ここから本文です
『戦国の城の一生』(吉川弘文館歴史文化ライブラリー)、発売です!

書庫L愛媛県の城

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

大洲城、続きです。

イメージ 1

天守内部に入ります。

イメージ 2

高欄櫓から見た天守。

イメージ 3

天守から見た高欄櫓。

イメージ 4

天守アップ。

イメージ 5

本丸の北側下から天守を見上げる。

イメージ 6

城下町に南隅櫓が残っているので、そこも見に行きました。途中の町中から見た天守。

イメージ 7

これが南隅櫓。中に入れました。

イメージ 8

イメージ 9

またお城に戻って、肱川沿いに残る苧綿(おわた)櫓。

イメージ 10

そして、肱川対岸から天守を見る。いいですね〜

イメージ 11

イメージ 12

アップ。大洲城に行ったら、是非この対岸からの姿を見てください!

美しいお城になりましたね〜。非常に気にいりました。また訪れたいですね。

******************************************
応援のポチ、お願いします!
https://history.blogmura.com/his_sengoku/img/his_sengoku88_31.gif
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ(文字をクリック)

この記事に

大洲城です。ちょうど10年前ですか、四国一周をしたのですが、その時に初めて訪れました。当時はまだ天守が復元中で、本丸内に入れませんでした。今回、完成した天守を見ることが出来ました。

イメージ 1

天気が良くて、人もいなくて(笑)、最高でしたね。手前の建物も現存遺構で、下台所。明治時代には監獄所としても使われていたとか…

イメージ 2

アップ。

イメージ 3

二の丸の石垣。

イメージ 4

登っていきます。本丸南の石垣。天守と高欄櫓が顔をのぞかせています。

イメージ 5

二の丸。

イメージ 6

これも本丸南側の石垣かな。

イメージ 7

イメージ 8

見えてきました。

イメージ 9

復元された御門番長屋。

イメージ 10

本丸西側の石垣。一部、だいぶ孕みが出ていて、今にも崩れそうに見えました。大丈夫かな…

イメージ 11

いいですね〜、青空に見事にマッチしています!手前の高欄櫓は重要文化財です。

イメージ 12

ちょっと違う角度から。やっぱいいですね、本当にキレイでした。色合いがいいんですよね〜

イメージ 13

本丸に到着。右側の台所櫓も重文。

続きます。

******************************************
応援のポチ、お願いします!
https://history.blogmura.com/his_sengoku/img/his_sengoku88_31.gif
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ(文字をクリック)

この記事に

松山城、最終回です。

イメージ 1

紫竹門から。

イメージ 2

イメージ 3

ちょっと移動して。

イメージ 4

乾門・乾櫓方面。石落としもしっかりありますね。石垣も見事。

イメージ 5

小天守と紫竹門。

イメージ 6

歩いて下山します。太鼓櫓まで戻って、ここの枡形から降りていきます。

イメージ 7

ちょっと降りたところから見た太鼓櫓。この道もほとんど人はいません。穴場です。

イメージ 8

階段を降りていきます。石垣がキレイです。

イメージ 9

二之丸史跡庭園が見えてきました。

イメージ 10

御殿の一部が復元されています。別途入場料が必要です。

イメージ 11

庭園から見た山上。小天守が見えます。

イメージ 12

大きい井戸もあります。

イメージ 13

この二之丸から山上の方にかけて、長大な登り石垣があります。ここがそのスタートあたり。猛暑と時間がなく、登り石垣は今回見れませんでした、残念。

松山城は、いろいろと面白い史料が残っています。「城と竹木」のコーナーで取り上げているので、ご覧ください↓↓
http://blogs.yahoo.co.jp/joukakukenkyuu/28306287.html
http://blogs.yahoo.co.jp/joukakukenkyuu/28089999.html

******************************************
応援のポチ、お願いします!
https://history.blogmura.com/his_sengoku/img/his_sengoku88_31.gif
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ(文字をクリック)

この記事に

松山城、続きです。

イメージ 1

内門をくぐります。

イメージ 2

イメージ 3

東側から見た大天守。

イメージ 4

イメージ 5

本壇の周囲をぐるっと一周。まずは東側から天守群を見る。二ノ門南櫓と天神櫓。こっちの方は人がほとんどいなくて、穴場ですよ。

イメージ 6

大天守がちょっとだけ顔をのぞかせています。

イメージ 7

北側に回って北隅櫓。

イメージ 8

北側から大天守を見る。

イメージ 9

西側に回って、乾櫓、乾門。野原櫓を撮るの忘れてしまったようです…。

イメージ 10

乾門から北隅櫓、十軒廊下、南隅櫓。

イメージ 11

イメージ 12

紫竹門から。

次回が最終回です。

******************************************
応援のポチ、お願いします!
https://history.blogmura.com/his_sengoku/img/his_sengoku88_31.gif
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ(文字をクリック)

この記事に

松山城、続きです。天守群をゆっくり見ましょう。

イメージ 1

入場券を買って中へ。

イメージ 2

右端の隅櫓(二ノ門南櫓)もちゃんと撮りますよ。

イメージ 3

イメージ 4

正面から。ベタな撮影ポイントですね。でもこの角度がやっぱり一番いいですな。素晴らしい!

イメージ 5

奥まで行って、見上げて大天守を見る。

イメージ 6

右に曲がって一ノ門をくぐります。

イメージ 7

門の内部から小天守。

イメージ 8

ずんぐりむっくりな大天守。

イメージ 9

内側から見るとこんな感じ。

イメージ 10

右側が内門、左が玄関。この四方を多聞櫓と天守で繋ぐ造りは圧巻です。

イメージ 11

先ほどの小天守から、通ってきた箇所を見る。

イメージ 12

小天守から見た大天守。これも好きです。

続きます。

******************************************
応援のポチ、お願いします!
https://history.blogmura.com/his_sengoku/img/his_sengoku88_31.gif
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ(文字をクリック)

この記事に

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事