ここから本文です
『戦国の城の一生』(吉川弘文館歴史文化ライブラリー)、重版決定です!

書庫L岩手県の城

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

大原城、続きです。

イメージ 1

イメージ 2

本丸から、堀切と西隣の曲輪を見る。とはいうものの、これも一部は堀切になっているものの、でも曲輪内部や周囲をめぐる道にそのまま通じているので、堀切ではないか。この城はこういうのが多いですね。

イメージ 3

振り返って、また本丸内部。

イメージ 4

本丸北側虎口。これとて、当時の虎口なのかどうか…。

イメージ 5

イメージ 6

先ほどの堀切(というか道)を下から。

イメージ 7

戻って本丸の北側下の道を進むと、本丸南東隅に出ます。ここが、怪しいのですよ。枡形っぽくないですか?まっすぐ進んで、左に曲がって二の丸に入ります。真ん中の円い土塁のようなものは、巨大な岩なんです。左側にも、低いですが土塁が続いていて、道を挟むようになっています。歩いてみると、巨大な枡形なんですよ。

イメージ 8

左に曲がる部分。岩を見せつけるような感じになっています。

イメージ 9

二の丸側から。ここから見ると、わかりやすくないですか?

イメージ 10

線を入れると、こんな感じ。左側の巨大な岩が、いかにも鏡石のような役割をしているような、絶妙の位置にあるんですが。

イメージ 11

また別角度から。で、この枡形を入った後が問題なのですが、今現在ではこんな感じで、広い二の丸にそのまま入ってしまうのですが、右に曲がると、あの巨大な土塁と本丸に挟まれた堀切のような部分に繋がるのです。この手前にも、土塁でも設ければ、より立派な連続枡形になるのですが、どうも土塁の痕跡もなく、よくわかりません。

イメージ 12

二の丸から、枡形の部分を遠望。枡形でいいのかなぁ…。織豊系城郭に詳しい方、ご意見お聞かせください。いいような気もするのですが、どうも中途半端な感じで、二の丸に入った後の導線もわかりません。

大原城は以上です。とにかく規模がデカイです。西側にはまだ未踏査の曲輪もあるそうですし、藪ロードの部分も見れていませんし、また行ってみたい城ではあります。

織豊系かな、という部分は、まあ堀っぽい部分とか、この枡形っぽい部分になるのですが、少なくとも横堀はないですね。石垣もないですね。

堀も、遮断するような堀はほとんどなくて、結局曲輪や道と連結しているものなので、松川内館で見たような感じの城、曲輪の周囲を道がグルグル取り巻いているような、群郭式城郭といっていいのかわかりませんが、どうもそういう系の城なのでしょうね。それを、なんかちょっと改修しようとしたような感じに見えるような、見えないような。

なかなか見応えがある城で、オススメなのですが、モヤモヤする城でした。とにかく、チップロードの復活を望みます…。

******************************************
応援のポチ、お願いします!
https://history.blogmura.com/his_sengoku/img/his_sengoku88_31.gif
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ(文字をクリック)

この記事に

大原城、続きです。

イメージ 1

本丸からの眺め。大原の町並みが一望です。左が陸前高田方面、右が一関方面です。この道を、石田三成も通ったんでしょうねぇ。

イメージ 2

本丸東端から、二の丸を見る。なかなかの景色。

イメージ 3

堀切みたいな感じですが、堀切じゃないよな。

イメージ 4

イメージ 5

本丸内部。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

本丸の南、西南側斜面に展開する曲輪群を見る。といっても、藪だらけでわかりにくいです。

イメージ 9

で、これが本丸南側の虎口。チップロードは、本来ならここに至るはずなのですが、酷い有り様…。

イメージ 10

振り返って本丸内部。手前の道が、先ほどの南虎口の道です。

イメージ 11

本丸から、西側の曲輪を見る。間は堀切になっています。

なかなかすごい大原城、まだまだ続きます。

******************************************
応援のポチ、お願いします!
https://history.blogmura.com/his_sengoku/img/his_sengoku88_31.gif
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ(文字をクリック)

