その名は不思議

「わたしの名は不思議です。どうしてあなたはそれをたずねるのですか。」(旧約・士師記13章18節)

全体表示

[ リスト ]

安倍政権への皮肉か…天皇皇后の外国人激励に飛び交う憶測
公開日:2018/11/30 14:50
 
 27〜28日の日程で静岡県西部を訪問していた天皇と皇后。
2人は浜松市内の「外国人学習支援センター」を訪問したのだが、
「安倍政権への皮肉か」との臆測を呼んでいる。
“奴隷拡大”との悪名高い入管法改正案が国会で大論争となっているからだ。

 天皇、皇后は支援センターで、
外国人らに対し「どうぞ日本で幸せにお過ごしください」と言葉をかけ、
日本人ボランティアらを「(外国人の)日本での滞在が楽しいものになるよう、
皆さんのご努力が大事ですね」などと激励したという。

「もともと、両陛下は7月に私的旅行でご訪問される予定でしたが、
西日本豪雨の影響で延期になりました。
その後、9月ごろに宮内庁から、両陛下が7月の行程を基本に私的旅行で
静岡をご訪問されるという旨の話があったのです」(静岡県秘書課)

 要するに災害が理由でこのタイミングの視察になり、
入管法改正の議論と偶然重なったわけだが、
天皇が私的旅行という“プライベート”を利用して支援センターを訪れたことに変わりはない。
政治ジャーナリストの泉宏氏がこう言う。

「今の政治に対する他意はないと思いますが、
私的な旅行なので、支援センター訪問に両陛下の意向が反映されているのは確かです。
来年4月末に退位する両陛下の意思を宮内庁としても最大限尊重しているのでしょう」

■「インパクトは大きい」

 最低賃金割れや長時間の違法労働を強いられた技能実習生らが
国会で待遇の悲惨さを訴えても、安倍政権はガン無視。
つまり、天皇、皇后の外国人らをねぎらう“お言葉”が
安倍政権への牽制と受け止められても不思議ではないのだ。
聖学院大教授の石川裕一郎氏(憲法・フランス法)がこう言う。

「憲法上、天皇が国政に関わることは禁止されています。私的な旅行とはいえ、
国会で入管法改正の議論がされている時に外国人支援センターを訪れたのは、
天皇として憲法違反になるかならないかのギリギリの行為でしょう。
天皇、皇后の言葉には、技能実習生らを人間扱いしてこなかった
行政に対するアンチテーゼが読み取れます。
外国人労働者を受け入れる側の心構えを発したともとれるメッセージで、
政治へのインパクトは大きいでしょう」

 これまで数々の悪法を強行採決してきた安倍首相のことだ、
天皇の意思なんて知ったこっちゃないか。


官報號外 昭和21年1月1日 詔書 [人間宣言]

官報 号外 昭和二十一年一月一日

詔書

茲ニ新年ヲ迎フ。顧ミレバ明治天皇明治ノ初国是トシテ五箇条ノ御誓文ヲ
下シ給ヘリ。曰ク、
一、広ク会議ヲ興シ万機公論ニ決スヘシ
一、上下心ヲ一ニシテ盛ニ経綸ヲ行フヘシ
一、官武一途庶民ニ至ル迄各其志ヲ遂ケ人心ヲシテ倦マサラシメンコトヲ要ス
一、旧来ノ陋習ヲ破リ天地ノ公道ニ基クヘシ
一、智識ヲ世界ニ求メ大ニ皇基ヲ振起スヘシ

叡旨公明正大、又何ヲカ加ヘン。朕ハ茲ニ誓ヲ新ニシテ国運ヲ開カント欲ス。

須ラク此ノ御趣旨ニ則リ、旧来ノ陋習ヲ去リ、民意ヲ暢達シ、
官民拳ゲテ平和主義ニ徹シ、教養豊カニ文化ヲ築キ、以テ民生ノ向上ヲ図リ、
新日本ヲ建設スベシ。


大小都市ノ蒙リタル戦禍、罹災者ノ艱苦、産業ノ停頓、食糧ノ不足、

失業者増加ノ趨勢等ハ真ニ心ヲ痛マシムルモノアリ。然リト雖モ、
我国民ガ現在ノ試煉ニ直面シ、且徹頭徹尾文明ヲ平和ニ求ムルノ決意固ク、
克ク其ノ結束ヲ全ウセバ、独リ我国ノミナラズ全人類ノ為ニ、
輝カシキ前途ノ展開セラルルコトヲ疑ハズ。

