ここから本文です
『戦国の城の一生』(吉川弘文館歴史文化ライブラリー)、発売です!

書庫全トラックバック表示

トラックバック: 146件

全15ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

  • 歴史講演会

     21日に行われた講演会は、旧来の歴史の理解を払拭する提言が随所に盛り込まれていました。  あっと驚くような城郭調査所見も披露されました。城郭については、もはや旧来の縄張論では論じられない研究次元に入ってきた感があります。  定員300名の会場が溢れてしまうほどの超満員で、配布された32ページの冊子は、即日残部ゼロとなりました。 → 参考  22ページ上段の【史料二】に出てくる「掛田」は、『上杉家御年譜』では「刈田」、『覚上公御書集』では『櫻田』と記されていますが、東大影

    歴史と旅のダイアリー

    2015/12/1(火) 午前 8:37

  • どこかの店で何かの行事に同僚と〜八王子城址

     昨日みた夢はこうです。同僚と行事に参加するため店にいます。店の中と外にパイプ椅子が設置されており、我々は外です。やがて主賓の挨拶が始まりました。ところが我々の前の方の 3~4 人程の学生風の出席者の態度がよろしくないので、同僚が注意しに行ってトラブルになりました。私の後ろの参加者は「あ〜あ、トラブルになっちゃってるよ。」、といいました。これは私もいかなければならないな、と思ったところで目覚めました。  同僚とは会いました。ただ大きな室内です。店ではありません。パイプ椅子には最近仕事で 八

    池田雄二の夢日記(流Ikepedia)

    2014/2/13(木) 午前 2:24

  • 読了【北条氏年表 黒田基樹著】

    気晴らしに読むのも、やっぱ戦国関係,;.:゙:..:;゙:.:: (゚∀゚ゞ)ブハッ! 頭を空っぽにしたかったので、九州から離れてイザ関東〜〜〜 って実はタイトルの本は入手して少し経過した段階で一度記事にしてました^^; ファン様御存知のプライベートで色々ありすぎて、なかなか読み進まず、一日1頁とかの日もありつつ・・ 目標だった年内読了は達成できた♪ヽ(*´∀`)ノ 本の内容の詳細はトラックバック先の「城郭研究ノート」をご参照ください^^ 正直なところ、自

    九州戦国ブログ〜室町末期から江戸初期まで〜

    2013/12/28(土) 午後 11:19

  • 能島城         お薦め度 中

    所在地 今治市宮窪町宮窪 特 徴  能島村上氏が築いた水軍の城で、上陸はできないが潮流見学のボートが接近してくれる。  二つの島からなり当時は橋が架かっていたと言われる。 感 想  船着場や見学通路が整備されているのになぜ上陸させてくれないのか。...

    脱サラ放浪記(全国城郭便覧)

    2013/9/9(月) 午前 9:14

  • 福島城 〜春日山城を廃して築かれた城〜

    福島城   【訪問時期】   2012年8月 【別  称】   なし 【所 在 地】   新潟県上越市港町 【築 城 者】   堀秀治 【築 城 年】   慶長十二年(1607) 【遺   構】   なし 【歴史・構造】   福島城は、慶長十二年(1607)に完成され、同十九年に廃城となった。  わずか七年間の存在でしかなかったが、室町時代から江戸時代に移る当時の築城形式をしめす典型的な大城郭である。その間...

    中年になっての日々

    2013/8/13(火) 午後 9:22

  • 御館 〜御館の乱の舞台〜

    御館    【訪問時期】   2012年8月 【別  称】   なし 【所 在 地】   新潟県上越市五智 【築 城 者】   上杉謙信 【築 城 年】   弘治年間 【遺   構】   なし 【歴史・構造】   御館は、小田原城主北条氏康に敗れ、越後に逃れた 関東管領上杉憲政のために上杉謙信公が造営した館で、後に憲政から関東管領職を継いだ謙信公が 政庁としても使用したといわれています。   御館は、古...

    中年になっての日々

    2013/8/13(火) 午後 9:21

  • 【筑前大友五城〜神代勝利、戦国大名化計画IF4】龍造寺隆信「覇」の巻18

    訪問・コメ返事が遅れてすいません〜〜 にほんブログ村 地方・郷土史 前振りが長引いてますが、今話してる事は龍造寺編にも秋月編にも後々必要になる基本ベース知識です。 退屈かもですが「シオさんは記事にしないと脳内整理出来ない不器用さんダカラナー(*´ー`)ヤレヤレ」と笑って御付き合い下さいませ。 大友が筑前支配の為に要としたのが、筑前大友ファイブ・・ではなくて筑前大友五城です。 立花山城〜〜〜城主・前立花氏⇒⇒道雪の立花氏 宝満山城〜〜〜城主・一万田系高橋氏⇒⇒岩屋城

    九州戦国ブログ〜室町末期から江戸初期まで〜

    2013/8/8(木) 午後 11:43

  • シンポジウム〜「秀吉を迎え撃てー天正年間の関東の城」

      八王子市南大沢 の 首都大学 で7月25日まで開催されている企画展 『 多摩のいま・むかし −八王子の山城・中野村の象ー 』     企画展のようす         この企画関連のシンポジウム 『 秀吉を迎え撃てー天正年間の関東の城ー 』 にも参加して来ました。  ...

    旦さまと私

    2013/7/19(金) 午後 9:21

  • 墓石やレンガ状の石を敷き詰めた戦国期の庭園跡など〜小田原城発掘説明会行ってきました

    こんばんは、歴史郵便です。 今日は、お城好きの方々の間で話題の、小田原城の発掘説明会に行ってきました。 天守閣のある区画に隣接する御用米曲輪という区画を発掘したら、 すごいものが出てきたということでしたので   画像は、当日配布レジュメより拝借。写真は…デジカメ忘れてしまって (^_^ ; )   戦国末期( 16 世紀後半)とされる礎石建物跡の新たな発見(複数回改修の跡)、江戸期の曲輪(土塁)造成の形跡、近世の蔵跡( 3...

    歴史郵便

    2013/2/17(日) 午前 8:36

  • 難波田城攻略サイクリング(いも恋、ピロシキ付き)

    北風が強くなる前に気になっているお城に行っておこうと思っていた、夏場は暑くて辿り着けない冬場は帰りの向い風で帰還出来ない、今がチャンスのようだ。   と言っても先週も呑んだくれていたので2週間ぶり、先ずはパノラマ公園まで足慣らし、8時頃なので誰も居ない、何とか脚も廻りそうなので先に進む事にした。   荒サイはコスモスが満開、とっても綺麗で何だか得した気分になった。   とりあえず本田航空で一休み、ココから先の荒サ...

    MANJYU HUNTER DAKATAX

    2012/10/29(月) 午後 9:56

全15ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事