ここから本文です
東北の城にもっと注目して!

書庫全体表示

イメージ 1

                           (画像は、逆井城の釣鐘池)

「城と伝説」のコーナー、挙げればキリがないほどありますが、前回に引き続き、お城の井戸や池にまつわる伝説をいくつかご紹介しましょう。

井戸や池、あるいは滝などには、なぜか伝説が付き物ですね。その多くは、落城の際に入水したとか、悲劇に見舞われて落とされたとか、そういう悲しい伝説ばかりです。

逆井城(茨城県坂東市)

「さかさい」と読みます。逆井城の主郭の堀底には「釣鐘池」と呼ばれる大きな池、井戸があります。戦国時代、逆井城は逆井常繁の居城でしたが、ある時、小田原の北条氏の軍勢に攻撃されます。奮戦むなしく落城してしまうのですが、その際に、城主逆井常繁の妻(娘とも)の智御前(智姫とも)が、城内にあった釣鐘を被って池に入水してしまいました。

その後、多くの人がその釣鐘を求めて掘ったのですが、結局見つからなかった…という話です。このことから、釣鐘池と呼ばれるようになったようです。


石神井城(東京都練馬区)

「しゃくじい」と読みます。都立石神井公園内には、戦国時代の石神井城跡が残っていることをご存知でしょうか?三宝寺池という大きな池がある広い公園ですが、この池にも有名な伝説が残っています。

時は戦国時代の前半、江戸城を築城したことで有名な太田道灌が、石神井城主の豊島泰経を攻撃しました。これまた奮戦むなしく、泰経は三宝寺池に飛び込んで絶命、残された娘の照姫も、後を追って池に入水したといわれています。

今も、公園内には、泰経の墓とされる殿塚、照姫の墓とされる姫塚が残っています。この伝説は本当に有名で、今でもこの伝説にちなんで、毎年「照姫まつり」が開催されているんですよ。

で、面白いのが、どうもこの伝説、案外新しくできたっぽいんです。近代になってからではないか、という説があります。伝説がどうやって作られていくのか、その過程も興味深いですね。

他にもた〜くさんありますが、とりあえず今回はこのへんで…

**********************************************

この記事に

  • 顔アイコン

    逆井城には二回行った事がありますが、
    二回とも池は撮影していません。

    やっぱり水辺は怖いし、色々伝説めいた事が
    ありますからね。

    ダック

    2010/10/22(金) 午後 4:44

    返信する
  • 顔アイコン

    最近でも村興しの為に新たな伝説を創っていそうですね(笑)

    [ ysigle ]

    2010/10/22(金) 午後 8:06

    返信する
  • 顔アイコン

    感激!!私のブログによくぞいらして下さいました。
    城の好きな私としては嬉しいです。これから城を
    じっくりと見させていただきま〜す!ヾ( ̄∇ ̄=ノ

    ヨシアキ

    2010/10/22(金) 午後 10:21

    返信する
  • 顔アイコン

    コメント有難うございました!同じ趣味を共有するものとして嬉しく思っております^^後ほど、じっくり拝見させていただきます。

    [ こるとねこ ]

    2010/10/22(金) 午後 11:10

    返信する
  • 顔アイコン

    >石神井城
    いや〜「ミシャグチ神」なんかの繋がりなど、昔、本で読んで
    気になっている石神井城ですな(^^)
    豊島氏は小机城まで逃れて、そこで・・・と言われてますね〜

    [ 番頭 ]

    2010/10/22(金) 午後 11:42

    返信する
  • 綺麗ですね。
    応援ポチできません。 ケイタイしか無いので ぽちゃん あ 落ちた。

    [ @はれみ ]

    2010/10/23(土) 午後 5:22

    返信する
  • 顔アイコン

    >ダックさん
    城跡=心霊スポットですもんね。私はあまり霊感がないようで…

    >ysigleさん
    へぇ〜そうなんですか。そういうのがいつのまにか根付いて昔からあるような話になるんでしょうね。そのうちイケメン武将伝説も創られるのかな…

    >yoshiakiさん
    ご訪問ありがとうございます!お城の好きでしたか、それは大歓迎です!ぜひ、また遊びにいらしてください♪

    竹

    2010/10/23(土) 午後 11:26

    返信する
  • 顔アイコン

    >こるとねこさん
    ご訪問ありがとうございます!結構記事も増えましたので、ぜひお時間ある時にごゆっくりお楽しみください♪

    >番頭さん
    豊島氏も最近だいぶ研究が進んで、いろいろわかってきているようです。石神井城はほんのわずかしか残っていないのが残念。

    >@はれみさん
    ご訪問ありがとうございます!ポチの気持ちだけでもありがたいです…

    竹

    2010/10/23(土) 午後 11:28

    返信する
  • 井戸は怖いですよね。
    この前春日山城に行って井戸を覗いてたら、知らないおばさんが寄って来て「水ありますか?」って聞くんで、ありますよ、見えますよって言ったら「いや、いいです」って手を振りながら気持ち悪そうに立ち去っていきました。なんだったんだろうと思いましたが、何か見えたりするのが怖いんでしょうかねぇ。

    [ にすけ ]

    2010/10/24(日) 午後 0:37

    返信する
  • 顔アイコン

    >にすけさん
    う〜ん、新たな伝説が生まれそうな予感(笑)

    竹

    2010/10/24(日) 午後 9:06

    返信する
  • アバター

    石神井城、23区内にあるにもかかわらず良い遺構ですよね。
    実は去年11月の文化財ウィークで柵内に入ったのですが、まだ記事にしていません。そんなこんなで今年の文化財ウィークに突入しそうな気がします。多分今年も行きますが…
    柵ないの記事はアップしていませんが、TBさせてもらいます(^^)

    しゅうちゃん

    2010/10/26(火) 午後 10:45

    返信する
  • 顔アイコン

    >shuchanさん
    私は中学生くらいの時に行ったのですが、その時は許可もいらずに入れた記憶があります。堀はいいとして、本丸?の部分は何かあるんですかねぇ…
    トラバはご自由にどうぞ!

    竹

    2010/10/27(水) 午後 10:40

    返信する
  • 顔アイコン

    三重県熊野市紀和町にあります藤堂高虎が築城の「赤木城址」と北山一揆のお話(悲話)を是非採り上げて下さい。これからの秋以降シーズンでは朝霧に囲まれ天空の城となります。今、熊野市が売り出し中です。
    僕は熊野出身者です

    [ みの吉 ]

    2014/9/2(火) 午前 7:11

    返信する
  • 顔アイコン

    >みの吉さん
    ご訪問ありがとうございます。
    赤木城は行ってみたい城の一つです。遠いんですよね…。あそこもいろいろと伝説があるのですね。

    竹

    2014/9/9(火) 午後 10:51

    返信する
  • 顔アイコン

    地元の写真家、小林良美さんの「赤城城址」をアップしました見て下さい

    [ みの吉 ]

    2014/9/10(水) 午後 9:49

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(3)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事