ここから本文です
『戦国の城の一生』(吉川弘文館歴史文化ライブラリー)、引き続きよろしくです

書庫全体表示

投稿方法が変わって、とても使いにくくなりましたね…不満です。そのため、今回は地図無しです。すみません。

さて、山梨県は都留市にあります、勝山城をご紹介しましょう。この城は、私も実は全然知らない城でしたが、結構すごい城です。ちょっともったいない城跡ですね。

この勝山城、実はまだ調査が始まったばかりでして、その歴史もよくわかっていないようです。いちおう、文禄3年(1594)に甲府城に入った秀吉家臣・浅野長政の家老・浅野氏重という人によって築城されたということになっていますが、どうもそれ以前の戦国時代から、このあたりの領主・小山田氏の城として築城されていた可能性が高くなってきたようです。川の対岸に谷村館という小山田氏の居館があるので、詰めの城としてあったのではないか、ということですね〜。

発掘調査も行なわれていて、公園化もされていますが、アクセスが非常に悪いです。特に車で行こうとすると迷います。駅は目の前なのに、川に挟まれた台地上で、道がすごく狭くわかりにくいです。でも、立派な城なんです。

イメージ 1

縄張図。ちょっと小高い丘のような感じです。整備されているので、登るのもそんなに苦労しません。

イメージ 2

川棚展望台。ここから富士急行線を眼下に見る事ができます。

イメージ 3

展望台の奥に行くと、こんな感じで。

イメージ 4

展望台からさらに登って行きましょう。

イメージ 5

三の丸。

イメージ 6

さらに登って帯曲輪。

イメージ 7

そして本丸に到着。

イメージ 8

本丸には東照宮が建っています。

イメージ 9

イメージ 10

そして、本丸斜面には、なんと、こんなに立派な石垣が残っているのです!これがなかなかの迫力で、いいですよ!

イメージ 11

本丸よりさらに奥にも曲輪が続いていますが、一番奥には「御茶壺曲輪」という曲輪があります。そこの手前の堀切です(竪堀と書いてありますが、堀切ですよね…)。奥に見える曲輪が「御茶壺曲輪」です。

イメージ 12

さっきと反対に、御茶壺曲輪から本丸方向を見る。キレイな堀切になっています。この御茶壺曲輪、これは、江戸時代の谷村藩主秋元氏が、古城となっていた勝山城跡の中に造った曲輪とされています。なんなのかというと、江戸時代には、京都の高級茶・宇治茶を江戸の将軍に献上されていて、御茶壺道中として、途中途中にその御茶を保管する場所が造られました。その一つが、この勝山城跡内に造られた、ということなんです。ここで、宇治茶が保管されていたんですね。

都留市街地にある、都留市博物館には、この勝山城についての展示や資料がありましたが、まだ不十分ですね。まだ整備はこれからのようですから、今後に期待しましょう!モノはとてもいいので、もっと宣伝してほしいです。

******************************************
応援のポチ、お願いします!
https://history.blogmura.com/his_sengoku/img/his_sengoku88_31.gif
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ(文字をクリック)

  • 竹さん、どうも〜

    各地でこの様なまだまだ知られていない素晴らしい城郭が存在するのですね〜
    きっと地元の人にもあまり実態が知られていないのかもしれません。。。^^;


