ここから本文です
“五花の槌”とも言う。ツボだけをたたくんだ。普通の客にはやらない。体内や心の中の熱や毒が全部解消される---「胡同の理髪師」より

朱鯨亭整体講座@東京

▼ 【集中】初級講座@東京

鎌倉・靜照庵の田沼さんが、表題の講座を開催してくださいます。

田沼さんは、朱鯨亭が大和郡山にあったころからの常連で、すでに十数年を超えるおつきあいになります。 その後も、毎年のように講座に参加され、研鑽をつまれた方ですので、私の操法については、私より詳しい方で す。

集中講座のように毎日連続で講義を受けるより、日常的に確実にゆっくり能力を高めたいと思っていらっしゃる方は、後藤さん、外川さん、白坂さんと、練達の方々の講座が開かれていますので、朱鯨亭のHPからそちらをご覧ください。

【集中】初級講座@東京

講 師 田沼雅康 (鎌倉 靜照庵・庵主)

場 所 大田区産業プラザPIO 4階和室 http://www.pio-ota/access

日 時 2019年6月22日(土)23日(日)24日(月)の3日間。9:00~16:30(昼食休憩あり)
受付は6月22日9:00より行います。
受講料 30,000円(当日受付時にお支払い下さい)

内 容 朱鯨亭【共鳴法教本】及び【操法テキスト基本編】の☆印を中心に学んでいきます。初めての方でも分かりやすいように実習を中心に朱鯨亭流*の魅力をお伝えしたいと思います 。講座を終了されますと、さらに中級、上級へと進むことができます。
昨年4月以来の東京での集中初級講座です。この1年間で朱鯨亭の方法も大きく変わっています。4月の埼玉セミナーではまた大きな変化がありそうです。最新バージョンをご紹介するつもりですのでどうぞお楽しみに。

*朱鯨亭流という流派があるわけではありません。
むしろ何物にもとらわれず日々変化しつづけるのが特徴かもしれません。        

定 員 12名

テキスト 朱鯨亭テキスト基本+共鳴法教本(朱鯨亭に申し込んでください、参加者価格で購入できます→ こちら shugeitei@gmail.com )を事前にご購入いただ き、タブレットあるいは印刷されたものをお持ちください。既にお手持ちの方は、それを持ちください。

持ち物 筆記用具・動きやすく観察しやすい服装(凸凹がなく分厚くない素 材。ジーンズは不可 。着 替持参可能)・タオル(顔の下に敷く)・ 参考書 (必須ではありませんが解剖名になじんでいない方は骨や筋肉の名前がわかる本を持ってこられると便利です)

名 札 互いにお名前になじめるように名札を作って胸につけてください。

撮影・録音 写真撮影(フラッシュなし)・録音は可能ですが、注意散漫になりますのでビデオ撮影はご遠慮ください。

お申込み. 参加ご希望の方は下記の(1)~(4)の事項を記入のうえ 靜照庵にメー ル josyoan@yahoo.co.jp でお申込み下さい。

(1) 名前(ふりがな)
(2) 住所地の県名
(3) 携帯電話番号
(4) メールアドレス

整体集中講座@東京


鎌倉の田沼さんのご協力を得まして、集中講座を行います。田沼さんは朱鯨亭が大和郡山にあったころからの常連で、すでに10年を超えるおつきあいになります。その後も、毎年のように講座に参加され、研鑽をつまれた方ですので、私の操法については、私より詳しい方です。

連続より、日常的に確実にゆっくり能力を高めたいと思っていらっしゃる方は、後藤さん、外川さん、白坂さんと、練達の方々の講座が開かれていますので、朱鯨亭のHPからそちらをご覧ください。(以上朱鯨亭H.Pより転載)


【集中中級講座】
 
講 師 田沼雅康 (鎌倉 靜照庵・庵主)

場 所 大田区産業プラザPIO http://www.pio-ota.net/access
4階和室

日 時 2018年12月1日(土)〜3日(月)の3日間。

9:15〜16:30(昼食休憩あり) 受付は12月1日9:00より行います。

受講料 30,000円(初日受付時にお支払い下さい)

内 容 すでに初級講座を終了された方。初めての方の参加も可能ですが、【共鳴法     教本】及び 【操法テキスト基本編】のうち☆印の部分を事前にお読みになり    よく理解された上でご参加ください。

