ここから本文です
『戦国の城の一生』(吉川弘文館歴史文化ライブラリー)、引き続きよろしくです

書庫全体表示

怒涛の熊本城アップ、5回目です。

イメージ 1

現地パンフレットより引用。赤い矢印のように見ていきます。

イメージ 2

宇土櫓から見た天守。

イメージ 3

奉行丸方向を見る。南大手櫓門、西大手櫓門など、このへんも次々に復元されて、壮観です。

イメージ 4

南方向。宇土櫓に続く多聞櫓と二重櫓、そして本丸へと至る枡形虎口がしっかりと。

イメージ 5

先ほどの写真の塀の狭間から。枡形に侵入してくる敵を一撃できます。

イメージ 6

戻って数寄屋丸二階御広間。これは平成元年の復元だそう。

イメージ 7

先ほどの枡形虎口を西へ降りていきます…この眺め!最高ですね!ちなみに、塀が写ってますが、これが先ほどの狭間の塀ですね。

イメージ 8

頬当御門を出て、これで有料ゾーンは終了。出ると右手に宇土櫓が!!石垣と合わせて、すごい規模です。堀がまたメチャクチャ巨大な堀なんですが、植木が邪魔でうまく写真に撮れませんでした。

イメージ 9

西大手櫓門。左奥に見えるのが未申櫓。全部復元ですね。

イメージ 10

南大手櫓門。

イメージ 11

ここから無料シャトルバスで、「城彩苑」という観光施設でお昼を食べるために移動。バスから撮った宇土櫓。もっと左側に行くと、有名な撮影スポットがあっただけに、少々残念ですが、これも次回のお楽しみに。

イメージ 12

「城彩苑」内から未申櫓方面へ行く道の途中から見た飯田丸五重櫓!五重櫓がバンバン建っているって、ちょっと他にはないことで、まさに圧巻ですよ…

まだまだ続きます。

******************************************
応援のポチ、お願いします!
https://history.blogmura.com/his_sengoku/img/his_sengoku88_31.gif
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ(文字をクリック)

  • 顔アイコン

    熊本城いいですね、今年の冬行ってみようと思いました、宇土櫓は登れるんですね、昔は立ち入り禁止で外から見ただけでした、熊本は阿蘇の方面は良く行きますが、熊本城はすっかり忘れてました。

    [ hiroppyy ]

    2011/11/7(月) 午後 8:14

    返信する
  • 顔アイコン

    いや〜本当素晴らしい、是非一度は行って見たいですね〜。

    [ DAKATAX ]

    2011/11/7(月) 午後 10:41

    返信する
  • 顔アイコン

    >hiroppyyさん
    宇土城は、今ではいつも入れると思いますよ。昔は駄目だったんですか。
    平日でもあんなに混んでるとなると、休日はどうなっているのやら…でした。

    >DAKATAXさん
    さすがにすごかったですよ。あれだけバンバン復元することがいいのかどうかはさておき、面白さは半端ないです。とにかく圧巻です。関東の土の城ばかり見ている身としては特に(笑)

    竹

    2011/11/10(木) 午前 0:16

    返信する
  • ニュースか何かで見ましたが、時間をかけて完全復元を目指しているようですね。今は城中に道路があると思いますが、それも通行できないよういするとか。かなり気合いが入ってます。さぞかし素晴らしいでしょうね。

    [ にすけ ]

    2011/11/12(土) 午後 4:39

    返信する
  • 顔アイコン

    >にすけさん
    おお、それは当時の道で入らせるということなんでしょうかね。それはいいですね。観光用に普通に簡単に入れるようにしてあるのがほとんどなので、やや不便にはなるかもですが、よりリアルになると。

    竹

    2011/11/18(金) 午後 10:24

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事