ここから本文です
『戦国の城の一生』(吉川弘文館歴史文化ライブラリー)、引き続きよろしくです

書庫全体表示

記事検索
検索

全174ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1


『戦国の城の一生』、おかげさまで3刷までいきました。

書評や紹介も、東京新聞に続いて、河北新報、山形新聞、静岡新聞、朝日新聞などでして頂きました。朝日新聞では、作家の門井慶喜さんに触れて頂きました。どうせ内容はボロクソに言われるのが研究者の世界の常ですが、文章のプロである作家さんから文章面を評価頂いたことは素直に嬉しいです。

ということで、引き続き、よろしくお願いします。

**********************************
応援のポチ、お願いします!
[https://history.blogmura.com/his_sengoku/ にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ(文字をクリック)]

この記事に

佐沼城、続きです。

イメージ 1

本丸。

イメージ 2

櫓台に向かいます。

イメージ 3

イメージ 4

神社があり、鎌倉時代の板碑もあります。

イメージ 5

本丸。低い土塁と井戸跡が見えます。

イメージ 6

博物館横の地形。ここも堀だったようです。

イメージ 7

旧亘理邸。中には入れませんでした。

イメージ 8

西館に向かいます。入り口です。

イメージ 9

イメージ 10

手前には佐沼を領した伊達市家臣津田氏の墓地があります。一番手前が有名な津田景康の墓。18世紀半ばまで津田氏はいて、その後は亘理氏が入ります。

イメージ 11

奥にはその亘理家の墓所が。こういうのが残っているのが旧仙台藩領のすごいところですね。最近大名家墓所の研究が進んで文化財指定もされつつあるようですが、仙台藩領のこういう文化財も大変貴重なものだと思います。

イメージ 12

西館内部。奥は先ほどの津田家墓所。この左側が横堀になっています。

イメージ 13

堀底から。道になっていて抜けることが出来ます。

イメージ 14

河川敷に出て政宗の陣場へ向かいますが、御前巻という史跡があります。戦国期に佐沼城主の妻が入水した伝説があるそうで。

イメージ 15

西館の向かい側に政宗陣場があります。

イメージ 16

石碑も建っています。

イメージ 17

イメージ 18

公園になっていて、平場がいくつかある感じです。

イメージ 19

陣場から見た西館。この距離で籠城する一揆軍と戦っていたようです。

**********************************
応援のポチ、お願いします!
[https://history.blogmura.com/his_sengoku/ にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ(文字をクリック)]


この記事に

去年行った佐沼城です。奥羽仕置にともなって起きた大崎・葛西一揆の主舞台として有名です。江戸時代には仙台藩の佐沼要害となります。

仙台から登米市役所行きの高速バスで1時間30分、市役所から歩いて15分程度で着きます。

イメージ 1

まずは首壇。一揆討伐の際に伊達軍により殺戮された人々の首を集めて築かれたといいます。城からはやや離れていますが、歩いて行けます。

イメージ 2

イメージ 3

静かでした・・・。

イメージ 4

城に向かいます。これも外側の堀跡のようです。

イメージ 5

現地看板。

イメージ 6

中心部には歴史博物館があります。ちょうどこのときは政宗関係の展示が行われていました。

イメージ 7

博物館の隣が本丸。本丸は比較的残っています。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

本丸の堀。

イメージ 12

イメージ 13

本丸内部は公園化されています。

イメージ 14

イメージ 15

本丸の裏には荒川が。すぐ奥で迫川と合流します。よくできた立地です。

続きます。

**********************************
応援のポチ、お願いします!
[https://history.blogmura.com/his_sengoku/ にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ(文字をクリック)]

