ここから本文です
『戦国の城の一生』(吉川弘文館歴史文化ライブラリー)、発売です!

書庫全体表示

前川本城、ラストです。

イメージ 1

これは、確か小規模な方の枡形虎口にあった石積み跡だったと思います。

イメージ 2

これは何だったか、たぶん小規模な枡形を外側から写したものか…。

イメージ 3

これもあやふやなのですが、小規模枡形の外にある三角形の曲輪の虎口だったかと思います。奥が二の丸のか。

イメージ 4

で、これが先ほどの写真を虎口を出て左側にある虎口。ここを降りると

イメージ 5

横堀があります。そこそこの規模です。

イメージ 6

連続枡形に戻ります。大手道の方を降りていきます。大きい枡形の法面にも、このように石積みの跡が見られます。

イメージ 7

大手道正面から見た枡形虎口。右側に鏡石のような感じである石は、江戸期だったかのものでした。

イメージ 8

虎口の外側は、だらんとした曲輪があります。

イメージ 9

大手道はつづら折りになっています。真ん中上の部分が、先ほどの枡形正面です。この手前の空間も、どうも怪しい雰囲気です。

イメージ 10

さらに降りていくと、こんな感じになっていて、どうも枡形なのではないかと思いました。

イメージ 11

さらに降りて、大手道です。正面でぶつかって、左に曲がると、さっきの写真になります。この道は堂々とした道で、大手道といわれても、なるほどと思えます。これを降りていくと、民家の脇に出て、道路に出ます。これで一周です。

イメージ 12

最後に、改めて今回のベスト写真を。これは我ながら見事な写真!

というわけで、くまなく見学することができました。本当に衝撃的な城でした。午前中に見たのですが、もうこの城だけで写真も撮りまくって、カメラの電池をだいぶ消費してしまいました。

中内城(中ノ内城)とも呼ばれる前川本城ですが、とにかくその歴史はよくわかりません。ただ、轟川対岸(城の北側)に本屋敷遺跡という中世の遺跡があるのですが、そこは前川本城の城下町といわれています。その遺跡は、16世紀末で廃絶するとかいう話だったような。なので、前川本城もその頃のものではとされることが多いようです。どうなんでしょうねぇ。

しかし、それにしても、この城は川崎町の宝ですよ。本当に、もったいないの一言です。こんな城があるのに、どうやら史跡指定を受けていなさそうです。川崎町のHPでも紹介されていないようです。そして研究者による研究もほとんどされていません。これは、国レベルの史跡として十分価値があるでしょうし、早急に全国の城郭研究者に見てもらって、大々的にシンポジウムでもやったらいいのにと思います。いろいろ事情などはあるのかもしれませんが、とにかくもったいない。どうかこのまま保存されるよう手立てを施して頂きたいと思います。

さて、こんな城は、なかなか見れるものではないので、もうお腹いっぱいという感じで、この後午後に見に行く城は、残念だけど大したことないんだろうな、なんて思ってました。ところが、そんなことを思ってしまった私がバカでした。宮城の城を舐めてました。次の城も、そうした我々の予想を裏切るとんでもない城だったのです…。

次回は、その城をご紹介します。

******************************************
応援のポチ、お願いします!
https://history.blogmura.com/his_sengoku/img/his_sengoku88_31.gif
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ(文字をクリック)

この記事に

  • 顔アイコン

    おやおや、期待させますネ〜!!

    東北の温泉バカ

    2015/11/11(水) 午後 9:42

    返信する
  • 竹さんの文から城跡の凄さが感じられます。
    面白そうな城跡ですね!

    サービスエンジニア

    2015/11/12(木) 午後 5:14

    返信する
  • 顔アイコン

    ここは知りませんでした! 何名かの城好きに聞いても前川城?川崎要害の名前は出てきましたが・・・縄張り図も見たことないですし・・・以前近くを通ったのに面白そうなのが無さそうなのでスルーしました、残念! 削除

    [ イラブ ]

    2015/11/12(木) 午後 6:15

    返信する
  • 顔アイコン

    川崎町の関連でいえば上楯城ですか?ここも行きました。支倉氏の城で支倉常長のかかわりを強く出していました。遺構の残りはよくないのですが、山城の雰囲気は感じ取れた思い出があります。

    [ 馬念 ]

    2015/11/12(木) 午後 10:28

    返信する
  • アバター

    >史跡指定を受けていなさそう

    遺構が見事とか、歴史的に重要な城跡なのに都道府県で指定を受けてないところや、放置状態のところって意外とありますね。

    近年再発掘してるところもあるけど、予算があるから未だ少数。
    特に九州関係は国道インフラ関係で遺構が潰されたり分断されたりで涙目。
    個人所有の山林だったり、まぁこっちは神話関係が予算優先になってたりと色々事情が複雑です(。-`ω-)ンー

    原型が僅かでも公園施設になってるのはマシなのかもしれないと思うようになりました。

    とても楽しかったです^^見ててワクワクでした^^
    村クリ(*´∀`)ノ+゜*。゜ナイス+゜。*゜+

    栞

    2015/11/15(日) 午前 1:21

    返信する
  • 顔アイコン

    > 東北の温泉バカさん
    これからの城めぐりでも期待してしまいますね。まだまだありそうな気がします。

    > サービスエンジニアさん
    東北に来たらマストの見学地ですね。誰でも満足して頂けるでしょう。

    > イラブさん
    そうですか、ご存知なかったのですか!松岡さんのご著書の中に図面があります。図面からしてスゴイ城だと思ってましたが、現地で見ると全然印象が違いました。想像をはるかに超えた凄まじい城でした。超オススメですので、ぜひ。

    竹

    2015/11/15(日) 午後 8:38

    返信する
  • 顔アイコン

    > 馬念さん
    その通りです。遺構の残り具合はメチャクチャ良かったですよ。夏にでもいらっしゃったのでしょうか。ここと同レベルの衝撃でした。

    > 栞さん
    おそらく何かしらしようとはしているのでしょうが、とにかくこのまま保存されることを願うばかりです。これは宝物ですよ。

    竹

    2015/11/15(日) 午後 8:41

    返信する
  • 顔アイコン

    竹さん、ご無沙汰しておりますm(_ _)m
    歴史学研究11月号と歴史評論11月号を拝読しました。
    とても簡潔でわかりやすい現状総括でした。
    6月に福島県伊達市で行われた歴史講演会で、前川本城と小野城が話題になりました。境目強化と、伊達政景の最上出陣時の整備の可能性が指摘されていましたので、トラバさせていただきます。
    竹さんの記事で、状況を詳しく知ることができました。
    ありがとうございましたm(_ _)m

    hiro

    2015/12/1(火) 午前 8:36

    返信する
  • 顔アイコン

    > hiroさん
    ご無沙汰しております。いえいえ、いずれも依頼論文で大したものではなく、恐れ入ります。こっちに来たのに、未だお目にかかれず、失礼いたしております。講演会も行きたかったのですが…。ただ、レジュメはゼミ生がもらってきてくれました。
    そうですか、話題になりましたか。まあその時期は十分考えられますよね。ちょっと異常ですね、この2城は。史料をひっくり返せば関連史料が見つかるのかどうか…。菅野さんが指摘していないということは、無いんでしょうねぇ…。
    まあとにかく、東北は魅力あふれるフィールドで、当分楽しめそうです。

    竹

    2015/12/1(火) 午後 8:43

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事