あした天気になあ〜れ!

「人生は旅なり」。旅を通じて、新たな発見や感動をしたいと思います。

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全11ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 今日は壱岐の猿岩です。

 猿岩というけれど、本当にサル似ているの?
猿岩を別角度から見ると、どうなの?

 こんな気持ちで猿岩に行ってみました。

 すると、確かにサル似ている!本当に自然に作られたの?と勘ぐってしまうほど似てました。
(写真1、2枚目)

 続いて、別角度(「視線の先」方向)から見るとサルには見えず。(写真3枚目)
当たり前と言えば当たり前だけど、目で直接見ると納得がいきました。

 それにしても、これほど動物に似た自然の岩を初めて見ました。
 この岩は高さ45メートル、迫力もありますよ!

開く コメント(46)

開く トラックバック(26)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 夏の壱岐は海水浴、ウニなどで有名です。雑誌などでも夏の様子を見ることはあります。

 では、冬はどうなのだろう?

 あいにく雨の降る日ではありましたが、壱岐に日帰りで行ってきた思い出を書きたいと思います。
(日帰りはハードスケジュールでした・・・。できれば泊まりでゆっくりとした方がいいです)

 まずは、鬼の足跡。

 断崖にぽっかりと開いた大穴で、周囲110メートルあります。(写真1、2枚目)

 「橋」の上のような部分を渡ってみると、柵がなくて雨の日で若干滑りやすかったため、スリルあり。

 それにしても、海が澄んでいてきれいです(写真3枚目)。ただ、ゴミが多いのがやや残念・・・。

開く コメント(2)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 昨日に続いて、長崎ランタンフェスティバルです。
 今回は媽祖(まそ)行列です。

 媽祖行列は、江戸時代に長崎に入港した唐船の乗組員たちが実際に行っていた行列。
航海安全の神「媽祖」を唐人屋敷の天后堂や興福寺の媽祖堂に安置するまでの行列を再現したものです。

 写真は全て眼鏡橋で撮影したものです。

 中国語での挨拶の場面(写真1枚目)、全員で「媽祖」にお祈りする場面(写真2枚目)、「媽祖」前での舞(写真3枚目)など、いろいろと演舞してくれます。
 なんか、江戸時代の長崎にタイムスリップしたような感じになりました。

 今年も10日(日)、17日(日)に媽祖行列が行われます。
是非見に行ってみてください!!

開く コメント(6)

開く トラックバック(1)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 今年も長崎ランタンフェスティバルが始まりました。

 提灯飾りの美しさ等から、長崎ランタンフェスティバルを知っている人は全国的に多いと思います。

 この祭りの魅力は、けして提灯飾りだけではありません。
これから、昨年の例を使って、長崎ランタンフェスティバルの魅力を伝えたいと思います。

 今回は中国雑技です。

 中国雑技は毎日orほぼ毎日開催されます。中でも1時間枠で大きな会場(例:中央公園)で行われるものは良かったです。

 信じられないような高度な技をたくさん見せてくれます。(写真)

 なお、昨年はサントリーの「燃焼系アミノ式」の宣伝に出ていた人も演技を見せてくれました。

開く コメント(4)

イメージ 1

イメージ 2

 五島の食べ物で真っ先に思い出すのは、五島うどん。
 九州でも五島うどんを食べられる店は少なく、「幻のうどん」とも言われるほど。
五島は本家本元なので、五島に行ったら絶対食べた〜いと思ってました。

 今回は、上五島の有川港近くにある「五島うどんの里」で地獄炊き定食を食べてみました。

 つるんとした細めのうどんをアゴ(飛び魚)だしで食べると、絶妙にマッチ!
シンプルな料理なのですが、これは美味い!!

 五島の人々の生活の知恵を感じます。

 まさに地産地消です。

 

開く コメント(2)

全11ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事