夫レ家ヲ愛スル心ト国ヲ愛スル心トハ我国ニ於テ特ニ熱烈ナルヲ見ル。

今ヤ実ニ此ノ心ヲ拡充シ、人類愛ノ完成ニ向ヒ、献身的努カヲ効スベキノ秋ナリ。

惟フニ長キニ亘レル戦争ノ敗北ニ終リタル結果、

我国民ハ動モスレバ焦躁ニ流レ、失意ノ淵ニ沈淪セントスルノ傾キアリ。
詭激ノ風漸ク長ジテ道義ノ念頗ル衰へ、為ニ思想混乱ノ兆アルハ洵ニ深憂ニ堪ヘズ。

然レドモ朕ハ爾等国民ト共ニ在リ、常ニ利害ヲ同ジウシ休戚ヲ分タント欲ス。

朕ト爾等国民トノ間ノ紐帯ハ、終始相互ノ信頼ト敬愛トニ依リテ結バレ、
単ナル神話ト伝説トニ依リテ生ゼルモノニ非ズ。

天皇ヲ以テ現御神(アキツミカミ)トシ、
且日本国民ヲ以テ他ノ民族ニ優越セル
民族ニシテ、
延テ世界ヲ支配スベキ運命ヲ有ストノ

架空ナル観念ニ基クモノニモ非ズ。

朕ノ政府ハ
国民ノ試煉ト苦難トヲ緩和センガ為、
アラユル施策ト経営トニ万全ノ方途ヲ講ズベシ。


同時ニ朕ハ我国民ガ時艱ニ蹶起シ、当面ノ困苦克服ノ為ニ、
又産業及文運振興ノ為ニ勇往センコトヲ希念ス。
我国民ガ其ノ公民生活ニ於テ団結シ、相倚リ相扶ケ、
寛容相許スノ気風ヲ作興スルニ於テハ、能ク我至高ノ伝統ニ恥ヂザル
真価ヲ発揮スルニ至ラン。
斯ノ如キハ実ニ我国民ガ人類ノ福祉ト向上トノ為、
絶大ナル貢献ヲ為ス所以ナルヲ疑ハザルナリ

一年ノ計ハ年頭ニ在リ、
朕ハ朕ノ信頼スル国民ガ朕ト其ノ心ヲ一ニシテ、自ラ奮ヒ自ラ励マシ、
以テ此ノ大業ヲ成就センコトヲ庶幾フ。

御名 御璽

昭和二十一年一月一日

内閣総理大臣兼
第一復員大臣第二復員大臣
男爵幣原喜重郎
司法大臣岩田宙造
農林大臣松村謙三
文部大臣前田多門
外務大臣吉田茂
内務大臣堀切善次郎
国務大臣松本烝治
厚生大臣芦田均
国務大臣次田大三郎
大蔵大臣子爵渋沢敬三
運輸大臣田中武雄
商工大臣小笠原三九郎
国務大臣小林一三

秋篠宮さま、大嘗祭の国費支出に疑問 

天皇退位
 
社会
(1/6ページ)
2018/11/30 0:13
秋篠宮さまは、30日に迎えた53歳の誕生日に先立ち、東京・元赤坂の秋篠宮邸で記者会見に臨まれた。2019年の代替わりに伴う皇室行事「大嘗祭(だいじょうさい)」への公費支出に疑問を呈し、長女、眞子さま(27)の婚約に対する考え方も示された。発言の要旨は以下の通り。
Play Video
大嘗祭の国費負担に異例の疑義「長官は聞く耳持たず」
新天皇となる皇太子さまが即位後初めて国民の安寧や五穀豊穣(ほうじょう)を祈る大嘗祭に公費が充てられることについて、秋篠宮さまは「宗教色が強いものを国費で賄うことが適当かどうか」と異例の言及。大嘗祭を前回と同規模で行った場合、30億円近い支出が見込まれることが背景にあるとみられる。宮内庁の山本信一郎長官に意見を述べても「聞く耳を持たなかった」と批判された。
秋篠宮さま 即位の礼は国事行為として行われますが、大嘗祭については皇室行事として行われます。宗教色が強いものを国費でまかなうことが適当かどうか。私は、平成の大嘗祭でもそうすべきではないとの立場でしたが、その頃は若かったですし、多少意見を言ったくらいでした。今回も結局、当時を踏襲することが決まったわけですが、すっきりしない感じを今でも持っています。
平成の代替わりに際して行われた大嘗祭(1990年11月22日、皇居)
平成の代替わりに際して行われた大嘗祭(1990年11月22日、皇居)

宗教行事と憲法との関係はどうなのか。私は今でも(天皇家の生活費などに充てられるお手元金の)内廷会計で行うべきだと思っています。相当な費用がかかりますが、できる範囲で、身の丈に合った儀式にすることが、本来の姿ではないかと思います。そのことは、宮内庁長官などにはかなり言っているのですが、残念ながら、話を聞く耳を持たなかった。非常に残念なことだったなと思っています

