ここから本文です
『戦国の城の一生』(吉川弘文館歴史文化ライブラリー)、重版決定です!

書庫L秋田県の城

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


脇本城、続きです。

イメージ 1

イメージ 2

こういう井戸跡が結構あります。

イメージ 3

中心部から500mほど離れた「馬乗り場」(「古館」)へ向かいます。誰もいない・・・

イメージ 4
イメージ 5

イメージ 6

着きました。

イメージ 7

縄張図。なかなか複雑な構造をしていますね。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

低い土塁で仕切られています。

イメージ 11

おしまい。

**********************************
応援のポチ、お願いします!
[https://history.blogmura.com/his_sengoku/ にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ(文字をクリック)]


好評!?発売中です。よろしくお願いいたします。詳しくは↓↓

この記事に

脇本城、続きです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

ここが枡形っぽくなっています。

イメージ 4

内館中心部を見る。仕切りの大土塁がくっきり見えます。

イメージ 5

雄大な景色

イメージ 6

大土塁。

イメージ 7
イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11


続きます。

**********************************
応援のポチ、お願いします!
[https://history.blogmura.com/his_sengoku/ にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ(文字をクリック)]


好評!?発売中です。よろしくお願いいたします。詳しくは↓↓

この記事に

脇本城、続きです。

イメージ 1

城域南側、生鼻崎へ向かいます。よく整備されています。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

説明面倒なので、写真だけ。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

ここが南端部分といえますかね、土塁上です。ここからの眺めが最高!

イメージ 9


イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

誰一人いない城跡(笑)。絶景を独り占めです。

続きます。

**********************************
応援のポチ、お願いします!
[https://history.blogmura.com/his_sengoku/ にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ(文字をクリック)]


好評!?発売中です。よろしくお願いいたします。詳しくは↓↓


この記事に

秋田県男鹿市の脇本城です。安藤氏の本拠の一つで、国指定史跡となっています。ここも行ってみたかったところでした。何しろ遠いので、なかなか機会がありませんでしたが、行ってみたら面白い城で、また絶景を楽しめました。

秋田駅からJR男鹿線で終点男鹿駅で下車、レンタサイクルを借りて城跡へ。レンタサイクルは、基本的には駅周辺の散策用ということのようでしたが、頼み込んで城跡までOK頂きました。自転車なら全然余裕で行けます。

イメージ 1

男鹿駅。よくここまで来ました。

イメージ 2

海沿いを走ること30分かからないくらいでしょうか。城跡が見えてきました。

イメージ 3

これですよ、素晴らしい立地ですね〜。

イメージ 4

トンネルを抜けるとすぐ城跡入り口です。ここに自転車を置いて、歩いて登りました。天下道というらしいです。結構キツい坂です。車はもう少し上まで行けます。

イメージ 5
イメージ 6

案内板もちゃんとあります。またこれも面白い縄張りですね。

イメージ 7

途中に菅原神社があり、この少し先にプレハブの案内所があり、パンフレットが置いてありました。

イメージ 8
イメージ 9

開けてきました。天気も最高。

イメージ 10

中心部にやってきました。気がかり払われていて、広大な曲輪群を見渡すことが出来ます。なんとも不思議な縄張りですな。奥が内館、手前が生鼻崎、男山方面。

イメージ 12

同じ所を一歩引いて。

イメージ 13

同じく。内館の中心部です。

イメージ 11

生鼻崎の曲輪群。広いですね。堀切や土塁はあまりなく、曲輪が続く感じです。

イメージ 14

東南側。こちらが城下町地区だったはず。登ってきた天下道・プレハブの案内所も見えますね。

続きます。

**********************************
応援のポチ、お願いします!
[https://history.blogmura.com/his_sengoku/ にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ(文字をクリック)]


好評!?発売中です。よろしくお願いいたします。詳しくは↓↓

この記事に

秋田の久保田城、続きです。


イメージ 1

本丸から表門。

イメージ 2

本丸はなかなか広いです。

イメージ 3

本丸内も紅葉がきれい。

イメージ 4

埋門跡。

イメージ 5

本丸西側の多聞長屋跡。

イメージ 6

御隅櫓。もちろん模擬ですが、本来は2階建ての櫓があったそうです。

イメージ 7

別角度から。こっちから見ると、より模擬感が(笑)

イメージ 8

帯曲輪門。枡形しっかり残っています。

イメージ 9

帯曲輪門を抜けると帯曲輪があります。こういうのがよく残っているんですよね。

イメージ 10

ほぼ一周してきて、本丸の裏門。裏門とはいいながら、表門と同じ方向にあるし、本丸の東側ど真ん中にあるし、なかなか立派な石段付きだし、なんなんでしょう・・・。

イメージ 11

再び二の丸から本丸を望む。

イメージ 12

黒門。前回のように松下門を通る道もありますが、本来は大手門からこの黒門を通っていくのが正式ルートだったそうです。

イメージ 13

こんなふうに、しっかり枡形が残っています。意外とよく残っているんですよ、ほんと。

**********************************
応援のポチ、お願いします!
[https://history.blogmura.com/his_sengoku/ にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ(文字をクリック)]


明日発売です。よろしくお願いいたします。

この記事に

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事