定 員 12名

テキスト 朱鯨亭テキスト基本+共鳴法教本(朱鯨亭に申し込んでください、参加者価     格で購入できます →shugeitei@gmail.comにメールで)を事前にご購入いた     だきタブレットあるいは印刷されたものをお持ちください。
     既にお手持ちの方は、それをお持ちください。

持ち物  筆記用具・動きやすく観察しやすい服装(凸凹がなく分厚くない素材。ジー     ンズは不可。着替持参可能)・タオル(顔の下に敷く)・参考書 (必須では     ありませんが解剖名になじんでいない方は骨や筋肉の名前がわかる本を持っ     てこられると便利です)

名 札  互いにお名前になじめるように名札を作って胸につけてください。

撮影・録音 写真撮影(フラッシュなし)・録音は可能ですが、注意散漫になりますの      でビデオ撮影はご遠慮ください。

お申込み 参加ご希望の方は下記(1)〜(4)の事項を記入のうえ 靜照庵にメール(jos     yoan@yahoo.co.jp)でお申し込みください。

     (1) 名前(ふりがな)
     (2) 住所地の概要(東京都大田区、神奈川県鎌倉市など。詳しい番地は不        要です。)
     (3) 携帯電話番号
     (4) メールアドレス

整体連続講座@東京・蒲田のおしらせ(以下朱鯨亭メルマガより転載させていただきました)

鎌倉の田沼さんのご協力を得まして、連続講座を行います。田沼さんは朱鯨亭が大和郡山にあったころからの常連で、すでに10年を超えるおつきあいになります。その後も、毎年のように講座に参加され、研鑽をつまれた方ですので、私の操法については、私より詳しい方です。

以下にA〜Cの3講座がありますが、初めて朱鯨亭のセミナーを受けたいという方は、A→B を受けられると、理解が進むでしょうし、基礎はある程度はわかっているという方は、B のみもOKです。さらに詳しくという方は A→B→C と受けられるとよろしい、と思います。もちろん、いずれかの講座だけという選択も可能です。申込先が講座によって異なっていますので、ご注意ください。

連続より、日常的に確実にゆっくり能力を高めたいと思っていらっしゃる方は、後藤さん、外川さん、白坂さんと、練達の方々の講座が開かれていますので、朱鯨亭のHPからそちらをご覧ください。

なお、今年は関西(奈良)で私が行う集中講座はありませんが、浜松など地方のセミナーを考えています(間もなく募集を始めます)ので、そちらにご参加ください。浜松以外で、ご希望の開催地がある方は、お申し付けください。政令指定都市・中核市で開催を検討します。


■A【セミナー準備講座】(共鳴法を体験しよう)

講 師 田沼雅康 (鎌倉 靜照庵・庵主)

場 所 大田区産業プラザPIO 4階和室 http://www.pio-ota.net/

日 時 2018年4月14日(土)。9:00〜16:30(昼食休憩あり)

受講料  10,000円 (当日受付時にお支払い下さい)

内 容 朱鯨亭操法の要ともいえる朱鯨亭【共鳴法教本】をぐっと凝縮して
1日でお伝えしようという とても欲張りな講座です。
セミナーを理解するための羅針盤となるでしょう。
初めての方はもちろん、もう一度共鳴法をおさらいしてみたい
という方もどうぞ。

定 員 20名

テキスト 朱鯨亭テキスト共鳴法教本(朱鯨亭に申し込んでください、参加者価格で       購入できます → こちら shugeitei@gmail.com にメールで) を事前に       ご購入いただき、タブレットあるいは印刷されたものをお持ちください。      すでにお持ちの方は、それをお持ちください。

持ち物 筆記用具・動きやすく観察しやすい服装(凸凹がなく分厚くない素材。       ジーンズは不可。着替持参可能)・タオル(顔の下に敷く)・ 参考書 (必       須ではありませんが解剖名になじんでいない方は骨や筋 肉の名前がわ       かる本を持ってこられると便利です)