    新しい投稿画面が使いづらいようでしたら、
    古い方の[wiki][HTML]でも投稿が可能ですよ〜^^

    自分的には[画像リンク]も可能になってかなり使いやすくなったとは思うのですが、
    唯一[コピペ]が出来ないのが不満ですね。。。

    tomm

    2010/3/23(火) 午後 9:59

  • 顔アイコン

    こんばんわ、機会が在れば香川県のお城も取り上げてください。高松の屋島、坂出の城山、小豆島の星ケ城など色々あります。楽しみにしています・・・

    testpilot

    2010/3/24(水) 午前 0:32

  • 顔アイコン

    竹さんが、このお城を知らなかったとは意外でした。
    よく整備されたお城址ですが、本当にアクセスがとても悪いですね。小生も初めて行ったときには、あちらこちら回りようやっとだどりつきました。
    西側の竪堀のことを書かれていませんが、西側の横堀がものすごい規模のものです。昨年も行きましたが、立ち入り禁止になっていました。以前に歩きましたが、堀底から上の二ノ丸までの高さが優に15mあり、横堀の長さも150m強にも及びます。
    築城は、小山田氏が本拠を谷村に移したときに、要害として造られたと考えた方がよいようです。ですが、その時はさほどの規模ではなかったと推測されるようで、横堀が御坂城の横堀と類似する点から後北条氏の関与か推測されるようですよ。これ、「山城探訪」の宮坂氏の受け売りでした。

    [ 馬念 ]

    2010/3/24(水) 午後 0:28

  • 顔アイコン

    >tommさん
    これだけお城の本が出ていますが、大々的に紹介されている本、見たことないです。もったいない気がします。
    今回はwikiでやりましたが、問題はアフィリエイトや地図とかなんですよ。特にアフィリエイトは、以前使っていたコードが「かんたんモード」では使えなくなってしまって、また一からコードを作らなきゃいけないようで、それがとても面倒なんです。

    竹

    2010/3/25(木) 午前 9:56

  • 顔アイコン

    >testpilotさん
    了解しました。実は先日、昔のフィルム写真をスキャンしたので、丸亀城、高松城、屋島城などあります!乞うご期待!

    >馬念さん
    そうなんですよ、名前くらいしか知らなくて、こんなに立派な城だとは知りませんでした。あまり本などでも紹介されていない城のような気がするのですが…

    横堀は見ていませんね。たぶん、立ち入り禁止だったんだと思います。これも行ったのは2年前ですからね、細かいところは覚えていません(笑)

    しかし最近の話によれば、横堀は「武田氏系」の典型例じゃ…。御坂城もポイントですよね。あれも織豊系なのでしょうか?(笑)

    竹

    2010/3/25(木) 午前 10:00

  • 顔アイコン

    近くの岩殿山城はかなり知られていますが、勝山城はほとんど知られてはいませんね。ですが、こんな例はよくありますわ。信州でもぴか一と思っています仙当城などはよい例です。竹さんが紹介した、「日本の名城都道府県別ベスト10」にも入っていませんが、堀の規模や竪堀のすごさ、虎口の巧みさなど眼を見張るものがあります。
    横堀も、武田も使っていますが、規模かさほどではありませんね。その点からしますと、北条の横堀はかなり規模の大きいものが多いようです。
    まぁ〜、なんでも武田系や織豊系にされては身も蓋もありませんが・・・。

    [ 馬念 ]

    2010/3/25(木) 午前 11:54

  • 顔アイコン

    小山田氏というと、小山田信茂=岩殿山というイメージしかありませんでしたが、勝山城というのが存在していたのですね。見晴らしからは低い感じがしますが、石垣なんかも残っているのですね。

    marseille14my

    2010/3/26(金) 午前 0:31

  • 顔アイコン

    竹 様へ
    立ち寄らせていただきました!!
    こんなに山梨県の城郭を詳細に調べていただいているとは存じませんでした。当方も、歴史には関心がありますが、あくまでも時代小説としての知識しかありません。今後も立ち寄らせていただきます。
    フアンポチ!させていただきます。

    oldboy

    2010/3/26(金) 午後 7:12

  • 顔アイコン

    >馬念さん
    御坂城は絶対今後大事な城になってくると思います。あれも相当すごい城だと思うんですけどね…織豊系とするのかなぁ…

    >marseille14さん
    そうなんですよ、まさにその通り。岩殿山はいちおう史料にも登場しますし、武田氏滅亡の舞台として有名ですが、こちら勝山城はやっぱり知名度は低いですね。高さはたいしたことないんで、気軽に登れますが、川が断崖絶壁になっているので、思って以上に堅固な地形になってます。

    >oldboyさん
    ご訪問&ファンぽち、ありがとうございます!山梨県にも数百もの城跡があります。そんなにたくさんは行ってませんが、今後も紹介してまいりますので、よろしくお願いします!

    竹

    2010/3/28(日) 午後 2:00

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事