彩楽

旅先のワクワク感を写真に乗せて^ ^

デジタルもの・パソコン

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]



Windows 7 Ultimate 64bitから、Windows 10 Pro 64bitへアップグレードして半月。だいぶ慣れてきましたので感想など。


特筆すべきは、起動の速さです。256GBのSSD(CFD CSSD-S6T256NHG6Q)で、11秒~15秒でデスクトップが表示(ログインパスワードは設定していません。)されます。


Windowsの高速スタートアップってすごいですね。


マザーボード付属のUEFIを活用したFast Boot機能のユーティリティーのmsi Fast Bootも必要なく、Windows 10では、かえって起動に負担になるだけなので、スタートアップ項目からも外し、BIOSへ入るためのソフトとして使っている感じです。


これは、まめにシャットダウンする私にとって嬉しい進歩。


スタートアップ項目の中でも一番起動に時間のかかるウイルスバスタークラウドも35秒〜40秒で起動完了。アイコンが表示されてすぐマウスカーソルを合わせて確認すると、ほぼ同時に「保護されています」のメッセージ表示されます。Windows 7のときは、SSDでも90秒くらいかかっていたので、かなり速くなったと実感できます。


YouTubeに起動の様子を限定公開でアップしています。
https://youtu.be/54mmyWxVNuc


左下のスタートボタン(Windowsボタン)に表示される2つのメニュー画面(画像1、2)で、ほぼすべての機能やソフトウェアにアクセスできるのも、慣れると便利。デスクトップのタスクバーのクイック起動バーを併用すれば作業効率もアップ。デスクトップも広々です。


関連リンク(Bloggerにアップした記事です。)
Windows 10 デスクトップのタスクバーにクイック起動バーを表示する。


また、動作も軽く、安定している感じです。
もっとも、起動が速い+SSDと言うだけで、気分的に、そう感じるだけカモしれませんが、OSとしての動作に満足しています。


新ブラウザのMicrosoft Edgeは、とても軽いですが、Googleのサービスと相性があまり良くなく、特に、私がよく利用するBloggerの編集や、Googleフォトサービスにおいて、フリーズすることもあるので、Windows 7のころからメインブラウザとして使っていたIE 11と使い分けています。


Microsoft Edgeのダウンロード機能で、ダウンロード先が選べないのは、ダウンロード先はデスクトップとしていた私にとっては不便。気が付けばEdgeのダウンロードフォルダに、ファイル名(1).zipのように、同じのがあったりと、無駄なダウンロードをしてしまう自分が嫌。


IE 11では、いまだにGoogleツールバーをインストールして使っているのですが、ツールバー上に検索ボックスに入力したキーワードが表示され、そこをクリックすると、ページのキーワードにジャンプできる機能が便利過ぎて、手放せないのです。


今のところ、不満や、不具合は以下の3つ。


まず、Windows Updateが自動で行われてしまい、選べるのは再起動のタイミングのみである点。昨年の夏ごろから、Windows Updateは不具合満載で、情報を集めてからアップデートする癖…と言うか、トラウマに近いものがあるので、今まで2回ほど更新がありましたが、どうも慣れない。


まぁ、これも考えかた次第で、システムのメンテナンス的なことは、すべてOSがやってくれて、ユーザーはそれを使うだけで良いと思えば、なんだか、未来的でカッコいい。近い将来に、映画のアイアンマンのジャービスみたいなシステムを期待してしまいます。


あと、地味に不満なのが、画像ファイル上の右クリックメニューに、Windowsの画像ビューアーソフトに関連付けられた「プレビュー」の項目が無いこと。JPEGファイルなど汎用的な画像ファイルは、画像編集ソフトに関連付けているので、確認など、ちらっと大きく見たいときは、「プログラムから開く」→「Windows フォトビューアー」と操作しないといけないので、少々手間。

↑追記
スタートメニューの「設定(歯車のアイコン)」→「システム」→「既定のアプリ」より、フォトビューアーにWindows フォトビューアーを指定することで、右クリックメニューにプレビューが追加されました。

関連リンク(Bloggerにアップした記事です。)


