web Sportiva 2018.07.01【国際プロレス伝】ルー・テーズの筋肉は、鋼鉄ワイヤーのようだった
『【第36回】アニマル浜口が語る「国際プロレスとはなんだ?」国際プロレスでのデビュー戦で、グレート草津をバックドロップで失神KOさせたルー・テーズ。アニマル浜口は「鉄人」から発せられる殺気に、勝負の怖さ、プロレスの厳しさを感じたという。ルー・テーズの目の前で初めて試合をしたとき、アニマル浜口はどんな思いでリングに立ったのか――。/「坂口さんや猪木さんに極(き)めた伝家の宝刀バックドロップ――。テーズさんが『ヘソで投げる』を極意としていることは有名でしたが、ドンピシャのタイミングでスピードがありました。いくら教わっても、ちょっとやそっとではマネできない。
イメージ 2

  僕がテーズさんを見るようになったのはピークを過ぎた晩年でしたが、それでもプロレスラーが惚れ惚れするような肉体でした。筋(すじ)ばっていて、ボディビルでいえば、『バルク型』ではなく『ディフィニション型』というんですがね。鍛え抜かれていて、ぜい肉もまったくなく、筋肉と鋼鉄のワイヤーのような筋でつくられた身体。あの肉体を見ただけでも、僕にとっては財産でした」「僕とベン・アレキサンダーの試合で、たしか僕がエアプレーン・スピンで勝ちました。あの技は吉原功(よしはら・いさお)社長から『この技をやれ! おまえの必殺技にしろ!』と言われていて、もともとはテーズさんの得意技でした。何か縁みたいなものを感じます。ルー・テーズ杯争奪戦は若手の登竜門で、アピールの場でした。テーズさんがレフェリーをしてくださったり、リング下から見ていてくれると、僕たち若手は『よし、俺もルー・テーズに認められてやる!』と気合が入ったもんです。雲の上の、偉大なレスラーでしたからね」
イメージ 3

「今回のルー・テーズをはじめ、ビル・ロビンソン、カール・ゴッチ、モンスター・ロシモフ(アンドレ・ザ・ジャイアント)、バーン・ガニアなど、これまで国際プロレスにゆかりの深い外国人レスラーを紹介してきましたが、国際プロレス16年の歴史のなかでは他にも多くの外国人レスラーがリングに上がって活躍しました。ラッシャー木村さんが最強の男と評した「岩石男」ジョージ・ゴーディエンコ、アクロバットプロレスを日本に広めたエドワード・カーペンティア、AWA世界王者のニック・ボックウィンクル、「人間台風」ドン・レオ・ジョナサン、狂乱ファイトで流血必至のマッドドッグ・バション、国際の外国人エースとして君臨したジプシー・ジョー、ラッシャー木村さんの足を折ったオックス・ベーカー、「南海の殺し屋」ワイルド・サモアンズ……。そのほか、スーパースター・ビリー・グラハムやダイナマイト・キッド、リック・フレアー、そうそう、美人レスラーのビッキー・ウイリアムスやジョイス・グレーブルもいましたね。みんな個性的で、高度なテクニックや爆発的なパワーがあり、プロレスラーとして華があった。/吉原社長がアメリカ、カナダ、ヨーロッパなど世界中に独自のルートを築いて彼らを招聘してきたわけですが、国際プロレスの状況を考えると、苦労して契約した選手も多かったことでしょう。今、改めて思うのは、吉原社長のお考えです。きっと社長は、『いいか、お前ら! 世界のトップ選手、スター選手たちと接し、よく観て、肌で感じて、勉強しろ、何でも盗め! 自分たちも一流レスラーになって、世界へ羽ばたけ!』と僕たちに言いたかったんでしょうね。/それにしても、74歳まで6000試合、ほとんどストレスとプレッシャーのかかるメインイベントを務め、80歳のときに50歳の女性と再婚したエネルギーは、やっぱり人間を超えて鉄人ですね」』

