ここから本文です
『戦国の城の一生』(吉川弘文館歴史文化ライブラリー)、引き続きよろしくです

書庫全体表示

イメージ 1

以前↓↓にて宣伝させて頂きました、幻の大著が遂に復刊開始です!
http://blogs.yahoo.co.jp/joukakukenkyuu/30872711.html

宮坂武男『縄張図・断面図・鳥瞰図で見る 信濃の山城と館』第1巻 佐久編(戎光祥出版)

が、遂に出ました!予約数もかなりの数にのぼっているとか。近々予約された皆様にも届く予定とのことです。喉から手が出るほど欲している方も多いかと思いますが(笑)、もう少々、もう少々お待ちください。もうちょっとで届きますよ!一般書店での販売は、来週以降になるとのこと。

自筆原稿のままの復刊で、大きさもB5判にするということで、正直どんなふうになるのか、若干心配していた面もありましたが、心配ご無用でした。超キレイです。図版はいたってキレイ。カラーの鳥瞰図も結構たくさんあって、これまたキレイ。文章も、字の大きさとか読みやすさも全然問題なく、またまたキレイです。結構分厚くなりましたが、そんなに重くないですので十分持ち運びもできそうですし、コピーもしやすい感じの製本になっています。

とにかく、よく出来ています。よくぞここまでキレイに編集していただけたと思います。感謝ですね。

イメージ 2

これがカラー鳥瞰図。64城分あります。ちなみに表紙の鳥瞰図は、どうも望月城のようですね。表紙も黒を基調として赤色と金色を加えて、なかなか渋くカッコよく仕上がっているのではないでしょうか。

イメージ 3

これが中身。佐久地方だけでこれだけの城があるとは・・・信濃はすごい・・・。また縄張図を見ていると、本当にお城って個性豊かですね。やたらに広大な城域を持つ城もあれば、本当に小さい曲輪しかないような山城もあり、佐久だけでも実にバラエティに富んでます。これは一度読みだしたら止まらないのではないでしょう。

しかもですね、当初は予定になかったものが加わりました!それは、宮坂氏によるコラム「山城の歩き方」です。本巻には7つのコラムが収録されています。「 ,覆嫉笋城跡を記録するようになったのか」「セ笋歩く場所は、言わば百姓の生きていた場所」などなどですが、どれも長年山城調査を続けてきた宮坂氏の想いが伝わってくる、とても面白いコラムに仕上がっています。ファン必読ですね。

あと、もちろんお城の本なのですが、もっといえば信州の地域史の本なんですよね。コラムにもありますが、聞き取り調査を行なって、もう誰も通らなくなった古道とか、忘れ去られてしまった地名だとか小さい祠だとか民俗行事だとか、そういう地域の歴史を語るあらゆるものに目配りして記録されているわけです。これは本当に素晴らしいと思います。今、記録しておかないと、永遠に忘れ去られてしまうかもしれない・・・その一心で調査を続けてきた宮坂氏の哲学というものも随所に感じられます。

まだまだ語りたいことはたくさんありますが、とにかく、これは城郭研究者はもちろん、戦国史研究者、地域史研究者、民俗研究者、そしてすべての城郭ファン必携の本であります!!お城好きの人なら、一度手に取ったら必ず欲しくなる本だと思います!!

B5判、限定400部、全8巻。1巻7800円+税です。今回の第1巻は232城を収録、480頁ほどです。ちなみに、8巻合計で7800円ではありませんよ、お間違いなく・・・。ちょっと高いでしょうが、それだけの価値はある本です。しかも、『図解山城探訪』の2巻分(2〜30000円相当)が1冊にまとまっているのですから、お値段的にも内容的にもそう考えるとメチャ安です。詳細は、戎光祥出版さんへ↓↓
http://www.ebisukosyo.co.jp/


******************************************
応援のポチ、お願いします!
https://history.blogmura.com/his_sengoku/img/his_sengoku88_31.gif
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ(文字をクリック)

  • 顔アイコン

    本日、私のもとにも届きました。
    本当に素晴らしい内容で貪り読んでいます。
    仕事投げ飛ばして長野に行きたくなりますねえw 削除

    [ でらちん ]

    2012/10/27(土) 午後 9:06

    返信する
  • 顔アイコン

    出ましたか。ようやっとで・・・まだ手元には届いていませんが。
    最近、佐久編繋がりではないのですが、久しぶりに佐久のお城に行って来まして、素晴らしい城跡を堪能してきました。日向城でアップしていますのでご覧ください。

    [ 馬念 ]

    2012/10/27(土) 午後 11:35

    返信する
  • 顔アイコン

    すごい本が出るんだな、と思ってましたが、中身を見るとすごさを実感しました。7800円×8冊ですか。うーん、かなり悩みますね、これは・・・。

    [ にすけ ]

