ここから本文です
『戦国の城の一生』(吉川弘文館歴史文化ライブラリー)、引き続きよろしくです

書庫全体表示

記事検索
検索

全108ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ブログのおしまい

11年近くにわたって運営してきました、このブログですが、Yahoo!ブログ終了ということで、合わせて終了しようと思います。

続けようかとも思いましたが、ちょうど良い機会ということで、もうおしまいにします。

忙しく更新できませんし、城の紹介だけなら城郭放浪記さんとかウモさんとか、ブログに限らずツイッター上でもバンバン情報が流通していて、ツワモノ揃いで敵いませんし、学問的な話題をしようものなら生理的嫌悪感情があると言われてしまいますし、もういいやと。

振り返れば、いろいろな人にお越し頂きました。単純に楽しくコメントのやりとりをしたり、時には議論になったり、いろいろありましたねぇ。ご愛顧ありがとうございました。また、拙著をお買い求め頂いた方々、直接の御礼は言えませんが、どうもありがとうございました。

研究者のブログ・ツイッターもだいぶ増えて、皆さんいろいろな発言をされていますが、皆さん元気によくやるなあと思いますね。とりあえず、呉座さん頑張れとは言っておきましょう。

今後も、お城に関する論文や本は出すでしょうし、講演会も時々各地でやると思いますので、どこかでお目にかかりましょう。

お別れはこの曲、シューマンのピアノ協奏曲イ短調です。なんでお別れでこの曲かって?わかる人にはわかるでしょうね〜


いったい何が…

昨日・おとといとものすごい訪問者数なのですが…。特におとといは1000人以上来ました。検索ワードを見ると「城 竹 防御施設」というのばかりでして。いったい何が起きたのでしょうか。不気味なんですが、どなたか教えて下さい。

「城 竹 防御施設」について、詳しく知りたい場合は…ぜひ『戦国の城の一生』もお読み下さい。さすがに売れ行きがストップしてきました(笑)

イメージ 1

 
ヤフーブログでの最後の投稿になるでしょうか。今日は天気も良く、またまた宮城県川崎町の前川本城に行ってきました。アラバキへ向かう人だらけのバス車内、我々一行は川崎町で下車し、城跡へ向かいました。

3回目の訪問になりますが、やはり何度見ても素晴らしい…。主郭部分のみ、縄張図も描きました。まあまあうまくできました。また秋頃に行き、図面を完成させたいものです。見通しがよく、直線的なので、練習にはもってこいです。もうちょっと近ければいいのですが。

イメージ 1

相変わらずのど迫力の横堀。何度見てもすごい。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

今日は最高の城日和でした。

イメージ 5

今回は、こうした石積み・石段の跡をいくつか確認することができました。これは、主郭北側土塁の内側部分。明らかに石が列をなしています。

イメージ 6

イメージ 7

2,3段になっていることがわかると思います。この他にも石が所々で見られます。石積みが残っている東側の連続枡形以外にもは、馬出の虎口や両脇の土塁の内側、連続枡形の下にある枡形虎口など、結構ありました。発掘すれば、相当の石積みが出てくるのではないかと思われます。会津の柏木城に雰囲気がよく似ているなあと。あるいは鉢形城秩父曲輪の石積みでしょうか。

二曲輪土塁上では、石臼の一部も発見しました。年代判定を依頼中です。

東京の皆さん、秋に是非行きましょう!

******************************************
応援のポチ、お願いします!
[[img(https://history.blogmura.com/his_sengoku/img/his_sengoku88_31.gif)]]
[https://history.blogmura.com/his_sengoku/ にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ(文字をクリック)]
イメージ 1

(向羽黒山城の枡形虎口)

Yahoo!ブログが終了とのことで、どうしましょう。Yahoo!は当分もつだろうと思っていたのですがねえ。こういうネット上の情報の保存・管理というものについて、考えさせられます。

そもそも撮った写真の記録・保存用で始めたブログですが、最近更新できていないので、もう終わりにしてもいいかなとも思ったり。振り返ると、いろいろありましたね・・・。でも、しつこい人間なので、いちおう移転して継続しようかなとは考えております。

皆さんはどうされるんでしょうか。

**********************************
応援のポチ、お願いします!
[https://history.blogmura.com/his_sengoku/ にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ(文字をクリック)]
佐沼城、続きです。

イメージ 1

本丸。

イメージ 2

櫓台に向かいます。

イメージ 3

イメージ 4

神社があり、鎌倉時代の板碑もあります。

イメージ 5

本丸。低い土塁と井戸跡が見えます。

イメージ 6

博物館横の地形。ここも堀だったようです。

イメージ 7

旧亘理邸。中には入れませんでした。

イメージ 8

西館に向かいます。入り口です。

イメージ 9

イメージ 10

手前には佐沼を領した伊達市家臣津田氏の墓地があります。一番手前が有名な津田景康の墓。18世紀半ばまで津田氏はいて、その後は亘理氏が入ります。

イメージ 11

奥にはその亘理家の墓所が。こういうのが残っているのが旧仙台藩領のすごいところですね。最近大名家墓所の研究が進んで文化財指定もされつつあるようですが、仙台藩領のこういう文化財も大変貴重なものだと思います。

イメージ 12

西館内部。奥は先ほどの津田家墓所。この左側が横堀になっています。

イメージ 13

堀底から。道になっていて抜けることが出来ます。

イメージ 14

河川敷に出て政宗の陣場へ向かいますが、御前巻という史跡があります。戦国期に佐沼城主の妻が入水した伝説があるそうで。

イメージ 15

西館の向かい側に政宗陣場があります。

イメージ 16

石碑も建っています。

イメージ 17

イメージ 18

公園になっていて、平場がいくつかある感じです。

イメージ 19

陣場から見た西館。この距離で籠城する一揆軍と戦っていたようです。

**********************************
応援のポチ、お願いします!
[https://history.blogmura.com/his_sengoku/ にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ(文字をクリック)]


全108ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事