その名は不思議

「わたしの名は不思議です。どうしてあなたはそれをたずねるのですか。」(旧約・士師記13章18節)

全体表示

[ リスト ]

いのちのパン

今日の聖書の言葉です。

「わたしは、天から降って来た生きたパンである。
このパンを食べるならば、その人は永遠に生きる。わたしが与えるパンとは、
世を生かすためのわたしの肉のことである。」
(新約・ヨハネによる福音書6章51節)

私たちが生きていくのにパンを必要とすることは言うまでもありません。
ある人は信仰のことを話しますと、神を信じるのもケッコウだけど、
神が食べさせてくれるの?なんていう人があります。

確かに私たちはパンなしに生きていけるわけではありませんが、しかし、
決してパンだけで生きていけるものでもないことを忘れがちのようです。

日本は世界で豊かな国といわれていますが、
しかし、残念ながらそれは命の豊かさではありません。
時にはモノの豊かさがかえって私たちの心の貧しさ、貧困を招いてしまうようです。

この貧しさはパンでは満たされない空腹感なのです。
この空腹感が満たされないと、人としての存在感も生きている充実感も無いのです。
心に痛みを抱いている人はよく食べます。ひっきりなしに食べ、食べては吐き・・・
まるで食べることで心の飢えをいやそうとしているようです。
食べ過ぎているのに心は空腹感と孤独感という傷の痛みに耐えられないのです。

先進諸国といわれている国は飽食の状態にあるといわれています。
メタボリック・シンドロームはからだの問題以上に心の問題でしょう。

一方アジアやアフリカでは食べるパンが無くて、飢えている人がたくさんおられます。
ところがそこで生きている人々の少しのパンを分け合って食べる
心の豊かさに驚かされるとNPOの働きによって聞きます。

だからと言って貧しさがよいということはありません。
私も貧しさがどんなに辛く、いやなことであるかを知っています。
今世界は、私たちは私たちの心と生活を本当に豊かにするのは、
決してパンの豊かさによるのではないことを知ることが大切だと思います。

イエスは「わたしは、天から降って来た生きたパンである。」と言っておられます。
私たちが働いて地から取られたパンは身体を養いますが、
決して心と命を豊かにすることが出来ません。

人はそれができると錯覚して砂漠に蜃気楼を追い求めてさ迷っているようです。
そして大地も心もますます砂漠化しているのです。
その砂が今日も花粉や黄砂となって私たちの健康と生活をおびやかしています。

私たちの命は生ける神から与えられ、生かされているのですから、
天から、神が与えてくださるパンによらなければ、私たちの命を豊かにすることはできません。

さて、イエスは御霊によって荒野に導かれた。悪魔に試みられるためである。
そして、四十日四十夜、断食をし、そののち空腹になられた。すると試みる者がきて言った、
「もしあなたが神の子であるなら、これらの石がパンになるように命じてごらんなさい」。
イエスは答えて言われた、「『人はパンだけで生きるものではなく、
神の口から出る一つ一つの言で生きるものである』と書いてある」

(新約・マタイによる福音書4章1〜4節)

人はこの世の神・悪魔に欺かれて石をパンに変えて、偽りの豊かさ・バベルの塔を築きました。
今バベルの塔に亀裂が入り、崩壊し、またかつてのバビロンが砂漠に帰り、
砂の下に埋もれているように、同じ道を辿っています。

イエスは私を食べなさい。そうすればいつまでも生きることができるであろうと言われます。
この謎めいた言葉はイエスを信じて、飢え渇く心に受け容れることによって解き明かされます。

私たちはパンを食べるときには口にパンを入れます。
イエスという天から降って来た命を与えるパンは信仰によって
心という口を開いて食べるのです。

こっちのパ〜ンがおいしいよ!と言う言葉に欺かれて、豊かなパンを求め続けています。
人の手によるパンはおいしいのですが、心の飢えがいやされることはありません。
十字架の祭壇に命をささげて、よみがえられ、今も生きておられる
イエスは天から命を与えるパンなのです。

そこでイエスは彼らに言われた、「よくよく言っておく。
天からのパンをあなたがたに与えたのは、モーセではない。
天からのまことのパンをあなたがたに与えるのは、わたしの父なのである。
神のパンは、天から下ってきて、この世に命を与えるものである」。
(ヨハネによる福音書6章32〜33節)

神の平安がありますように!


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事