ON THE DIRTROAD

トヨタ86で全日本ダートトライアル選手権PN2クラスに参戦、目指すはチャンピオン!

全体表示

[ リスト ]

先日のスピードパーク恋の浦での全日本ダートラ第2戦の車載カメラです。

コースレイアウトは写真の通り、雨用のショートコースだった昨年とは違い、山側も右回り左回りで2回走るロングコースでした。

イメージ 4


まずは第1ヒート。タイヤは74R


当日の天気は暑いくらいの快晴でしたが、前夜に少し雨が降ったためPN2クラスの段階では弱ウェット路面での走行となりました。 後半の島回りの一番きつい右コーナーでイメージよりも早めにインに付いてしまい失敗。 それ以外は大きなミスなく全体的にまずまずの走りでゴール。

弱ウェット路面でトップ2はヴィッツターボの2台に譲りましたがFRではトップの3番手でした。

そして、予想通り第1ヒート後半には路面はすっかりドライになり、PN2クラスは第2ヒートでのタイムアップ確実な状況となりましたが、慣熟歩行で路面状況を確認したところ、意外にライン上に砂利が残っており86ならタイヤはウェットでもドライでも良さそうな状況。

ただ、僕は荒れ気味の路面を74で走るのは少々苦手なので、コントロール性重視ということで当初の予定通り87RWを選択。


そして第2ヒート。


イメージ 1

イメージ 2

上の走行写真は今回シュースポーツのサービス員として参加のH君の撮影です。 撮影ありがとう。

スタートから山を登って降りてくるまでに、路面が荒れ気味のセクションもコントロール性に問題なく踏んで行けたので、自分的には87RWで正解だったかなと思います。 ただ、山から下りてきてのギャラリー前での左ターン後半、サイドで姿勢を作りに行ったところで必要以上にリヤが流れてしまい失速、ここから一番奥のコーナーまでの登り区間に向けて全開加速が始まる大事なポイントでミスして大きくタイムロス。

その後の後半セクションは大きなミスなくまずまずの走りでまとめてゴール。 結果は3位と表彰台を確保出来ましたが、あのミスがなければもっと上も狙える速さがあっただけに非常に悔しい3位でした。

イメージ 3

上の表彰式写真は、SA1クラスをフィアット500で戦うルパンN島選手のサービス隊長さんの写真をお借りしました。

今回のミスで反省すべきところは反省して、また次戦の切谷内ラウンドに向けてしっかり準備を進めたいと思います。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事