不具合は、シャットダウン時に時々表示されるアプリケーションエラー。Windows 10はシャットダウンも速く、一瞬表示されるだけなので、内容も確認できないままですが、正常にシャットダウンされ、次回の起動も正常に行われるので、不具合と言うほどのものでは無いのかもしれませんが、エラーメッセージは、なんとなく気持ち悪い。


Windows 7からアップグレードして正解かどうかを聞かれると、私は正解だったと思います。


ただし、人に勧めるかと聞かれると、勧める人のパソコンのスペックや、メーカーのサポート次第と答えます。私は自作パソコンを使っていて、そこそこのスペックで、マザーボードやCPU、VGA、SSDなど、パーツもわりと新しいので、思い切ってアップグレードしてみました。


後付けですが、マザーボードメーカーのWindows 10に対応したドライバーのアップも早かったですし。


Windows 7 Ultimateからのアップグレードです。


Windows 8.xは使ったことが無いので、7との比較ですが、とにかく、起動が速くてびっくり。アカウントのログイン操作を飛ばしているので、電源ボタンを入れてからデスクトップが表示されるまで、SSDで、10〜15秒は驚き。


高速スタートアップってすごいのね。


動作自体は驚くほどの変化はありませんが、慣れない分を差し引いても、Win 7より快適になった気がします。



デスクトップのキャプチャ。
大きく変わったと言えば、スタートボタンと、ピン留めという機能。


ピン留めは、コルクボードに写真や絵ハガキをピンで留めて掲示する感じと言えばイメージし易いカナ。Windows 10には、ピン留めできるコルクボードが、2枚あり、スタート画面と、タスクバー(画面下のスタートボタンの横のエリア)に表示することができます。


早速、デフォルトで、スタート画面にピン留めされていたアプリや機能をすべて削除して、今まで、クイック起動バーや、デスクトップにショートカットを作成していたソフトウェア(アプリ)をピン留めしました。



スタートボタンを右クリックすると、パソコンの管理系の機能や、エクスプローラなど、よく使いそうな機能へアクセスできるリンクメニューが出現します。コントロールパネルってどこからアクセスできるのカナって探していたら、このメニューを見つけました。


上の2枚のキャプチャからもわかるように、スタートボタンの周りでソフトウェアやよく使いそうな機能にアクセスできるのは、慣れるとけっこう便利。



Windows Updateへのアクセスを表したキャプチャです。
Win 7では、Windows Updateへは、コントロールパネルからアクセスできたのですが、Win 10ではスタートボタン→設定ボタンより開くウィンドウよりアクセスします。


まぁ、どこからアクセスしても覚えれば問題は無いのですが、エディションがproであっても、更新プログラムのダウンロードとインストールは自動で行われ、指定できるのは再起動する日時のみ。


昨年夏ごろからの更新プログラムの不具合の多さのトラウマから、ダウンロードとインストールのタイミングが選べないのは、少々不安が残ります。


あと、新たに導入されたブラウザの、Microsoft Edge。
GoogleのChoromeとか使っている人は、問題なく使い始めることができそうな感じですが、IE 11を使っている人にとっては、少々慣れが必要カモ。


実は私も、IE 10、11を長く使っていたので、つい使いなれたIEを起動してしまいます。


追記 ブラウザ関連。
新しいブラウザのEdgeですが、少し慣れると思ったより使いやすい。と言うか、動作が軽い。


気になる点は、お気に入りの並びが、インポート直後は、お気に入りフォルダ直下に入れたページが先(上)に表示され、整理に使うフォルダが後(下)に来てしまう点が、IEと逆なので、使いづらい。


また、お気に入りを表示させたまま(ブラウザにピン留め)ブラウザを再起動するとまた引っ込んでしまいます。ずっと、お気に入りを表示させたままブラウジングしていたので、この点も、少々不便。


Edgeは先に書いたとおり、動作が軽く、IE11を使うと動作が重いと感じてしまいます。快適さでは、Edgeが勝りますが、Googleフォトや、それに関連するサイト(例えばBloggerの記事にGoogleフォトの写真を使う場合)ではフリーズすることもあります。

