ここから本文です
『戦国の城の一生』(吉川弘文館歴史文化ライブラリー)、引き続きよろしくです

書庫全体表示

ヤフーブログでの最後の投稿になるでしょうか。今日は天気も良く、またまた宮城県川崎町の前川本城に行ってきました。アラバキへ向かう人だらけのバス車内、我々一行は川崎町で下車し、城跡へ向かいました。

3回目の訪問になりますが、やはり何度見ても素晴らしい…。主郭部分のみ、縄張図も描きました。まあまあうまくできました。また秋頃に行き、図面を完成させたいものです。見通しがよく、直線的なので、練習にはもってこいです。もうちょっと近ければいいのですが。

イメージ 1

相変わらずのど迫力の横堀。何度見てもすごい。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

今日は最高の城日和でした。

イメージ 5

今回は、こうした石積み・石段の跡をいくつか確認することができました。これは、主郭北側土塁の内側部分。明らかに石が列をなしています。

イメージ 6

イメージ 7

2,3段になっていることがわかると思います。この他にも石が所々で見られます。石積みが残っている東側の連続枡形以外にもは、馬出の虎口や両脇の土塁の内側、連続枡形の下にある枡形虎口など、結構ありました。発掘すれば、相当の石積みが出てくるのではないかと思われます。会津の柏木城に雰囲気がよく似ているなあと。あるいは鉢形城秩父曲輪の石積みでしょうか。

二曲輪土塁上では、石臼の一部も発見しました。年代判定を依頼中です。

東京の皆さん、秋に是非行きましょう!

******************************************
応援のポチ、お願いします!
[[img(https://history.blogmura.com/his_sengoku/img/his_sengoku88_31.gif)]]
[https://history.blogmura.com/his_sengoku/ にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ(文字をクリック)]

  • 顔アイコン

    竹さん。こんにちは。私も前川本城行ってきました。竹さんのレポートにあった石積みをあらためて確認してきました。
    土塁の内側に二段から三段の階段のような積み方でした。あと「山神」と書かれた壊れた石碑を発見しました。日付も入っていると思われるのですが、読み取れませんでした。石積枡形の大手から入る虎口においておきましたので次回訪問の際はご確認下さい。写真を送れればよいのですが。

    [ コウジ ]

    2019/5/5(日) 午後 4:19

  • 顔アイコン

    > コウジさん
    そうですか、当日も数人見かけまして、ツイッターで検索したら案の定その人たちがアップしていました。ここ一週間はベストな見学日和でしたね。皆さん感動しているようで。

    石積み、ご覧になりましたか。他の箇所にもちょこちょこあるんですよ。「山神」は、現地看板の絵にも描かれていましたね。あれは明治十年だったかな、ともかく明治のものでした。

    竹

    2019/5/5(日) 午後 10:30

  • 顔アイコン

    看板確認しました。なるほど明治の石碑ですか。何か発見できるかもとワクワクしますね。是非本格的に発掘して欲しいですね。^_^

    [ コウジ ]

    2019/5/6(月) 午後 1:43

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事