城西大学附属城西中学高等学校柔道部ブログ

「break-away.get-high!! / 至誠」。 限られた時間と一回性を大事にします。

他から学ぶこと

中学生すらほぼ受け持ったことのない中、まあまあ成功しました😅
グループ活動では初対面同士で無言の班には「(わざと)困ってもらいます」と、コミュニケーションの大切さを伝えつつ(これも伝えたかったので)あえてしばらく放置させてもらい、準備の8割を実施できました。

部活動体験は今回は柔道部はありませんでした。滅多にないことなので良い機会と思い、色々な部を見学して回りました。
野球部の肩甲骨の柔らかく仕方、サッカー部のフィールドの俯瞰の仕方、バスケ部の体験生にシュートさせるためにリバウンドを取りまくる先輩のあり方、ハンドボール部のはやし立て方(場の盛り上げ方)、剣道部の追求の仕方(まあいつも見ていますが)etc、どれも参考になりました。

普段なかなかじっくり見られないのでどれも収穫です(肩甲骨が開かないと回り技が固くなります)。
活かしていきます!

この記事に

開く コメント(0)

今日の体験入学で私が行う国語の授業のテーマです😊

日本の国語教育が再来年度から変わります。何せ「現代文」や「古典」といったくくりがなくなるのです🤯。で、「現代の国語」「言語文化」「論理国語」「文学国語」「国語表現」「古典探求」になります。

これまでの「教科書を読む」メインから「プレゼン」「グラフの読み取り」などにもっと比重が置かれます。「学び方を学ぶ」勉強に重心が置かれる印象があります(文学要素が薄くなりそう…)。

なので、今日の授業では文章読解は基本的に扱いません!他の力を駆使して情報をキャッチして回答に繋げてもらいます。
そんな内容で幾つかの授業案を考えましたが、そんな内容なだけにこれまでより直接的なコミュニケーションになります😀楽しそうです。

アドリブ力が求められる!笑

この記事に

開く コメント(0)

ゲイターの教え ケータイ投稿記事

「勇気があるってことは、怖がらないこととは違うんだよトーマス!怖いと思っても最後までやり遂げるのが、本当に勇気があるってことなんだ!」

――5年近く前に子どもとテレビで『きかんしゃトーマス』を観ていたとき、トーマスの友達のパーシー、の友達のゲイターが言っていたセリフです。

大事なことだと思います

この記事に

開く コメント(0)

AI ケータイ投稿記事

ネットショッピングのサイト等で、購入履歴に基づいた「おすすめ・リコメンド」を提示してくるテクノロジーの在り方に行き詰まり感がある(ないですか?)昨今、個人情報豊富なメガ企業が次の手を打ってくれそうとのことです。それは、「購入履歴から、消費者にとって既に興味のあるジャンルを避けて別のジャンルの商品を提案する」といったもののようです。

消費者の発見の幅を広げてくれそうなサービス、そんなこれまでとは真逆ながら健全な提示の仕方に期待しています。
デパートなんかに行った時、商品の全てを把握してから買い物をするわけではないですからね。店舗を周りながら「こんなのあるんだ」が、混んでいてもデパートを歩く醍醐味でしょう。

この記事に

開く コメント(0)

今日の研究 ケータイ投稿記事

→→→から→か、
→→→から←か、
←←←から←か、
←←←から→か。
+考えられる人は↑↓も。

条件判断と流れと反応から即断できるように。技そのものの練習だけでは…同時に、思いきれる技があってこそ!

たっぷり時間を使わざるをえませんでした好きだから「たっぷり」でもないのですが、こういうのが個人的には好きです。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事