この記事に

利府町の深山館、続きです。

イメージ 1

主郭「1」。細長い曲輪で、ヤブに覆われていますが、比較的歩きやすいです。

イメージ 2

イメージ 3

これが堀切「ア」。なかなか大きいです。

イメージ 4

主郭側を見るとこんな感じ。なかなかの迫力です。上の部分が城内最高所となります。土塁はないです。

イメージ 5

その最高所から堀底を見る。この堀底を通って右下方向へ行くと曲輪「3」です。

イメージ 6

さらに西北方向へ向かいます。奥が堀切「ア」。手前が利府高校側で、左上が曲輪「2」です。

イメージ 7

これが曲輪「2」。削平は甘いです。

イメージ 8

その西北側に行くと、堀切「イ」があります。山城らしい雰囲気ですね。

イメージ 9

イメージ 10

これが堀切「イ」。これを見たときは思わず声を出してしまいました。よく残っているじゃんと。小規模ながら、いい堀切ですね。

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

上から、さまざまな角度から。小ぶりながらいい堀切です。

イメージ 15

利府高校のグラウンドに続く道から見た深山館。

イメージ 16

新幹線のトンネルの真上です。

イメージ 17

城歩きの後は温泉!すぐ近くに日帰り温泉の道珍坊温泉があります。江戸時代にはあった歴史ある温泉(鉱泉)で、1時間500円で入れます。小さい温泉で、5人も入ればいっぱいになるくらいです。結構温いのですが、しばらく入っているとすごくポカポカしてきます。縄張図作成の疲れが一挙に吹き飛びました。おすすめです。

**********************************
応援のポチ、お願いします!
[https://history.blogmura.com/his_sengoku/ にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ(文字をクリック)]

この記事に

新年1発目は、仙台市の隣、利府町にある深山館(しんざんたて)です。この城、ほとんど知られていない城ですが、行ってみたら意外とよく遺構が残っていました。仙台から出発した東北新幹線の最初のトンネル上になります。わかりやすいですね。

縄張図も作成されていないようだったので、作ってみました。小規模な城なので、練習にはちょうど良い城でした。この城を中心に、利府町のことをいろいろ調べて、先日ようやく論文「中近世移行期利府地域史の研究」(『東北学院大学東北文化研究所紀要』50号、2018年12月)を出すことが出来ました。そのうち、大学図書館のリポジトリで公開されますので、よかったらご覧下さい。

イメージ 1

この小高い丘が城跡。紫桃正隆さんの本にも城郭大系にも掲載されていない、比較的最近知られるようになった城のようです。ちょっと遠いですが、利府駅から歩いて行ける範囲です。

イメージ 2

新幹線の高架下から。城跡の真下をぶち抜いています。

イメージ 3

これが入り口。南側で、新幹線の車窓からも見えます。現在は熊野神社が建っていて、その参道がこのように通じているので、訪れやすいです。

イメージ 4

ものすごく急な坂道を登っていきます。これは当時の登城路ではないと思います。

イメージ 5

結構キレイに整備された参道を行くと、熊野神社に着きます。

イメージ 6

社殿右脇に標柱もあります。ちょっと前までは誰もネット上で紹介していない城だったのですが、何人かに先を越されました(笑)

イメージ 7

縄張図。まあまあうまく出来たのでは。協力してくれた皆さんに感謝です。3回通って描きました。去年は5城くらい描いたので、だんだん上手になってきました。論文にも書きましたが、転載は出典明記さえしてくれればどうぞご自由に。

熊野神社は、一番南にあります。その左脇から小道が続いていて、城内に入っていきます。

イメージ 8

その道がこれ。社殿の左脇にあります。

イメージ 9

道に入るとすぐに左下斜面に平場があります。これも一応図面に落としておきました。

イメージ 10

このような道が続きます。十分整備された道です。これをずっと行くと堀切を経て利府高校のグランドに至ります。

イメージ 11

道の右側を見ると、このように細長い主郭「1」がずっと続いています。

イメージ 12

主郭は北側で西北側に曲がります。そこで大きな堀切「ア」を設けています。曲輪らしい地形で、いかにも城っぽい雰囲気です。

イメージ 13

来た道を振り返って。左上が主郭。

続きます。

**********************************
応援のポチ、お願いします!
[https://history.blogmura.com/his_sengoku/ にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ(文字をクリック)]

この記事に

全174ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事