☆本日の、『漱石と明治人のことば』は・・・
漱石と明治人のことば目次

【今日のことば】「健康な人間などというものは、恐らく一人もいないにきまっている。何等かの意味で、自分の人生に絶望を持たないで生きて来た人間は、一人もないにきまっている」――林芙美子

【解説】
『放浪記』というと、近年は作者の林芙美子の名前より先に、女優の森光子や仲間由紀江の名を頭に思い浮かべる人が多いのかもしれない。舞台化された作品が、それだけ長く受け継がれている証左であるから、地下の林芙美子も案外ご機嫌なのかとも想像される。

林芙美子は明治36年(1903)の生まれ。生誕地は山口県下関のブリキ屋の2階という説と、福岡県門司市のブリキ屋の2階という説がある。いずれにしろ、『放浪記』の冒頭に「私は宿命的に放浪者である。私は古里を持たない」と綴ったように、家というものを知らぬ放浪育ち。18歳で上京して、女工、女中、女給、事務員などの仕事を転々とした。あちこちの出版社に持ち込んで一顧だにされず埋もれていた『放浪記』が世に出たときも、飢える一歩手前だったという。それがあれよあれよという間に大ベストセラーとなり、一躍文壇の寵児となった。時に昭和5年、林芙美子は26歳となっていた。

掲出のことばは、『冬の林檎』の中に書かれた一節。傍からは窺い知れなくても、誰しもが己(おの)が体内に何らかの悩みや痛みを抱え、それぞれの歩みの中で絶望感を味わうこともある。それを乗り越えて生きていくのが、人生というものなのだろう。

『放浪記』によって女流作家としてのぼりつめたその地位を、林芙美子は手放すことなく活躍しつづけ、昭和26年(1951)6月、現役第一線のまま47歳で急逝した。その裏にも只事でないものは潜んでいた。自宅でおこなわれた告別式における、川端康成の、常とは趣を異にするこんな弔辞がそれを物語る。「故人は自分の文学的生命を保つため、他に対して、時にはひどいこともしたのでありますが(略)どうかこの際、故人を許してもらいたいと思います」

同性作家に対する林芙美子の度を越した競争意識が、しばしば露骨な排他的態度となってあらわれ、一部の不評を買っていた。長い底辺生活で、彼女の心身には、貪欲に逞しく生き抜く姿勢がしみついていた。競争相手を排斥するくらいのことは、朝飯前であったのかもしれない。一方で、文壇的な葬儀が一段落したところで、待ちかねたように近所のおかみさんたちが大挙して焼香に押しかけ、会葬者を驚かせたことも、記しておかねばならない。

細かすぎて伝わらない関連動画など


●仲間由紀恵 側転 「放浪記」の主演舞台で側転、女優森光子さんへ「見守って」


みんなの桜島 林芙美子文学碑(古里公園)
→『小説「放浪記」「浮雲」などで知られる女流作家・林芙美子の母親は桜島の古里町で暮らしたことがあり、芙美子も幼いころの一時期を鹿児島で過ごしたといわれます。「花のいのちは短くて、苦しきことのみ多かりき」芙美子がとても好きだったこの言葉が碑に刻まれています。
イメージ 6

毅然とした芙美子の姿と、母親に想いをはせているかのような幼少期の銅像から、波乱の生涯であった女流作家・林芙美子を偲ぶことができます。文学碑の近くにはお土産屋さんには、林芙美子関連の本や、森伊蔵・魔王のグッズなどがあります。そして鹿児島市街地でもなかなか手に入らない、長渕剛さんの関連商品を展示、販売。明るく優しいおばあちゃんが応えてくれます。林芙美子ゆかりの"古里"です。』

