被害者が創る条例研究会のブログ

研究会が作成した冊子に関する情報と、会の活動に関するブログです。
北海道で開催したシンポジウム「考えよう 市町村における犯罪被害者支援 −どの地域でも必要な支援を受けられるように−」の発言記録をダウンロードいただけるようになりました。
以下よりタイトルをクリックし、ダウンロードしてください。



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

北海道で開催したシンポジウム「考えよう 市町村における犯罪被害者支援 −どの地域でも必要な支援を受けられるように−」では、当研究会メンバーである諸澤英道(常磐大学元学長)が基調講演を行いました。
講演録と配布資料は以下よりダウンロードしてご覧いただけます。
タイトルをクリックしてください。


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

今年7月に、ブックレット「すべてのまちに被害者条例を」を発行しました。
これは、地方公共団体における被害者支援、被害者条例の必要性について、これまで作成してきた冊子よりも基礎的な内容をわかりやすくまとめたものです。

イメージ 1





















目次は、表紙画像をクリックしてご覧ください。

冊子の送付をご希望の場合は、メールやホームページ内問合せフォームよりご連絡ください。
全国の都道府県・政令市の主管課、また都道府県警察の被害者支援室へは、8月に発送しました。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

北海道で開催したシンポジウム考えよう 市町村における犯罪被害者支援 −どの地域でも必要な支援を受けられるように−」が、NHKニュースで報道されました。



会場には、関係機関や支援の団体、北海道交通事故被害者の会の会員や犯罪被害者の方、そして市民の方など100名以上にご参加いただき、パネルディスカッションではフロアからも多数ご発言を頂きました。

ご参加くださった皆様、誠にありがとうございました。
総括などは後日ホームページに掲載予定です。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

「考えよう 市町村における犯罪被害者支援 −どの地域でも必要な支援を受けられるように−」
と題して、犯罪被害者、地方自治体被害者支援担当者、民間支援団体相談員、研究者らが集い、知恵を出し合う場を設けることになりました。

先進的な取組を進める 兵庫県明石市・横浜市  から担当者 が登壇!
  テレビや新聞でもコメント多数  被害者支援の研究者  が講演!

日時: 7月24日(月)午後1:30〜4:30
場所: かでる2・7 820研修室
    (最寄駅 JR札幌駅、地下鉄さっぽろ駅・大通り駅・西11丁目駅
         JRバス・中央バス 北1条西7丁目停留所) 
プログラム:
 基調講演      :諸澤 英道 氏 (元常磐大学学長)
 被害者の声  :札幌西区信金職員殺人事件被害遺族
 パネルディスカッション :
    パネリスト 殺人事件遺族
          北海道犯罪被害者相談室 相談員
          北海道 職員
          札幌市 職員
          明石市 職員
          横浜市 職員 ほか 道内の市町村職員より会場発言予定。
定員:  120名(事前申込者不要、参加費無料)
問合せ先: メール jourei2014@yahoo.co.jp (被害者が創る条例研究会)
      電話 011−299−9025 (北海道交通事故被害者の会)

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事