名 札 互いにお名前になじめるように名札を作って胸につけてください。

撮影・録音 写真撮影(フラッシュなし)・録音は可能ですが、注意散漫になります        のでビデオ撮影はご遠慮ください。

お申込み 参加ご希望の方は下記の(1)〜(4)の事項を記入のうえ 靜照庵にメール
josyoan@yahoo.co.jpでお申込み下さい。
(1) 名前(ふりがな)
(2) 住所地の県名
(3) 携帯電話番号
(4) メールアドレス


■B【朱鯨亭セミナー】@東京

講師 別所愉庵

場所 大田区産業プラザPIO 4階和室 http://www.pio-ota.net/

日時 2018年4月15日(日)・16日(月)。9:00〜16:30 (昼食休憩あり)。

受講料 25,000円 (当日受付時にお支払い下さい)

内容 これまで関東(主に埼玉)でおこなったセミナーの続きです。クラス分けは設け   ず、初歩的なものから上級クラスの内容までにわたります。特に今回は、この一   年のあいだに工夫した、全身の見方、効果満点腕操法、足の操法などをお伝えす   る予定で、これによって操法の効率が飛躍的にアップする方法をお伝えします。   それとともに、操者のエネルギーの高め方についても触れる予定。

定員 30名(先着順)

テキスト こちらでレジュメを用意し、配布します。

持ち物 筆記用具・動きやすく観察しやすい服装(凸凹がなく分厚くない素材。       ジーンズは不可。着替持参可能)・タオル(顔の下に敷く)

名 札 互いにお名前になじめるように名札を作って胸につけてください。

撮影・録音 写真撮影(フラッシュなし)・録音は可能ですが、注意散漫になりますので      ビデオ撮影はご遠慮ください。

申込 参加ご希望の方は、このメールに返信して、朱鯨亭あてに氏名、年齢、住所地の   概要、携帯電話番号、をお書きください。


■C【集中初級講座】

講 師 田沼雅康 (鎌倉 靜照庵・庵主)

場 所 大田区産業プラザPIO 4階和室 http://www.pio-ota.net/access

日 時 2018年4月28日(土)29日(日)30日(祝)の3日間。9:00〜16:30 (昼食休憩あり)
受付は4月28日9:00より行います。
受講料 30,000円(当日受付時にお支払い下さい)

内 容 朱鯨亭【共鳴法教本】及び【操法テキスト基本編】の☆印を中心に学んでい    きます。初めての方でも分かりやすいように実習を中心に*朱鯨亭流の魅力を    お伝えしたいと思います。
講座を終了されますと、さらに中級、上級へと進むことができます。2回目、3    回目の方ももちろん歓迎です。

    *朱鯨亭流という流派があるわけではありません。むしろ何物にもとらわれず     日々変化しつづけるのが特徴かもしれません。

定 員 20名

テキスト 朱鯨亭テキスト基本+共鳴法教本 (朱鯨亭に申し込んでください、参加者価     格で購入できます → こちら shugeitei@gmail.com にメールで) を事前に     ご購入いただ き、タブレットあるいは印刷されたものをお持ちください。     すでにお持ちの方は、それをお持ちください。

持ち物 筆記用具・動きやすく観察しやすい服装(凸凹がなく分厚くない素材。ジーン     ズは不可。着替持参可能)・タオル(顔の下に敷く)・ 参考書 (必須ではあり     ませんが解剖名になじんでいない方は骨や筋 肉の名前がわかる本を持って     こられると便利です)

名 札 互いにお名前になじめるように名札を作って胸につけてください。

撮影・録音 写真撮影(フラッシュなし)・録音は可能ですが、注意散漫になり ます       のでビデオ撮影はご遠慮ください。

お申込み 参加ご希望の方は下記の(1)~(4)の事項を記入のうえ 靜照庵にメー ル
josyoan@yahoo.co.jpでお申込み下さい。
(1) 名前(ふりがな)
(2) 住所地の県名
(3) 携帯電話番号
(4) メールアドレス

少し歩くたびに左足首、内果の中の方がピキッと痛み、歩き続けることができないという。時々登場願ううちのカミさんの話である。
前回は昨年6月だから、1年と2ヶ月ぶりということになる。
余程のことでない限り家族はみない。
この方針は今でも変わらないが、歩けないのであれば仕方がない。