ジョニーAのつぶやき:もんじゃ焼きの語源が「文字(もんじ)焼き」だったことを、この日初めて知る・・・

イメージ 1


eiga.com 作品情報 『検察側の罪人』
■解説:木村拓哉と二宮和也の初共演で、「犯人に告ぐ」などで知られる雫井脩介の同名ミステリー小説を映画化。「クライマーズ・ハイ」「わが母の記」「日本のいちばん長い日」「関ヶ原」など、話題作や名作を多数手がける原田眞人監督がメガホンをとり、ある殺人事件を巡る2人の検事の対立を描く。都内で発生した犯人不明の殺人事件を担当することになった、東京地検刑事部のエリート検事・最上と、駆け出しの検事・沖野。やがて、過去に時効を迎えてしまった未解決殺人事件の容疑者だった松倉という男の存在が浮上し、最上は松倉を執拗に追い詰めていく。最上を師と仰ぐ沖野も取り調べに力を入れるが、松倉は否認を続け、手ごたえがない。沖野は次第に、最上が松倉を犯人に仕立て上げようとしているのではないかと、最上の方針に疑問を抱き始める。木村がエリート検事の最上、二宮が若手検事の沖野に扮する。
イメージ 6

■スタッフ:/監督 原田眞人 /原作 雫井脩介 /脚本 原田眞人 /製作 市川南 /共同製作 藤島ジュリーK. エグゼクティブプロデューサー 山内章弘 /企画 臼井央 /プロデュース 臼井央 /プロデューサー 佐藤善宏 西野智也 /協力プロデューサー 鍋島壽夫 /プロダクション統括 佐藤毅 /ラインプロデューサー 芳川透 /撮影 柴主高秀 /照明 大坂章夫 /録音 矢野正人 鶴巻仁 /美術 福澤勝広 /装飾 籠尾和人 高橋光 岩井健志 /衣装 宮本まさ江 /ヘアメイク 酒井啓介 /編集 原田遊人 /音楽 富貴晴美 土屋玲子 /音響効果 柴崎憲治 /VFXスーパーバイザー オダイッセイ /Bカメラ撮影 堂前徹之 /スクリプター 西岡智子 /キャスティング 杉野剛 /助監督 桑原昌英 谷口正行 /製作担当 伊藤栄
イメージ 2

■キャスト:木村拓哉(最上毅) 二宮和也(沖野啓一郎) 吉高由里子(橘沙穂) 平岳大(丹野和樹) 大倉孝二(弓岡嗣郎) 八嶋智人(小田島誠司) 音尾琢真(千鳥) 大場泰正(前川直之) 谷田歩(青戸公成) 酒向芳(松倉重生) 矢島健一(高島進) キムラ緑子(桜子) 芦名星(運び屋の女) 山崎紘菜(最上奈々子) 松重豊(諏訪部利成) 山崎努(白川雄馬)
イメージ 3

■作品データ:/製作年 2018年 /製作国 日本 /配給 東宝 /上映時間 123分 /映倫区分 G
オフィシャルサイト
※予告編がとてつもなく面白そうに思え、吸い込まれるように
DVDを借りてきたのだった・・・。

イメージ 4

※キムタクとニノの演技合戦は見応えあったが、その駆け引きの
過程を端折ったりするところは、実に残念で仕方なかったかなァー。

●『検察側の罪人』予告2

※むっちゃ早口の長台詞シーンがあるため、字幕必至の作品でもある〜。

シネマトゥディ 興収20億円を突破
『8月24日に初日を迎え、全国335館335スクリーンで公開されている同作。40代〜60代を中心に、男女問わず多くの観客が劇場に足を運んでいるといい、9月10日までの18日間で観客動員159万9,000人、興収20億円突破という大ヒットを記録している。あわせて、今回大ヒットの「一線を、越えた」ことを記念して、木村演じる検事の最上が「一線を越える」瞬間を捉えたカットが初公開となった。同カットでは、暗闇の中で拳銃を構える最上の姿を確認することができる。
イメージ 5

雫井脩介の同名小説を基にした本作は、犯人不明の殺人事件を担当することになったエリート検事の最上(木村)と、彼に憧れを抱く新米検事の沖野(二宮)が、捜査方針などをめぐって対立していく姿を描く。メガホンを取ったのは、『関ヶ原』『わが母の記』などの原田眞人監督。(編集部・吉田唯)』

