ここから本文です
『戦国の城の一生』(吉川弘文館歴史文化ライブラリー)、重版決定です!

書庫全体表示

記事検索
検索

全172ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

拙著『戦国の城の一生』の書評が1つ出ました。『東京新聞』11月11日号に、作家の伊東潤さんが書いて下さいました。ありがとうございます。この日にアマゾンのランキングが1000番台まで急上昇しました。やはり新聞の書評の影響力はあなどれないですね。書評は東京新聞のHP上でも見ることが出来ます。ご興味のある方はどうぞ。

また、おかげさまで重版が決定しました。今月末には刊行の予定です。ブログ仲間の「番頭」さんに、愛知県豊橋市の書店で人文書ランキング3位だったと教えて頂きましたが、全体的に書店での売り上げが結構あるとか。ともかく、引き続きよろしくお願い致します。

ただ、思った以上に誤植が多く、ショックを受けると共に、大変申し訳なく思っております。自分の能力の限界を感じます。次回作があれば、より一層気をつけます。訂正箇所は以下の通りです。


**********************************
応援のポチ、お願いします!
[https://history.blogmura.com/his_sengoku/ にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ(文字をクリック)

この記事に

イメージ 1

書籍紹介、本当はたくさんしたいのですが、なかなか回らず・・・。

そのなかでも、今回のものはどうしても紹介したかったのです。田中則和『河北選書 南三陸の山城と石塔』(河北新報出版センター、2018年10月)です。地方出版の本なので、あるいはご存じない方も多いと思いますが、この選書シリーズは宮城県・仙台を中心としたあらゆるテーマを扱っていて、良い本が多いです。

その選書の1冊として、今回の本が刊行されました。著者は長年宮城県・仙台市の文化財行政に携わり、宮城県の考古学界、特に中世考古学関係を牽引されてきた方です。

タイトルの通り、東日本大震災後、本格的に宮城県南三陸地域の調査を開始された著者による、中世城館跡と板碑などの石造物を中心とした、まさにフィールドワークの集大成的な本となっています。

この地域の中世を本格的に扱った本は、これまでなかったので、そういう意味でも貴重な本です。宮城県も、中世はすごいんです、面白いんです。伊達政宗だけじゃないんです。地元の人たちにももっと知って欲しいですね。

城館跡は、志津川町の朝日館と新井田館が特に大きく取り上げられています。新井田館は復興調査で全面発掘され、調査成果がわかりやすく解説されています。残念ながら、今では跡形もない状態です。朝日館は沿岸部では最大規模の城館で、縄張図も掲載されています。知られざる大城館の歴史を探っています。

南三陸地域は板碑もたくさん残されていて、それらも丹念に調査されています。中世には「霊場」のような場所があのへんに結構あったようですね。

こうした城館跡と板碑を中心に、中世の武士団の活動や一般民衆の姿、さらには当時の街道や地域の景観など、知られざる南三陸地域の中世の姿を復元していく様子は、非常に面白いし、勉強になります。

こうした素晴らしい歴史文化があるので、それを生かす形で復興を進めて欲しいと著者は願っているようです。復興とは何か、ということも考えさせられる内容となっております。

詳しくは、是非読んでみて下さい。選書ということで、お値段も800円+税と大変お求めやすくなっております。

地方出版の本なので、ジュンク堂レベルでないと他県では置いていないと思います。ネット書店をご利用下さい。

**********************************
応援のポチ、お願いします!
[https://history.blogmura.com/his_sengoku/ にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ(文字をクリック)

この記事に

正式な情報が出ました。最近参加者も少ないので、是非いらして下さい。参加費無料です。会員の方々にはメール・ハガキを出しております。ご確認下さい。

東北学院大学中世史研究会第54回大会のお知らせ

【期日】2018年12月2日(日)

   【場所】東北学院大学土樋キャンパス   ホーイ記念館2階203教室
     (正門向かい側に建設された新校舎です)

   【第54回大会】13:30開始
   〔講演〕
   藤田 俊雄 氏(八戸市立図書館主事兼学芸員)
    「南部家文書の世界」

     〔研究報告〕
   滑川 敦子 氏 (宮城県教育庁文化財課技師)
    「摂関・院政期の陸奥守・鎮守府将軍」(仮)

   須貝 慎吾 氏 (仙台市文化財課主事)
    「戦国期佐竹家中内における権力構造と城下」(仮)

   【懇親会】18:00開始
    「灯り家」仙台駅前店(一般5,500円、学生3,000円)
      仙台市青葉区中央1-8-26 ラ・サーミビル4階
     ℡ 050−5834−7106

この記事に

二本松城、ラストです。

イメージ 1

蔵屋敷。

イメージ 2

イメージ 3

これも蒲生時代の石垣だったか。移設復元だったか。

イメージ 4

イメージ 5


イメージ 6

これが本丸裏手にある二段石垣。やはり蒲生時代の遺構です。

イメージ 7

これがL字堀。畠山時代だろうと。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

この空堀もそうだろうと。

イメージ 11

松森館。

イメージ 12

三段石垣と思われるもの。どうもよくわかりませんでした。

イメージ 13

案内板。一周してきました。今回はとても楽しかったです。二本松城、おすすめです。畠山氏時代、蒲生氏時代、そして近世と3つの時期の遺構が残る複合型の遺跡です。特徴的な城下町といい、非常に面白いです。

**********************************
応援のポチ、お願いします!
[https://history.blogmura.com/his_sengoku/ にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ(文字をクリック)]


好評!?発売中です。よろしくお願いいたします。詳しくは↓↓

この記事に

どんどん続きます。

イメージ 1

イメージ 2

猫がいますが、ちょうどそういう展示をしていたそうです。う〜ん、正直残念(笑)

イメージ 3

この紅葉の風景は本当に絶景でした。奥の方の丘も山もみんな色づいていて。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

さあ、ここからがメインディッシュの文禄・慶長期の蒲生時代の石垣です。

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

やっぱいいですね〜。これが見たかったのです。やっぱ二本松城は面白い。

続きます。

**********************************
応援のポチ、お願いします!
[https://history.blogmura.com/his_sengoku/ にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ(文字をクリック)]


好評!?発売中です。よろしくお願いいたします。詳しくは↓↓

この記事に

全172ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事