前回、靭帯が伸びるようなひどい捻挫だったので古傷といってもいい。
内果のあたりを触っても痛くないが、外果下を触ると痛いのは腓骨が下がっている証拠。さらに腓骨頭が飛び出している。腓骨が距骨を内側に押し脛骨と距骨との間に微妙なズレが生じ、着地のときに痛みが出るようだ。


仰向けの状態で腓骨頭に軽く拇指をあて、もう一方の手を腿の内側に当てる。微圧である。
次に、立ってもらい、スィートポテト操法。
足首の周りに両示指、拇指で輪を作り、膝の屈伸をしてもらう。
その場足踏みをして、異状がないので終了。後は毎日自分で足パーを続ければいい。

さて数日後、様子をきくと足首のピキッはなくなったが、右腿の外側が、姿勢を変えるとき(立ち上がるとき等)断裂したように痛むことがあるという。
生来、表現がオーバーなたちなので話半分として聞き流し、立ち姿を後ろから見ると左踵骨が少し外側に倒れている。
そのため重心が左外にかかり、バランスをとる形で右大腿外側の緊張が生じているのではないか。

腸脛靭帯の断裂もなさそうなので、大腿には触れず、左踵骨を微圧で修正し、様子をみることにする。
本人は知らないが、家族だからできる実験である。

▼ 朱鯨亭整体講座・中級@東京、開催


朱鯨亭です。暑い毎日が続いておりますが、お元気でお過ごしでしょうか。

さて、関東での中級講座を田沼講師に御願いすることになりました。田沼さんは、朱鯨亭が大和郡山にあったころからの常連で、すでに10年を超えるおつきあいになります。その後も、毎年のように講座に参加され、研鑽をつまれた方ですので、私の操法については、私より詳しい方です。今後、私が関東に伺える機会はそんなに多くないと思いますので、田沼さんにバトンをお渡ししたいと思います。上級については、私(別所)が伺うつもりにしております。

別所先生より上記メッセージをいただきました。


講師 田沼 雅康(鎌倉 靜照庵) 
HP http://www.geocities.jp/josyoan

東京での初級講座に続き、中級講座を担当させていただくことになりました。

中級では、【操法テキスト基本編】の無☆印を中心に学んでいきます。 全体のバランス と細部の変位との関連性についてより理解が深められればと考えています。

初級、共鳴法講座を受講された方は、ぜひもう一度テキストに目を通されて、ご参加ください。募集要項は次のとおりです。

■日 時:2017年11月18日(土)、19日(日)、20日(月)の3日間。午前9時30分〜午後 16時30分(途中1時間昼食休憩) 受付は18日午前9時より行います。

■場 所:大田区産業プラザ・PIO(TEL:03-3733-6600) 4階 和室
     京浜急行「京急蒲田」駅東口より徒歩約3分
     JR/東急「蒲田」駅東口より徒歩13分
http://www.pio-ota.net/access/

■費 用:3万円(初日受付時にお支払いください)

■人 数:20名

■参加資格 : すでに初級講座を終了された方。初めての方の参加も可能ですが、【共 鳴法教本】及び 【操法テキスト基本編】のうち☆印の部分を事前にお読みになり、 よく理解された上でご参加ください。

■持ち物:筆記用具・動きやすく観察しやすい服装(凸凹がなく分厚くない素材。ジー ンズは不可。着替持参可能)・タオル(顔の下に敷く)・参考書 (必須ではありませ んが解剖名になじんでいない方は骨や筋肉の名前がわかる本を持ってこられると便利 です)。

■名 札:互いにお名前になじめるように名札を作って胸につけてください。

■録音等:録音や静止画の撮影は可能ですがフラッシュなしでお願いします。ビデオ撮 影は 注意散漫になりますので、ご遠慮願います。

■テキスト:朱鯨亭整体テキスト【共鳴法教本】(セミナー参加者向け価格5000円)       【操法テキスト基本編】(同5000円)を事前に朱鯨亭 http://shugeitei.co       m/stext.html よりご購入いただき、タブレットあるいは印刷されたもの      をお持ちください。既 にお手持ちの方は、それをお持ちください。

【申込み】 josyoan@yahoo.co.jp まで住所地の概要(東京都大田区、神奈川県鎌倉       市 など。詳しい番地は不要です。)、氏名、ふりがな、メルアド、電話      番号(できれば携帯)をお送りください。折り返し確認メールをお送りし      ます。

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事