◎ニノと吉高のラブシーンも話題(特にニノファンからの批判)
だが、モノホンの恋人のニュースをば貼っておこうーーー。
デイリーニュースオンライン 伊藤綾子が“おめでた匂わせ”疑惑で嵐・二宮との結婚が加速!?
『9月23日の「日刊ゲンダイDIGITAL」が、嵐・二宮和也との交際が噂される元アナウンサー・伊藤綾子の近況を伝えた。伊藤は最近、不可解な行動をとっているという。「記事によると、二宮と伊藤が半同棲生活を送っているマンションは、芸能記者たちの定点観測ポイントになっているそう。またその記者の1人が『(伊藤は)自分の写真を撮られることを薄々気づいているのに、それを許容しているフシがある』と証言しています。にもかかわらず、彼女は車で乃木坂方面に向かい、赤坂8丁目付近に差し掛かった時だけ、なぜか後続車の追尾を振り払おうとするそうです」(芸能記者)
イメージ 7

  芸能マスコミ各社はこの行動を何らかの暗示と捉えているそうだが、まだ裏が取れないためスクープには至っていないようだ。そんな彼女がいつもマスコミをまく付近には、芸能人御用達の有名なクリニックがあるという。「赤坂8丁目には、多くのセレブや芸能人が利用する高級クリニック・山王病院があります。ここの産婦人科では過去、松嶋菜々子、広末涼子、工藤静香など錚々たるVIPが出産しており、芸能人からの信頼は厚い。そのため、伊藤がこの病院の近辺で目撃されているとすれば、おめでたという可能性もあるでしょう」(前出・芸能記者)/一部報道では、嵐が20週年を迎える来年以降に結婚が噂されているという二宮と伊藤。だが、おめでたとなれば、その時期はさらに早まるかもしれない。』

イメージ 11


★異常者・松倉役の酒向芳って「集団左遷」の支店統括部部長だったか!
イメージ 12

※スゲエ怪優だなー、この人。。。

イメージ 10

※キムタクの正義とはいったい・・・。事情の詳細は解らないが、結果的に
 SMAPを殺すという過ちを引き起こす元凶となったことは確かなのだー。




☆「プロレス今日は何の日」と「漱石と明治人のことば」をお届け〜♪

(詳細は、1月1日の日記を参照のこと!)

☆さ〜〜て、本日5月21日(火)の、「プロレス記念日」は〜?

年度・団体【2017年・全日本・後楽園ホール】
カテゴリー【快挙】
見出し:『ジャンボ鶴田にあこがれた石川修司が三冠王座奪取』
『解説:石川は03年にDDTでデビュー。195僂猟洪箸箸修離襯奪スから、ジャイアント馬場に似ているという理由でオマージュレスラーをやらされながら、「鶴田さんのようなレスラーになりたい」と語っていた。/その後、DDTの別ブランド、ユニオンプロレスに移籍し、エースとして活躍。15年10月、同団体の解散を機にフリーへ転身する。/17年4月、全日本のチャンピオン・カーニバルで初優勝を果たすと、その勢いで宮原健斗の三冠ヘビー級王座に挑戦。インディー出身ながら老舗の至宝を奪取し、鶴田をよく知る和田京平レフェリーによって手を上げられた。』

◎関連書籍、ニュース記事、試合動画、など。

●2017.5.21 全日本プロレス 後楽園ホール大会 試合後コメント(石川:11分50秒より)



イメージ 8


☆今年のこの日も三冠挑戦!
イメージ 9
  

スポーツ報知 令和最初の三冠ヘビー級戦は宮原健斗が石川修司を下しV4…全日本後楽園大会全試合結果
『◆全日本プロレス2019 SUPER POWER SERIES(20日、東京・後楽園ホール):全日本プロレスの東京・後楽園ホールが20日、行われ、元号が令和になって初めての三冠ヘビー級選手権試合は、第62代王者・宮原健斗(30)が、挑戦者の石川修司(43)を27分41秒、シャットダウンスープレックスホールドで下し、4度目の防衛に成功した。』