秋篠宮さまの大嘗祭発言、戸惑う政府=憲法論争の再燃危惧

12/1(土) 8:02配信
時事通信
 秋篠宮さまが大嘗祭は宗教色が強いとして公費支出に異議を唱えたことを受け、政府内に戸惑いが広がっている。

 政府は支出は既に決定済みとして沈静化を待つ構えだが、方針決定に際して議論を尽くしたとは言いがたい。政教分離をめぐる論争が再燃しかねないと神経をとがらせている。

 大嘗祭は天皇が即位した後、その年に採れた新穀を神々に供え、国家国民の安寧を祈る儀式。菅義偉官房長官は30日の記者会見で、秋篠宮さまの発言について「コメントは控えたい」と述べた。その上で「改めて何らかの対応をすることは考えていない」と話し、大嘗祭への公費支出を見直す考えはないことを強調した。

 これに先立つ衆院内閣委員会では、共産党の塩川鉄也氏から一連の儀式と憲法の整合性をただされ、「憲法の定める国民主権や政教分離の趣旨に反するものではない。明快にお答え申し上げる」と言い切った。

 来春の皇位継承に向けて政府が腐心したのは、平成の代替わりの際に沸き起こった政教分離論争を蒸し返さないことだ。

 論争再燃のリスクを回避するため、政府は今回、各種儀式の在り方について「前例踏襲」を原則とすることを早々に確認。大嘗祭も前回同様、国事行為ではなく皇室行事と位置付ける一方で公費を支出するという「玉虫色」の方針があっさりと決まった。

 この方針に対する秋篠宮さまの異論は、論争が依然決着していないことを印象付けた。政府内では「宮内庁の失態だ」(関係者)と恨み節も漏れる。高官の一人は「公費支出は閣議で決めている。個人の意見としか言いようがない」といら立たしげに語った。 

2018年11月30日18時21分
 秋篠宮さまが大嘗祭への公費支出に異議を唱えたことについて、野党からは30日、政府と皇室の対立を懸念する声が上がった。与党は踏み込んだ発言を避けた。
 国民民主党の玉木雄一郎代表は記者団に、「皇室と政府の間にしっかりした関係が築けているのか、非常に懸念を覚えた」と強調。その上で「天皇制の維持へ、国民の心からの理解を得る努力、工夫に、政府も意を用いるべきだ」と求めた。
 立憲民主党の長妻昭代表代行も「皇族の方と政府の調整がきちんとなされていたのか」と疑問視。衆院会派「無所属の会」の岡田克也代表は「政府はもう少し丁寧に説明した方がいい」と語った。
 一方、共産党の笠井亮政策委員長は「(公費支出は)憲法の国民主権の原則にも政教分離の原則にも明らかに反している」との見解を示し、政府に再考を求めた。
 これに対し、自民党の加藤勝信総務会長は記者会見で、「党として申し上げることは控えたい」と口をつぐんだ。公明党の斉藤鉄夫幹事長も「コメントは差し控えたい」と述べるにとどめた。(2018/11/30-18:21)

秋篠宮さま苦言…
山本宮内庁長官は官邸子飼いのヒラメ官僚
公開日:2018/12/01 15:00
“官邸人事”を目の当たりにした(C)JMPA
「聞く耳を持たなかった」「非常に残念」――。秋篠宮さまに辛辣な言葉で酷評された宮内庁の山本信一郎長官。「聞く耳を持たなかったと言われるのはつらい」と苦しげに語ったが、一体どんな人物なのか。

 山本長官は京大法卒。1973年、旧自治省に入省。大臣官房審議官などを経て、2001年8月に内閣府に出向。宮内庁には、12年6月に次長として着任した。

「そつがないタイプで、発言は極めて慎重。ただ、酒好きで、酔っぱらうと周囲にボヤくこともあるという。眞子さまの婚約者について、『小室(圭)さんで大丈夫かな』と漏らしたこともあるそうです」(霞が関関係者)

 仕事ぶりについては「優秀」との評判が多く、順調に出世を果たしていったが、天皇が16年8月、生前退位の意向をにじませた「お気持ち」を表明したのをきっかけに“事件”に巻き込まれた。安倍官邸の怒りを買い、直属の上司だった風岡典之長官(当時)がクビを切られたのだ。

「もともと生前退位に否定的な安倍官邸は、『陛下が“お気持ち表明”を思いとどまるよう、宮内庁は動くべきだった』とカンカンでした。安倍官邸は当時の長官を、任期を半年以上前倒しして更迭。次長だった山本氏を昇格させたのです」(前出の霞が関関係者)

 “官邸人事”を目の当たりにした山本長官は、皇室ではなく、安倍官邸の方を向いて仕事をしていたのではないか。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事