    2012/10/28(日) 午後 0:01

    返信する
  • 顔アイコン

    >でらちんさん
    もう届きましたか!よかったですね。とにかく「城」と考えられている場所は全部見ているのですね。最終的に城ではないものも含まれているのでしょうけど、それも含めて全部調査しているのは、超人としか言いようがありませんね・・・

    >馬念さん
    あら、まだでしたか、配達の都合でしょうかね。一足先にスミマセン(笑)日向城、この本でも見ましたけど、図面だけでも凄そうですね。他にもいくつか凄そうな城があって、見に行きたくなります・・・

    >にすけさん
    本当に、思った以上の仕上がり具合でした。技術の進歩と編集の上手さの賜物なのでしょう。値段が値段だけに、考えちゃいますよねぇ、こればっかりは・・・。できれば全国の図書館に入ってもらえればと願っています。

    竹

    2012/10/28(日) 午後 10:23

    返信する
  • 顔アイコン

    らんまるでございます。拙いブログにコメント頂きありがとうございました。

    真っ先に読んだのは宮坂先生のコラムでした・・(笑)
    巻き尺と小枝の話は感動しました。誰もいない山の中で孤独な作業を続ける為の相棒・・小生も基本的に単独で出掛けるので心情が良く分かりました。

    これだけの秀作、是非多くの方に見て頂きたいし、私たちが愛して止まない信州の山城を知って頂くための教則本ですよね。
    とっかかりとしての鳥瞰図集だけってものアリだと思います。
    別冊として発行されることを期待しております。(お願いばかりで恐縮です・・汗)

    [ 番犬ガルム ]

    2012/11/1(木) 午前 7:36

    返信する
  • 顔アイコン

    >らんまるさん
    私もコラムでした(笑)これがあるとないとでは、かなり違いますよね。

    鳥瞰図集、アリですか。今回の全8巻の売れ行き次第では・・・ですかね。山梨編も復刊してほしいですが、それもこれも売れ行き次第・・・。出版社も、儲け度外視でされているそうですから・・・。

    購入はもちろん、諸方面への宣伝や、図書館への購入希望申請など、皆様のご協力を、お願い申し上げます・・・。

    竹

    2012/11/1(木) 午後 1:41

    返信する
  • 顔アイコン

    こんにちわ、まず刊行に関わられた方々に感謝します。実物を見て仲間達も遂に購入を決めたようです(コピーさせないと断言!)山城シーズンにタイムリーな刊行になりましたね、早速週末は佐久行きです。 鳥瞰図美しいですね・・・イヤー面白いです、えっ!先生が熊に遭遇された事が無いとは、これもびっくりです。 削除

    [ イラブ ]

    2012/11/1(木) 午後 8:48

    返信する
  • 顔アイコン

    >イラブさん
    お買い求めいただいたようですね、ありがとうございます。また、お仲間の皆さんも、とのこと、いい感じです(笑)
    私も佐久の城、行きたいです。佐久地域の論文を書いたこともあり、特に内山城と芦田城、望月城は見てみたいです。他にも縄張図を見ると面白そうな城が結構あり、興味が尽きませんね。ちなみに私もまだ熊に遭遇したことはありません。イノシシはありますが・・・。

    竹

    2012/11/6(火) 午後 11:31

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは、刊行おめでとうございます!(でいいのかな?)
    私も先日購入致しました。
    補遺偏・拾遺偏も収録されていて(拾遺偏は知らなかった)宮坂先生のコラムもあり嬉しいサプライズでした。
    書籍の大きさも自宅の複合機でコピーしやすいサイズですので城攻めにはもってこいのアイテムですね。

    [ 三日月堀 ]

    2012/11/15(木) 午後 10:50

    返信する
  • 顔アイコン

    >三日月堀さん
    ご購入ありがとうございます!
    そうなんです、今までも全部+コラムで、よりコンパクトに、より見やすくキレイに、お値段もかなり安くなり、本当にいい本になりました。
    これで信州の城に全国から注目が集まるようになればいいですね。面白い城が本当に多いところなので。

    竹

    2012/11/16(金) 午後 11:04

    返信する
  • 今日、三省堂神保町店で買ってきました。行ったことのある佐久の城の記事をさっそく読んでみました。実際に訪れた時に遺構かどうかわからなかった所が、ちゃんと堀跡として描かれていました。いつか、この本を参考にまた信濃の城巡りに行きたいです。

    [ - ]

    2012/11/23(金) 午前 0:14

    返信する
  • 顔アイコン

    >はまっ子さん
    そうですか、ありがとうございます!諸方面で話題になっているようで、評判も良いそうです。お楽しみ頂ければ幸いです。私も以前行った前山城とか、ずっと見てみたいと思っている内山城とか、この本を片手にすぐにでも行きたいんですがねぇ・・・

    竹

    2012/11/23(金) 午後 9:52

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事