◆全試合結果

▽シングルマッチ

○大森北斗(5分51秒、ブレーンバスター→エビ固め)田村男児●

▽ジャンボ鶴田メモリアルマッチ

○秋山準、西村修、鈴木鼓太郎(9分23秒、エクスプロイダー→体固め)大森隆男、渕正信、ブラックめんそーれ●

▽GAORA TVチャンピオンシップ前哨戦 6人タッグマッチ

○ジェイク・リー、野村直矢、TAJIRI(9分13秒、バックドロップ→片エビ固め) 青柳優馬●、ヨシタツ、吉江豊

▽世界タッグ選手権試合前哨戦 6人タッグマッチ

○ディラン・ジェイムス、ギアニー・ヴァレッタ、ノビー・ブライアント(9分49秒、チョークスラム→片エビ固め)諏訪魔、岡田佑介●、佐藤光留

▽アジアタッグ選手権試合

○河上隆一、菊田一美(17分00秒、ハリケーンドライバー→エビ固め)ゼウス、丸山敦●
※第107代王者組が初防衛戦

▽世界ジュニアヘビー級選手権試合

○青木篤志(14分26秒、トラップオーバー)岩本煌史●
※第50代王者が3度目の防衛に失敗。第51代王者誕生

▽三冠ヘビー級選手権試合

○宮原健斗(27分41秒、シャットダウンスープレックスホールド)石川修司●
※第62代王者が4度目の防衛

イメージ 13


☆本日の、『漱石と明治人のことば』は・・・
漱石と明治人のことば目次

【今日のことば】「母の名は千枝といった。私は今でもこの千枝という言葉を懐かしいものの一つに数えている」――夏目漱石

【解説】
夏目漱石の幼少期は家庭的に恵まれなかった印象がある。/漱石は生後まもなく古道具屋へ里子に出された。赤ん坊の漱石は笊に入れられ、その古道具屋のガラクタと一緒に、毎夜、四谷の大通りの夜店にさらされていた。姉のひとりがそれを見かけて可哀相に思い懐へ入れて連れ帰ったが、まもなく近在の名主である塩原夫婦のもとに養子にもらわれていった。

里子や養子ということ自体を、ことさら不仕合わせのように強調することは当たらないだろう。当時はそうしたことは少なからずあった。高橋是清も同じような幼少体験の持ち主だし、吉田茂も生後すぐに実父の親友の家へ養子に出された。与謝野寛・晶子夫妻は五女を他家へ養子に出している。

幼い漱石の心が傷つくのは、その後に引き続く揉め事があったためだろう。養父母の間に離婚騒動があり、漱石はまた夏目家に戻された。体は戻されながら、なお、戸籍の上ではすぐに塩原姓からの復籍がならず、養育費の問題などもからみ、ごたごたがつづいた。こうしたことがつづく中で、自分の居場所が定まらぬような、不安定な心持ちが、漱石の中にきざしていったのではないだろうか。

その一方で、漱石は母の千枝に対しては、終生、懐かしい感情を抱きつづけていた。だから、晩年の随筆『硝子戸の中』にも、掲出のようなことばを記した。漱石はさらにこう綴る。「だから私にはそれがただの私の母だけの名前で、決して外の女の名前であってはならないような気がする。幸いに私はまだ母以外の千枝という女に出会った事がない」

漱石の母・千枝は明治14年(1881)、漱石が14歳の折に病没している。千枝は漱石を産んだとき40歳を超えており、漱石の記憶の中の母もどこか「お婆さん」のように見えたという。思い浮かぶ母の姿はいつも夏の服装(なり)で、紺無地の絽の帷子を着て、幅の狭い黒繻子の帯を締めている。鉄縁の大きな眼鏡をかけて裁縫仕事をしながら、眼鏡をかけたまま顎を襟元へ引きつけるようにしながら、漱石のことをじっと見つめることが多かった。それが老眼のためであることを漱石が知ったのは、ずっと後年のことだった。

『硝子戸の中』には、こんな一節も読める。「宅中(うちじゅう)で一番私を可愛がってくれたものは母だという強い親しみの心が、母に対する私の記憶の中には、いつでも籠(こも)っている。愛憎を別にして考えてみても、母はたしかに品位のある床(ゆか)しい婦人に違いなかった」/「母の日」から1週間が過ぎた今日、どこか寂しい幼少年期を過ごした漱石に、この母がいてくれたことを、改めて感謝したいような気持ちになる。

細かすぎて伝わらない関連動画など

(「母親」「千枝」で動画検索してみました!!)

