ここから本文です
『戦国の城の一生』(吉川弘文館歴史文化ライブラリー)、引き続きよろしくです

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

イメージ 1


忙しくても、これだけは更新せねばなりますまい・・・あの、知る人ぞ知る幻の大著、宮坂武男『図解 山城探訪』(全18巻)が、この2012年、

『縄張図・断面図・鳥瞰図で見る 信濃の山城と館』 (全8巻)


と題して、めでたく復刊することになりました!!!


ご存知ない方も多いと思うので、どれだけすごいのか、ご説明しましょう。著者の宮坂氏は、長野県の方で小学校の校長先生などを歴任された教育者の方なのですが、その一方で長野県内のすべての城跡、合計1300城あまりを、全部調査された、すごい方です。平地にある城跡は当然の事、もう誰も寄り付かないようなとんでもなく険しい山の上にある城跡まで、とにかくすべてをくまなくです。超人としか言いようがありません…その筋では「神」と言われています(笑)


しかもですね、ただ現地に行っただけなのではありません。なんとすべての城跡の縄張図を描いています。この縄張図がまた現地の状況をそのまま、ありのままに、非常に丁寧に描いたもので、素晴らしいのです。そして、縄張からわかることを、一つ一つ丁寧に、禁欲的に書かれています。これがまたいいんですよね。


それだけではありません。日本画家としても活躍されている宮坂氏ならではなのですが、城跡の断面図・鳥瞰図も多数描かれています。鳥瞰図は資料としてはもちろん、絵としても素晴らしいものですし、断面図と合わせて、1つの城跡をより立体的に見ることができるようになっています。こうした試みは、城郭関係の本はたくさんあれど、ほとんどありません。


これで終わりではありません。文献史料はもちろん、城跡周辺に残る地名や伝承、古道などまでしっかり書かれているんです。特に登城路が細かく書いてあるので、現地に行きやすいんですよね。産業構造の変化、高齢化・過疎化の進展…さまざまなことを背景に、地域の貴重な歴史が伝えられることなく消えて行ってしまう、そうした状況を宮坂氏は憂慮して、地域の歴史を事細かに書き記しています。お城の研究のみならず、長野県・信州の歴史そのものを考えるうえでも、大変貴重な成果なのです…


こうした宮坂氏の調査成果は、これまで『図解 山城探訪』と題されて出版されていました。しかし、B4判で全18巻(しかもすべて手書き原稿)という、とてつもない膨大な分量に加え、値段も1巻で1万円くらいしていたと記憶していますし、200部程度しか刊行されなかったため、まったくと言っていいほど市場に出回りませんでした。それどころか、公共図書館にもほとんど所蔵されていません。なので、購入するどころか、見ることすら困難だったのです。そのため、これまでの城郭研究において、その成果が必ずしも活かされてきたとは到底言えない状況です。


このままでは、せっかくの貴重な調査成果が埋もれてしまう・・・私の周囲でも、復刊を望む声がこれまでにも多数ありました。しかし、やはり分量があまりに多すぎて、これはもう無理だろう・・・と半ばあきらめていました。


ところが、この度、戎光祥出版さんの御英断により、タイトルを変更し、多少構成を変えつつも、全巻復刊することになったのです!まさに御英断としか言いようがありません!戎光祥出版さんのHP↓↓
http://www.ebisukosyo.co.jp/


B5判、限定400部、全8巻、予価は1巻7800円+税です。予価なので、多少変動する可能性はあります。ちなみに、8巻合計で7800円ではありませんよ、お間違いなく・・・(笑)


宮坂氏の手書き原稿そのままの復刊です。打ち直した方がキレイなのですが、とにかく膨大な分量なので、事実上無理ですし、復刊することを最優先した結果です。何より手書き原稿のままの方が、宮坂氏の信念のようなものを感じ取って頂けるのではないでしょうか。


膨大な分量ですので、どうしてもお値段は若干高くなってしまいますが、すべての城の図面があるうえに、以前の値段に比べればお安くなっているので、かなりオトクです。よりコンパクトになったので、持ち運びもコピーも楽ですし、巻頭にはカラーで鳥瞰図を付けるそうです。なにより、これだけ入手困難なのに素晴らしい本が普通に買えるようになること自体が素晴らしいことです。見本は以下の画像の通りです

イメージ 2


イメージ 3


恥ずかしながら、私も「推薦文」なるものを書かせて頂きました。

イメージ 4


まあとにかく、もう二度と復刊することはないでしょうから、限定400部ですし、この機会をお見逃しなく!

第1巻目の「佐久編」は、10月刊行予定とのこと。お楽しみに!!
★★★ 刊行されました。記事はこちら↓↓ ★★★
http://blogs.yahoo.co.jp/joukakukenkyuu/31229269.html

予約ですが、電話かFAXで受け付けているとのことです↓↓
http://www.ebisukosyo.co.jp/


******************************************
応援のポチ、お願いします!
https://history.blogmura.com/his_sengoku/img/his_sengoku88_31.gif
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ(文字をクリック)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事