ここから本文です
『戦国の城の一生』(吉川弘文館歴史文化ライブラリー)、引き続きよろしくです

書庫全体表示

城郭探訪、初の広島県です。今回は、厳島の戦いで毛利氏の拠点となった、宮尾城に行ってみましょう。3月中旬に行ってきました。

イメージ 1

イメージ 2

広島駅からJRに乗って宮島口駅へ、そこから歩いてフェリー乗り場へ行きます。フェリーの外に出て眺める宮島は最高です。ちょうどこの時はもう少しで干潮だったのですが、ギリギリ鳥居が洋上にあったので、ばっちり写真を撮れました。

イメージ 3

フェリーからは、宮尾城跡もばっちり見ることが出来ます。真ん中の小高い丘がそうです。

イメージ 4

フェリー乗り場から歩いてすぐに、登城口に着きます。この看板と階段が目印なので、すぐにわかります。

イメージ 5

階段を登っていきます。鹿のフンだらけ・・・

イメージ 6

ちょっとしか登りません。この階段を登ると主郭に到着です。

イメージ 7

山頂には「要害山」の看板が。遺構はほとんど残っていません。

イメージ 8

厳島の戦いの解説版もあります。

イメージ 9

主郭から見た厳島神社方面。右端に鳥居が映ってますね。真ん中右の大きな屋根の建物は、秀吉が天正15年に建てた千畳閣(重要文化財)といわれるもので、現在は豊国神社になってます。五重塔は応永年間のもので、これも重要文化財。真ん中左奥の岡に、陶軍が陣取っていたんだとか。

イメージ 10

主郭から東尾根の曲輪を見る。それなりに雰囲気はありますね。

イメージ 11

右から尾根下に行くことが出来ます。

イメージ 12

イメージ 13

すると、堀切らしきものが。遺構っぽいのはこれくらいでしょうか。

イメージ 14

イメージ 15

厳島神社へ。キレイでしたね。ちょうど干潮になったので、鳥居を触ることができました。それにしても平日なのにすごい人でした・・・。

******************************************
応援のポチ、お願いします!
https://history.blogmura.com/his_sengoku/img/his_sengoku88_31.gif
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ(文字をクリック)

  • 宮島には学生の時に皆で行ったきりです。宮尾城のことは知っていましたが、やはり皆と一緒だと行くことができず、遠くから眺めただけでした。遺構はないようですが、多分後世のものでしょうけど石積があると気になってしまいます。

    [ - ]

    2012/7/15(日) 午前 11:39

    返信する
  • 以前行きましたが干潮の真っ最中で、海に浮かぶ鳥居は見れなかったです(泣)。おまけに、城跡のチェックもせず・・・。
    なので、紹介頂いて感動してます。あまり遺構はないようですが、消えちゃったんですかね。この小城に篭って陶の大軍に囲まれていたら、さぞ心細いだろうと想像してしまいます。

    [ にすけ ]

    2012/7/15(日) 午後 1:06

    返信する
  • 竹さん,こんばんは
    宮島には2度ほど行ったのですが,宮尾城の事は知りませんでした.
    厳島神社の再訪をかねて,行ってみたいです!

    Shane

    2012/7/16(月) 午後 10:34

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは 竹 さん
    ちょっと前になりますが「毛利元就」の歴史を、かる〜く調べてみました(そして中断しています)
    「厳島合戦」は知略を尽くした戦いであったと認識しているのですが・・・詳しい事は判りません。
    「毛利元就」の戦いの歴史の中では重要な戦いであり、訪れたい城址なので、大変参考になりました。有り難うございます!

    [ 足軽 新之助 ]

    2012/7/17(火) 午前 0:28

    返信する
  • 顔アイコン

    >はまっ子さん
    でしょうね〜、そりゃ他の人からはブーイングでしょう(笑)でも、厳島合戦を知っている身としては、せっかく来たんだから見てみたいと思いますよね。

    >にすけさん
    私はギリギリ、両方の鳥居の姿を見れたのでよかったです。宮尾城はこんなに小さい山だったとは、驚きでした。本当に、ちょっとした岡ですね。

    >シェーンさん
    あらそうですか、それは意外。再訪の際は是非!降りてすぐですからね。

    >足軽新之助さん
    私は大河ドラマを見て以来、行きたかった場所なんです。遺構は残念ですが、あの場所に城があったというのは納得でした。宮島観光の際はぜひ。

    竹

    2012/7/17(火) 午後 9:15

    返信する
  • 毛利氏と陶氏の古戦場ですね
    元就は、1555年 9月30日から10月1日にかけて
    陶氏をこちらに呼び寄せ、嵐のよる暗闇にまぎれて、包みヶ浦と博打尾から挟み撃ちしたと言われていますよね
    包みヶ浦の(つづみ)も 博打も打つものだから縁起が良いと喜んだと言われます
    ソソノンも その頃には、行ったような・・・どこかですれ違っていたかも知れませんね
    また お越しくださいませ<m(__)m>

    ソソノン

    2012/7/22(日) 午後 9:19

    返信する
  • 顔アイコン

    >ソソノンさん
    ゆっくり見ようと思えば、いろいろ見る場所はありますね。古戦場関係はここくらしか見なかったですし。まあ平日なのに人がたくさんいて驚きました。
    広島だと、今度は岩国か吉田郡山に行きたいなあと思ってます。

    竹

    2012/7/27(金) 午後 4:18

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事