●母の呼びまくる声に返事をしながら走って来るフクロウ

※オフクロがフクロウを呼ぶ。フフクそうに走ってくるフクロウ・・・。

●「かわらない母の愛、母の味」ねぇ、まなちゃん篇


ウミガメのスープ 大切な娘だもの。
『背中の中ほどまで伸ばした美しい黒髪は、千枝にとって密かな自慢だった。髪を伸ばし始めたのは幼い頃に母親に褒められたのがきっかけだったが、爾来彼女は髪の手入れを気にかけるようになり、中学に上がった頃にはシャンプーやトリートメント、ブラッシングの方法や食生活にも気を配るようになっていた。しかし最近は睡眠不足のためか枝毛が出来ることが多く、その度に彼女は髪の先端から数センチ程度を切り、枝毛を処理するようになっていた。さて、彼女が枝毛を切る際、髪型に違和感が出ないよう一度に切るのは精々数本ずつにしているのだが、それでも彼女の母親は枝毛を切った千枝を見るとすぐ彼女が髪を切ったことに気付く。一体何故だろうか?/出題者:TATATO /出題時間: 2018年4月21日(土)
◎さあ、みんなで考えよう〜〜!!
イメージ 14
  
★★★正解★★★ 年に一度しか会わないのに、髪の長さが前回会った時と変わらなかったから。★★★物語★★★千枝が地元の大学を卒業し都会の企業に就職してから早三年。一人暮らしにも慣れ、仕事もだいぶ熟せるようになってきた。しかし悲しいかな、仕事が出来る人間には多くの仕事が舞い込むのがこの世の常。日に日に彼女が抱える仕事量は増えて残業も多くなり、それに反比例するかのように彼女の睡眠時間は減る一方だった。土日は平日の疲れを癒やすため長めの睡眠を取り、残った時間は買い物、料理、洗濯、掃除、そして持ち帰った仕事を消化するだけで終わってしまう。気が付けば、両親の住む実家には正月休みくらいしか行かなくなっていた。/そしてその年の年末、仕事納めの日。何とか今日だけは定時で帰ろうと考えた千枝は、いつもより2時間ほど早く会社に来て仕事を始め、昼休みも取らず働き続けて何とか夕方頃にその日の業務を切り上げた。会社を出ると最寄りの駅まで急ぎ、そこから自宅とは反対方向の電車に乗る。新幹線とローカル線、そしてバスを乗り継ぎ約4時間。御世辞にも栄えているとは言えない小さな町のはずれにあるバス停に降り立つ。そこからさらに十数分歩いて漸く実家の前に辿り着くと、安心したような懐かしいような気分になる。ゆっくりと玄関のドアを開けると、すぐに母親が迎えに出てきた。
イメージ 15
  
「ただいま」「お帰りなさい」/一年に一度しか帰ってこないにも関わらず「ただいま」と言うことに微妙な気不味さを感じながらも、母親の返事に心が安らぐのを感じる。やっぱりここが自分の家なんだな、などと考えながら脱いだ靴を揃えていると、母親が口を開いた。「あら、また髪切ったの?」「そりゃ前回から1年も経ってるんだし、髪くらい切るよ」「子供の頃はずっと伸ばし続けてたのにねぇ」/一年前の髪の長さまで覚えていてくれる事に改めて母親の愛の深さを感じつつ、千枝は「これからはゴールデンウィークや夏休みにも帰省しようか」などと考えていた。解決時間: 2018年4月21日(土) 23:28』

