ここから本文です
戦国城郭記
新たな視点で城郭を見つめます。 コメント大歓迎です
  • 書庫最新記事

    すべて表示

    伊賀谷城 下巻

    イメージ1 伊賀谷城の主要部を歩く 主郭4 主郭④は南北約50mに渡る巨大な駐屯空間で、足元の削平面はやや粗く感じます。 主郭4の北側の土塁 北端は巨大な土塁が築かれ、見張り台としても機能していたようで、 主郭北の土塁背後は覗き込むと深く仕切り土塁も交えた堀切cが見えます。堀切内に降りようとしますが何分未整備で降りる道もなく、かつ切岸は急勾配を見せる為、降りるのにも難渋させられました。 主郭背後の堀切 堀切幅は仕切り土塁を交えて約10m、西側は二本に分かれて竪堀として山麓に向け落ち込みます。 U字形竪堀D 主郭の東側には竪堀と二つのu字形竪堀Dが築かれています。 堆積物等 ...すべて表示すべて表示

  • 書庫その他の最新記事

    すべて表示

    • 猿掛城 六の段〜四の段

      2014/8/20(水) 午後 0:40

      猿掛城 六の段〜四の段 六の段 六の段です。猿掛城は規模の大きな曲輪が連なりますが、 庄氏、三村氏時代の城郭は、毛利時代に大 ...すべて表示すべて表示

    • 猿掛城 城主の変遷

      2014/8/19(火) 午前 8:00

      猿掛城 城主の変遷 猿掛城の縄張りは、山頂部に主郭を置き、そこから北側の尾根に向け六の丸及び太夫丸まで曲輪を連続した連郭式山城です。 主郭の背後は南側へと山塊が ...すべて表示すべて表示

    • 猿掛城・太夫丸

      2014/8/18(月) 午前 11:10

      太夫 丸 猿掛城略図 猿掛城山麓及登城口及び、山上主郭には簡単な猿掛城の略図があります。 現状との食い違いもありますが、城址 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事