ここから本文です
『戦国の城の一生』(吉川弘文館歴史文化ライブラリー)、引き続きよろしくです

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

新府城、続きです。

イメージ 1

絵図を再度。

イメージ 2

二の丸からの眺め。南西側の釜無川方面を望む。「七里岩」と呼ばれる断崖絶壁になっています。対岸から見ると、岩山になっていて、要害堅固であることがよ〜くわかりますよ。

イメージ 3

イメージ 4

ようやく到着、本丸!本丸もなかなか広いんですね〜。

イメージ 5

本丸からの眺め。信濃方面を望む。天正壬午の乱の時、家康はこのような景色を見ていたのでしょう…。

イメージ 6

本丸にある武田勝頼供養塔。他にも長篠の戦いで戦死した家臣の供養塔みたいなものがいくつかあります。これらは江戸時代かもしくは最近のものでしょう。

イメージ 7

本丸から、北側に山を下りて行きます。北側はそんなに目立った遺構はないんですけど、一応外堀とされるものが残っています。絵図の上の堀ですね。それがこれ。湿地帯?のようになっていて、往時は水堀だったのでしょうかね…。

イメージ 8

これも外堀なんですが、真ん中左から出っ張っている台地、これが「出構」と言われているものです。堀の中に横矢をかけるために出っ張らした施設なのでしょう。

ということで、新府城のご紹介を以上です。3回目はやるかどうか…考え中です。

**********************************************
応援のポチ、お願いします↓↓↓

開くトラックバック(1)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事