ジョニーAのつぶやき:「ウミガメのスープ」って言葉、久々に聞いたわぁー。

毎日新聞 りえさん手帖
『2019年5月20日 東京朝刊』

イメージ 1

※客商売なめとんなー、この兄弟・・・


イメージ 5

※西原さん単独のニュースがすくな〜〜〜〜〜い!!
大体が、パートナーかっちゃんとの話題になっているぅ〜。

デイリー 空き巣被害の高須院長 元気に大相撲生観戦、懸賞金も…現場でもツイート
『今月4日に空き巣の被害に遭い、金の延べ棒7キロ分(時価総額約3400万円)を盗まれる被害にあった「高須クリニック」高須克弥院長が13日、両国国技館で開催された「大相撲夏場所 2日目」をパートナーの漫画家・西原理恵子さんとともに観戦した。高須院長は8日のツイッターで「しばらく留守にしているうちにかっちゃんの家に泥棒が入った。ヘソクリ全部取られた」とツイート。愛知県日進市内の別宅に置いていた7キロの金塊が盗難被害にあったことが明らかになっていた。/この日は国技館のたまり席(砂かぶり席)で西原さん、作家・林真理子氏らと観戦。懸賞金を出した錦木が勝利し、両手をあげてバンザイしたり、両手を高々と掲げてサムアップポーズをとるなど元気いっぱいの様子で盛り上がっていた。ツイッターにも「維持員席なう」「勢、顔のマッサージなう」などと写真とともに投稿していた。』

イメージ 4

・懸賞金を出した錦木が勝利し、バンザイする高須克弥氏。
 右は小説家の林真理子さん。

☆院長、いつの間にZERO1に出資するようになったんだぁーー?

●高須クリニック×プロレスリングZERO1

・高須克弥院長がプロレスステージに立ち上がる。
靖国神社相撲場で3月31日に開催されたプロレスリングZERO1による靖国
神社創立150週年記奏ない奉納プロレス「大和神州・力まつり」でスポンサ
ーになった高須クリニックの高須克弥院長がリングインして大声援を浴びる。
高須クリニックコラボは滅多にないイベント。

イメージ 2


●高須院長インタビュー (11分10秒)

・プロレスZERO1スポンサーになった経緯や恋人である西原理恵子との
 馴れ初め、そしてフリーメイソンなどを質問した。

イメージ 3


◆「ビッグコミックスペリオール」最新号より。

イメージ 6


イメージ 7

※「ダーリンは74歳」!・・・と言っても今回は技士連中の話ばっかで、
かっちゃんは1コマも登場しない。これは「りえさん手帖」の方で採り
上げるべき題材じゃあないのっ!?西原さーんっ!




☆「プロレス今日は何の日」と「漱石と明治人のことば」をお届け〜♪

(詳細は、1月1日の日記を参照のこと!)

☆さ〜〜て、本日5月20日(月)の、「プロレス記念日」は〜?

年度・団体【2017年・WWE】
カテゴリー【快挙】
見出し:『ASUKAがゴールドバーグの連勝記録を更新』
『解説:15年10・7NXTデビュー以来、無敗の快進撃を続けていたASUKAがトリプルスレット戦を制し、174連勝を達成。デビューからの記録としては、ゴールドバーグがWCW時代に残した173が最長だったが、それを上回った。/その後も負けなしのままNXT女子王座を防衛し続け、17年8・24に同ブランドからの卒業とタイトル返上を発表し、10月よりロウへ移籍。18年1・28女子ロイヤルランブルを制し、レッスルマニア34でシャーロット・フレアーに敗れるまで267連勝を樹立した。』

◎関連書籍、ニュース記事、試合動画、など。
プロレス格闘技DX アスカ、174連勝達成

イメージ 9

イメージ 10


●ASUKA負ける。連勝記録&防衛日記録ついにストップ!