この記事に

大原城、続きです。

イメージ 1

中心部を目指します。

イメージ 2

途中で、まっすぐ続く道と、左に続く道に分かれます。左に行きます。これが、二の丸にあたる曲輪へ入る虎口になりますかね。

イメージ 3

振り返って、登ってきた道を見る。前に曲輪があり、右側にも1段高い曲輪があります。この曲輪の北側に、昨日見た堀切があります。

イメージ 4

イメージ 5

で、先ほどの写真の右側には、見事な堀があります。曲輪の一部が堀になり、さらに奥の曲輪内部に繋がっているようで、堀というかなんというかなのですが、対岸の曲輪との関係からは堀になっています。

イメージ 6

二の丸に着きました。広い!スケールがデカイですね。奥に見えるのが本丸です。なんか手前にボコッと巨大な土塁状のものがあります。これがよくわからんのです。蔀土塁とか言われることもあるのですが、こんなドデカイ蔀土塁ってあるんですかね。

イメージ 7

さて、その土塁の脇から本丸へ向かいます。

イメージ 8

振り返って、二の丸と、東側下に段々に広がる曲輪を見る。デカいです。

イメージ 9

で、これが土塁と本丸の間。堀切みたいになっていますが…。

イメージ 10

別角度から。こんな感じです。堀切なの?堀底道?なんなんでしょう…。

イメージ 11

もう少し上から。なかなかいいでしょう。この土塁は本当に分厚くデカイです。

イメージ 12

本丸に着きました。東端に低い土塁があります。この奥が、先ほどの写真方向です。

まだまだ続きます。

******************************************
応援のポチ、お願いします!
https://history.blogmura.com/his_sengoku/img/his_sengoku88_31.gif
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ(文字をクリック)

この記事に

新年一発目は、岩手県一関市大東町にあります、大原城(山吹城)です。この城も、なかなかでした。

大原千葉氏の居城で、史料には大原氏で出てきます。千葉氏の中でも有力な家だったようです。この大原城、意外と有名なお城なのですが、何故かというと、天正19年(1591)の奥羽再仕置の際に、あの石田三成がやってきて改修したことが、史料から明らかだからです。その改修の痕跡はあるのか?前々から気になっていたので、見に行きました。

車なしでも、時刻表とにらめっこしたら、十分行けました。一ノ関駅からJR気仙沼線で摺沢駅に行きます。駅前から、大東町バスセンターに行く市営バス(小さいマイクロバスです)に乗って、バスセンターで下車すると、目の前が城跡です。

イメージ 1

砂鉄川越しに、城跡を見る。なかなかの立地ですね。砂鉄川は、下流で北上川に合流します。その名前から、鉄などが付近から取れたんでしょうねぇ。

イメージ 2

中心部アップ。本丸には東屋が!いかにも整備されていそうな雰囲気が。

イメージ 3

さて、バスセンターから出発します。バスセンターといっても、本当に閑散としたところです。隣に病院があるので、比較的人はいますが、それでも正直寂しい感じでした。バスセンターの目の前に、このような看板が建ってます。山上まで「チップロード」なる道も整備されているそうだし、これは見学しやすいのかなと思いきや…。

イメージ 4

ますは、この看板のすぐ脇から登れそうだったので、登ってみましたが、行き止まりでした。縄張図を見ると、小道があるようなのですが、藪が酷すぎて撤退しました。

イメージ 5

仕方ないので、チップロードを登ろうと思い、西側の大手門へ。中学校の真裏になります。

イメージ 6

少し登って振り返る。

イメージ 7

こんな道をさらに右側に進んでいくのですが、途中から道がわかりづらくなり、さらに奥に行くと、完全に藪に閉ざされていました。しかも、ナニヤラ怪しい小動物らしき音が。というわけで、撤退しました。全然チップロードじゃないです、完全に藪ロードです。

