ここから本文です
『戦国の城の一生』(吉川弘文館歴史文化ライブラリー)、発売です!

書庫全体表示

5月に久しぶりに行ってきた、米沢市の舘山城です。伊達氏の城で、一時期こっちが本拠だったんじゃないか説もあり、でも発掘したらすごいのが出てきて、ここもいろいろ論争が起きていて、なんとも不思議な城なのです。

イメージ 1

上杉神社からレンタサイクルで。十分行けます。

イメージ 2

小高い丘程度なので、すぐに登れます。で、これが問題の枡形虎口です。

イメージ 3

以前見に来た時より看板も増え、整備されていましたね。でも、このへんの石は基本そのままかしら。こうした状況から、破城されたのでしょうと。あるいは築城途中での放棄とも。

イメージ 4

キレイな枡形で、がっつり石垣なんですよね。

イメージ 5

ここが一番よく残っている部分。

イメージ 6

アップで。近世初期の上杉氏段階ではないか説が出ているのですが、いや奥羽仕置時の蒲生氏によるものでは説もあり。どうなんでしょう。以前一緒に見に行った専門家は、かなり新しいと評価していました。石垣に詳しい人、教えてください。

イメージ 7

この隅石が特に新しく見えるとかだったような。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

虎口脇の横堀。

イメージ 12

大土塁ですね。以前はもっと詳細に見たのですが、今回はこれくらいで。まだまだ謎の城は多いもんです。

**********************************
応援のポチ、お願いします!
[https://history.blogmura.com/his_sengoku/ にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ(文字をクリック)]

この記事に

  • 顔アイコン

    かなり以前に行きましたが、藪に覆われて、あまりよく見れませんでしたが、整備されてよく遺構がみられるようですね。また、機会があれば行ってみたいと思います。

    [ 馬念 ]

    2018/8/19(日) 午後 1:29

    返信する
  • 顔アイコン

    > 馬念さんも
    もうすっかり整備されています。米沢まで来れば、すぐですからね。しかしこの石垣、どうなんすかねぇ。

    竹

    2018/8/23(木) 午前 11:37

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事