●Charlotte Flair vs. Asuka


イメージ 8

※親父さん(リック・フレアー)の4の字固めの進化系やね♪

☆本日の、『漱石と明治人のことば』は・・・
漱石と明治人のことば目次

【今日のことば】「桃栗三年柿八年 だるまは九年 俺は一生」――武者小路実篤

【解説】
もし武者小路実篤に師と呼べるような存在がいたとしら、トルストイだろう。なぜなら彼を文学の道に導いたのは、思想家としてのトルストイだったのだから。それでも、トルストイの説く禁欲的人道主義に長くとどまってはいなかった。「思想の借り着は害がある」と思い至り、そこから一歩抜け出して自己を生かす道を模索したのである。

先輩作家としての夏目漱石や幸田露伴にも会い、彼らを尊敬していたが、一方では「自分より偉い人に会ったことはない」とも綴る。傲慢というわけではない。物事に取り組むときは自分自身が出発点であり、その意味では皆が対等と考えていた。

そんな武者小路実篤が絵筆を握るようになったのは、40歳のころ。もともと、文学のみならず芸術全般に意を注いだ白樺派の運動の中心メンバーであったから、以前から美術に対する深い興味は有していた。だが、ここでも誰かの作風に寄りかかるというような安易な道はとらない。セザンヌやゴッホらの絵画にふれ、その作品の素晴らしさを尊敬しても、それはそれ、自分は自分、人真似しようなどとは思いもしないのである。元来がどちらかというと不器用な質。最初はうまく描けなかったものの、それでも構わず、黙々とていねいにつづけた。そうするうち、いつか「誠実無比」といわれる独得の画境を掴んでいく。

もっともよく知られているのは、野菜や花を率直かつ素朴なタッチで写生し、その脇に、以下のような簡潔にして意味深なさまざまなことばを書きつける、実篤ならではの文人画の世界であろう。

「君は君 我は我也 されど仲よき」
「思い切って咲くもの万歳」
「どかんと坐れば動かない」
「共に咲く喜び」

掲出のことばも、そうした自筆画に添えられたもののひとつ。桃や栗は実をつけるまで3年を要し、柿は8年かかるといわれる。達磨大師は9年もの間、壁に向かって坐禅を組みつづけ、ついに悟りを開いた(面壁九年)。自分自身は不器用だから、一生をかけて、じっくりと花を咲かせ実をみのらせていく、という意味であろう。

このことを象徴するような遺品が、東京・調布市の武者小路実篤記念館に残されている。彼が絵を描くに際し愛用していた硯である。中国製。「硯の中の硯」と賞揚される澄泥硯(ちょうでいけん)。中央に小さな穴があいている。なぜそんな穴があいたのか。

武者小路はこれを使って、さまざまな色合いの墨(色墨)をすり、来る日も来る日もせっせと絵を描きつづけた。80歳を過ぎても向上心は衰え知らず。本気でいつかピカソに追いつく気概。時には、使い残しの墨を洗い流すのももどかしく、くるりと硯を裏返し、その背面で別の色をすったりもした。こうして表からも裏からも少しずつ磨耗した結果、ついに硯の中央に穴があくに至ったという。肯定的にして一徹なる心の、凄まじさを思うべし。

細かすぎて伝わらない関連動画など

(「武者小路実篤」「硯」で動画検索してみました!!)

●武者小路実篤記念館「実篤に挑戦 筆と墨で絵をかこう」


イメージ 11

※「日々是好日」ですか。。。

●新しき村創立100周年記念特別展「新しき村の100年」



さあ、俺も立ち上がるかな まあ、もう少し坐つてゐよう

自分の力に合うことだけしろ、その他の事は、おのずと道が開けてくるまで待て

僕はいい画や字を見ると、自分より優れた人間がこの地上に生きていたことをはっきり知ってありがたくなり、自分も負けていてはすまないと思う

人生は楽ではない。そこが面白い

心の美しい者は、皆に愛されるのは事実である。そして恐らく運命にも愛されるであろう

結婚するものも仕合わせだし、しないものも仕合わせだ。どっちにも人間としての喜びがある

趣味ということは馬鹿に出来ない。人間の上等下等は趣味で大概きまる

無理してよろこぶな。理屈でよろこぶな。自然によろこべる時によろこべ


ジョニーAのつぶやき:実篤先生の名言の5つ目、「運命にも愛される」というフレーズが好きだなぁー。昨日観た「コンフィデンスマンJP 運勢編」のストーリーを想起しちゃうしーー♪

全1090ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事