イメージ 8

しょうがないので、東側の搦手口に行くことにしました。途中、体育館があるのですが、そこから本丸を見る。目の前なのに、なかなかたどり着けないもどかしさ。

イメージ 9

で、その体育館の敷地が、仙台藩5代目藩主伊達吉村の生誕地だそうです。ここは、田手館跡という館跡らしく、昔は標柱があったようですが、今はありませんでした。

イメージ 10

車道は通っているのですが、バスセンターから歩くと、長い坂道で、結構疲れました…。駐車スペースもあります。

イメージ 11

さあ、今度こそ、ということで、中に入っていきます。

イメージ 12

すると、すぐに左側に堀切が現れます。いい感じですね。

続きます。

******************************************
応援のポチ、お願いします!
https://history.blogmura.com/his_sengoku/img/his_sengoku88_31.gif
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ(文字をクリック)

この記事に

今年最後の更新になります。岩手県一関市の一関城をご紹介しましょう。江戸初期に仙台藩から分藩され、田村氏が城主でした。

一関市街地の西側、一ノ関駅から歩いても15分くらいで入口に着きます。ただ、主郭まではそれなりに登ります。釣山公園として、完全に公園化されていて、なんだかなぁという感じですが、よくよく見ると意外と遺構があったりします。

イメージ 1

釣山公園入口。ここから結構登るんですよ…。しかも、「クマ出没注意!」の立札が…。こんな市街地の公園なのに…

イメージ 2

登り道はいくつかルートがありますが、まっすぐ舗装された大きい道を登って、右側の尾根上に東屋があります。ここも曲輪の一つだそう。

イメージ 3

その曲輪の一段下にも尾根上に曲輪が。この曲輪は、いい雰囲気ですね。奥は堀切か?

イメージ 4

東屋からの眺め。

イメージ 5

東屋の裏手から土塁のようなものが続いていて、その上を歩いて登って行きます。

イメージ 6

主郭到着。田村神社があります。社殿の裏は、「のろし台」といわれています。

イメージ 7

主郭からの眺め。眺めはいい城跡です。一ノ関駅が見えます。

イメージ 8

主郭南東側下。

イメージ 9

そのさらに下には、藩主の井戸なる井戸があります。

イメージ 10

主郭の南側斜面には、このような感じでいくつか平場というか帯曲輪というか、があります。なんだか、どれも遺構には見えないのですが

イメージ 11

イメージ 12

公園の看板に「遺構柵」なるものを発見して、行ってみたところ、発掘調査で戦国期の柵跡が出てきた平場を発見しました。主郭の田村神社の参道を降りて行ったところにあります。ということは、この周囲の平場群、意外と当時の曲輪の形を残しているのかも。

城下町には、田村氏の迎賓館跡「浦しま公園」や武家屋敷・旧沼田家住宅なども残っています。あと、有名なジャズ喫茶もありますよね。

一関はお餅を売りにしているので、お餅も食べましたが、駅前の鰻屋のカツ丼が有名で、夕飯として食べました。閑散としている駅前ですが、お店は混雑してました。


これで今年の更新はおしまい。今年は50城ほど巡ったようです。結構巡れましたかね。なかでも衝撃的だったのは、ダントツで前川本城と上楯城ですね。本当にスゴイ城でした。明日にでもまた見に行きたい!いい城に出会えてよかったです。


来年も、宮城を中心に未知なる城にたくさん訪れてみたいものです。近場で狙っているのは、松島から石巻方面、大崎市、白石市、丸森町、福島県伊達市・福島市周辺の城です。もちろん、山形・秋田・岩手・青森の城も見に行きたいです。いい城の情報、ございましたら、お待ちしております。


******************************************
応援のポチ、お願いします!
https://history.blogmura.com/his_sengoku/img/his_sengoku88_31.gif
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ(文字をクリック)

この記事に

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事