ここから本文です
『戦国の城の一生』(吉川弘文館歴史文化ライブラリー)、発売です!

書庫▼ 城の近代史 ▼

記事検索
検索

全1ページ

[1]

イメージ 1

城郭研究は、言うまでもなく、その全盛期である中世と近世、特に戦国時代の城郭に関するものが、質量ともに圧倒的に多いのが現状です。しかし、城は何も前近代史だけのものではありません。

お城がお城としての役目を果たし終えた後も、城はそこに残っていました…建物が取り壊され、跡かたもなくなった城跡も同じです。当たり前ですが、お城・城跡はずっと残り続け、今現在我々が見ている城、城跡になっている訳です…。

それでは、近代になってから、お城・城跡は、一体どうなっちゃたのか…。城郭が城郭としての役割を終えた後、今に至るまでどのような歴史を経てきたのか…そんなことを探るのが、「城の近代史」のコーナーです。あえて大きく言えば、お城から日本の近代史を見直していこう、という試みです。

近代史は専門外ですが、あえて新しいことに挑戦してみようと思います。どうぞ、よろしくお願いします。

******************************************
応援のポチ、お願いします!
https://history.blogmura.com/his_sengoku/img/his_sengoku88_31.gif
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ(文字をクリック)

この記事に

開くトラックバック(1)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事