まだまだ、Edge一本に絞るわけにはいかないようです。


Windows 10は、Win 7の操作性と、Win 8の軽さを併せ持つOSと言った印象。
Win 7で動いていた周辺機器も問題なく使えたのは嬉しい。11年前に発売されたPIXUS iP8600という古いインクジェットプリンターが使えるかどうか不安でしたが、問題なく認識されました。


追記
PowerShot G1 X Mark IIでWindows 10 の起動の様子を動画に撮ってみました^ ^


↑動画の再生ボタンが動かない場合は、上記のリンクより動画をご覧ください。


関連リンク

6年4ヶ月使用してきた、EIZO FlexScan S2242W-E(EZ-UPスタンド搭載モデル)の電源が入らなくなってしまったので、新たにEIZO ColorEdge CS230-CNXをEIZOダイレクトで購入しました。


EIZO ColorEdge CS230-CNXは、カラーマネージメントソフトウェアのColorNavigator 6と、 ColorNavigator 6を使用するためのキャリブレーションセンサーのEX2が付属したモデルです。


Adobe RGBで現像したり、家でプリントすることは殆ど無く、主にSNSにアップして楽しんでいるので、sRGBを正確に表示できるEIZO ColorEdge CS230が最適と思い決めました。


ColorNavigator 6と、センサーのEX2で、高度なキャリブレーションも可能で、ノングレアのIPSの23型も丁度良いサイズ。モニターの輝度と色合いを維持してくれる、コレクションセンサー内蔵というのも何気に嬉しい。


なお、キャリブレーションセンサーのEX3付属モデルが2015年8月28日に発売されるようですが、それまで待てないので、まぁ、EX2でも良いカナと。




EIZO FlexScan S2242W-E、6年4ヶ月、お疲れ様でしたm(_ _)m


関連記事
ご無沙汰しております。
 
うっかりHTML5(ホームページを作る言語)の解説サイトを作り始めてしまいまして、HTML5の説明書みたいなサイトが英語のサイトなので、それを翻訳サイトで翻訳しながらの作業をしていまして、思いのほか時間がかかってまぅす^ ^;
 
農作業の合間とか終わってからの作業なので、年内完成を目指していますので、なかなか皆様のブログにお邪魔できませんが、お許しをm(_ _)m
 
 
まぁ、そんなかんやで、これまたうっかり、少々お高いキーボードを買ってしまいました。
 
 
 
FILCO Majestouch 2 赤軸・フルサイズ・かなあり
 
マットな色合いのボディ&キーで高級感があって、めちゃ打ちやすく、好みの深めのキーストロークで、ふわっとした押し込み感、トコトコと心地よいキーを打つ音ががとても良いのです。
 
ちなみに、メカニカルキーボードとは、キーごとに独立したスプリングが仕込まれたスイッチ機構が備わっているキーボードのことを言います。

これに対して、一般的なキーボードのメンブレン式、ノートパソコンや、薄型キーボードに多く採用されているパンタグラフ式のキーボードなどがあります。

メカニカルキーボードは独立したスイッチ機構のため、カチャカチャと打つ音がうるさいのが特徴であり、キーが深く押せるので確実なタイプができ、キーボードのフレームや補強材としてスチールが使用されており、頑丈で重いので、特にタッチタイプ上手い(速い)人とか、たくさん打つ人が好んで使う。

赤軸とは、メカニカルキーボードのキーの性質のひとつで、メカニカルキーボード特有のカチリとしたスイッチ感が無く、ストレートな押し込み感があり、あまりカチャカチャ煩くなく、トコトコって感じの音がし、押し込み感が軽めのものを言います。
 
では、また^ ^

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 
サンワサプライのUSB3.0 コンボカードリーダー ADR-3SDCFUBK
 
めちゃ早くてびっくり。
 
7月、8月にパソコンのパーツをいろいろ新しくしたらUSBポートがほとんど3.0になっちゃったので、SDHCカードとCFカードが使えるUSB3.0対応のカードリーダーを購入。
 
USB3.0はUSB2.0対応のカードリーダの10倍の転送速度。その速さを体感しました。
 
 
パッケージはこんな感じ。
 

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事